>ポルシェ(Porsche)

ジンガー・ポルシェがまたまた新作!911タルガをベースに「グレー×レッド」、サイドには”ゴースト”ストライプ

投稿日:2020/06/12 更新日:

| 今まで発表されたジンガー製ポルシェ911の中ではかなり控えめなデザイン |

さて、クラシックポルシェ911のレストア+カスタムを得意とするジンガー・ビークル・デザインがまたまた新しいモデルを披露。

今回は珍しく「タルガ」をベースとしており、その名も「コロラド・スプリングス・コミッション(ジンガーのレストモッドする911にはそれぞれの名がつけられている)」。

ボディカラーはスポーツクラシックグレー、タルガパネルはバーガンディ、ボディサイドには”目立たないように”カラーが調整されたゴースト・ストライプ、そしてサイドとリアにはブラッドレッドのPORSCHE文字が入ります。

全体的にかなり控えめなデザインを持ち、リアフェンダーのふくらみ、そして”ダックテール”もちょっと小さめですね。

他モデルよりも「レトロ」な仕上げ

画像を見ると、ほかに公開されたジンガー・ビークル・デザイン製のポルシェ911に比較すると、ややレトロなイメージが強調されているようにも。

ウインカーやヘッドライトベゼル、ドアモール、フューエルフィラーキャップ、ドアハンドル等は他モデルと比較してやや光沢が強く、オリジナルの「メッキ」に近い輝きを持つようです。

103683242_10157073138221496_4611322479768840852_o

インテリアカラーはオックスブラッド。

イントレチャート(編み込みレザー)は使用せず、代わりにシートのセンターに使用されるのは「パンチング(パーフォレイト)」。

タルガパネルの内側はキルティング、タルガバー内側のライニングにはパンチレザーが使用されているようですね。

103127700_10157073138646496_8969812494772121125_o

タルガルーフの表皮は伝統のファブリック。

103133869_10157073138371496_8509362727156369732_o

タルガバーには「二本」スリット。

ちなみに初代(901)タルガにはこのスリットはなく、930世代のタルガには3本のスリットがあり、964タルガではまたスリットがなくなり、993、996、997でもスリットなし(タルガバーがない)、そして991と992ではまた「3本スリット」が復活。

102426592_10157073138451496_5518984874836344008_o

今回のコロラド・スプリングス・コミッションのベースモデル(世代)は不明ですが、964世代のタルガをベースに、901風に各部を「逆行」させ、その過程においてタルガバーに二本スリットを入れたんじゃないかと考えています。

media

ダッシュボードにもオックスブラッドのパンチングレザーが仕様され、ステアリングホイールのスポーク部やペダル、フットレスト等はマットブラック仕上げ。

ステアリングホイールのセンターはレザー仕上げ+ポルシェクレスト(エンブレム)のエンボス入り、ステッチはおそらくボディカラーに合わせたグレーが採用されているようです。

トランスミッションは6速、そしてエンジンフードには「4.0」の文字が見えるので、エンジンとトランスミッションは最新世代への載せ替えられているようですね。

101848793_10157073138541496_7520192143008454763_o

ジンガーが最新作”ポルシェ911オナーロール”公開!渋いカラーのタルガボディにオレンジ×ブラックのインテリア

| ジンガーは驚くべきことに130台ものポルシェをカスタムしてきた | さて、クラシックポルシェを独自の解釈でカスタムするジンガー・ビークル・デザイン。主には964世代、そして993世代の911をベー ...

続きを見る

ジンガーがまたまた最新の、しかしレトロな911カスタムを披露。快適性を重視した”ドロレス・コミッション”

| どうやらジンガーの引き出しは無限にあるらしい | さて、ここ最近、オナー・ロール・コミッション、ウォーレン・コミッションといった具合に立て続けに新作を発表し続けているジンガー・ビークル・デザイン。 ...

続きを見る

VIA: Singer Vheicle Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5