>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■新型車情報/スパイフォト/噂など ■ニュース

メルセデス・ベンツ「新型SLは過去のSLで最も”300SL”に近い車になるだろう」。GTからピュアスポーツへ、そして800馬力の”SL73”も登場か

投稿日:2020/06/21 更新日:

| プラットフォームは次期メルセデスAMG GTと共通 |

メルセデス・ベンツは新型SLを開発中と伝えられ、実際にいくつかのプロトタイプが目撃されていますが、今回は同社のデザインを管理するゴードン・ワグナー氏が「新型SLは、SL史上もっとも300SLに近いモデルになるだろう」と発言してちょっとした話題に。

もちろん300SLとは、1954−1963年の間に製造された「世界初のスーパーカー」、そして世界ではじめてガルウィングと直噴エンジンを採用したことで知られる、メルセデス・ベンツの最高傑作とも言われたあのクルマですね。

新型メルセデスSLの”市販ボディ”を身にまとう試作車がはじめて激写!見るからにスポーティ、これは期待できそうだ

| 新型メルセデス・ベンツSLは次期AMG GTと共同開発 | おそらくは市販モデルと同様のボディを身にまとうメルセデス・ベンツSLのプロトタイプがはじめて目撃に。なお、新型メルセデス・ベンツSLにつ ...

続きを見る

ガルウイングドアは「構造上の解決策」だった

なお、メルセデス・ベンツ300SL最大の特徴でもある「ガルウイングドア」につき、これを採用した理由は「構造上やむなく」。

というのも、もともとはレーシングカーとして開発されたために鋼管スペースフレームがボディサイドを貫通していて、よって「サイドシルが太く高い」構造となってしまったわけですね。

この状態では通常の横開きドアを採用することはできず、これを解決するための手段としてガルウイングドアを採用した、と言われています。

その「ガルウイング」が期せずしてこのクルマのアイコン、そしてメルセデス・ベンツのヘリテージの一つとして認識されることになり、その後のメルセデス・ベンツのマーケティングに大きく影響することなったのは「運命のいたずら」と言えるかもしれません。

ボディカラーは「グラファイトグレー」。美しくレストアされた”もっとも価値あるメルセデス・ベンツ”、300SLが競売に登場

| インテリアはライトグレー、なんとなく「イマ風」に | 美しくレストアされたメルセデス・ベンツ300SLが中古市場に登場。メルセデス・ベンツ300SLは1954−1963年の間に製造され、「世界初の ...

続きを見る

実際に1955年に発売された「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」は(ガルウイングではありませんが)ディヘドラルドアを採用し、300SLを想起される雰囲気を持っています(実際のモチーフはレーシングカーの300SLR)。

世界に一台、アイボリーのメルセデス・ベンツSLRマクラーレン販売中。価格は4800万円

| 世界に一台、アイボリーのSLRマクラーレン | Mercedes-Benz SLR McLaren 非常に珍しいカラーのメルセデス・ベンツSLRマクラーレン・ロードスターが中古市場に登場。 新車時 ...

続きを見る

その後2009年に発売されたメルセデス・ベンツSLS AMGはダイレクトに300SLをイメージしたクルマで、こちらは完全なるガルウイングドアを再現していますね。

香港でのメルセデス・ベンツのイベント(2)。やってきたCLK DTM / SLSブラックシリーズを紹介

| おそらくこういった機会は二度となさそう | さて、香港で開催されたメルセデス・ベンツのイベントでの一コマ。 これまでメルセデス・ベンツAMGヴィジョン・グランツーリスモ(AMG Vision Gr ...

続きを見る

どうなる新型メルセデス・ベンツSL?

そして新型メルセデス・ベンツSLについては「次期メルセデスAMG GTとプラットフォームを共有する」ことがすでに明かされており、開発の大部分をAMGが担当することになりそう。

さらに「300SLに近くなる」のはそのスタイリングだけではなく性格も同様で、つまりは「これまでのSLが持っていた、GT的なキャラクターから、ピュアスポーツへ」。

そうなると気になるのが次期メルセデスAMG GTとの競合ですが、ここは「AMG GT 4ドアクーペ」と「メルセデス・ベンツCLS」のようにきっちり分けて来るのかも。

メルセデス・ベンツ「CLSとAMG GT4とは食い合わない。両者の間には明確な溝がある」

| そもそも対象やポジショニングが異なる | メルセデス・ベンツは「CLS」AMG GT4ドアクーペ」という、二種類の4ドアクーペを同時期に発売していますが、実際にこれらは同時に開発が進められた「兄弟 ...

続きを見る

そして新型SLはオープン構造を持つことも明らかになっていて、となると残念ながらガルウイングドアの採用は不可能。

ルーフについては、先代SLのようにメタルトップではなくソフトトップを採用すると言われ、これによって軽量化はもちろん、格納スペースを小さくすることで室内空間、ラゲッジスペースを最大化できるとも言われています。

新型SLについて重要なのは「73」という数字が復活することで、新型SL73には4リッターV8ツインターボ+ハイブリッドにて800馬力を発生するパワーユニットが搭載される、というウワサもあるようですね(AMG GT 4ドアクーペにも搭載されるかもしれない)。

そのほか、まだまだ謎の多い新型メルセデス・ベンツSLですが、おそらくは2021年には公開されるだろうと言われており、楽しみに待ちたいところです。

VIA: Autocar

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5