>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】ロンドン納車第一号のフェラーリF8とピロティフェラーリ!最新フェラーリはメタリックカラーがよく似合うようだ

投稿日:

| フェラーリのデザインはインハウスに切り替えてから随分変わった |

スーパーカー系ユーチューバー、TheTFJJ氏が「ロンドンでの納車第一号」となるフェラーリF8トリブート、そしてちょうど納車前の”ピロティフェラーリ”を動画にて紹介。

F8トリブートの発表はけっこう前だったので、随分前から納車が始まっていると思いがちですが、実際のところ生産がはじまったのは「つい最近」。

フェラーリは2019年に5つ(F8トリブート、SF90ストラダーレ、F8スパイダー、812GTS、ローマ)のニューモデルを発表しているものの、現在のところ(顧客向け車両の)生産が開始されているのはこのF8トリブートのみで、それ以降のモデルは「順番待ち」となっています。

ピロティフェラーリは「選ばれし者」のためのサーキットウェポン

まずはピロティフェラーリですが、これは入手困難を極めたスペシャルモデル、488ピスタの「さらに特別バージョン」。

購入件が与えられるのはフェラーリのレーシングプログラム(フェラーリの車両を使用したワンメイクレース)に参加している顧客のみであり、つまりはとんでもない”狭き門”であることもわかりますね。

ボディカラーは「ロッソ・コルサ」「ブルー・ツール・ド・フランス」「ネロ・デイトナ」「アルジェント・ニュルブルクリンク」の4色で、内装ともどもフェラーリのパーソナリゼーションを担当する部門「テーラーメイド」によって仕立てられています。

12

もちろんこの個体のボディカラーは「アルジェント・ニュルブルクリンク」。

フェラーリとシルバーという組み合わせについて、「耳にするだけだと」あまりピンと来ないものの、こうやって見ると非常によく似合っており、抑揚が強くメリハリの効いたボディをさらに引き立てているようですね。

9

F8トリブートのカラーは「グリージョ・シルバーストーン」

そしてこちらのF8トリブートのボディカラーは「グリージョ・シルバーストーン」。

ロンドンというと曇天というイメージがあり、そしてやはり、ロンドンではこういった重めのカラーのクルマが(スーパーカーであっても)好まれるように思うものの、こちらもアルジェント・ニュルブルクリンク同様、F8トリブートのデザインに非常にマッチしているように思われます。

なお、このF8トリブートに装着されるホイールはなかなかにシャープで格好良いデザインを持っていますね(もちろんフェラーリ伝統の星形)。

11

参考までに、ぼくは997世代までの911は「ホワイトやイエロー」といった明るいソリッドカラーが似合うと考えていますが、一方で991世代以降になるとダーク系メタリックの方が似合うと考えていて、その理由は「ボディパネルに抑揚がつき、プレスラインが増えたから」。

488ピスタ、F8トリブートにも同様のイメージを抱いていて、これらについては(458や488GTBとは異なり)明るいカラーよりもダーク系メタリックの方が陰影がついていいだろうな、と考えています。

ちなみにV8ミドシップモデルだと458までがピニンファリーナによるデザイン、しかし488以降はフェラーリのインハウスとなっていますが、ピニンファリーナ時代は凹凸を抑え滑らかな面を用いて優雅さを強調していたものの、インハウスによるデザインとなった後はダクトやグリルが多用されたアグレッシブなデザインを採用している、という印象ですね。

10

そしてちょっと気になったのは、ショールーム内に鎮座するポルトフィーノ。

ライトブルーにホワイトという、かなり珍しいカラーコンビネーションを持っています。

6

おそらくですが、これは1953年のフェラーリ340MMをイメージしたんじゃないかと想像しています。

この340MMは同年のミッレミリア用として製作され、見事優勝したばかりか、ミッレミリアの平均速度を更新したレーシングカーですね。

搭載されるエンジンは4.1リッターV12、出力は280馬力、最高速度は282km/h、車体重量はわずか850kg。※この画像はぼくがイタリアのムゼオ・フェラーリで撮影したものですが、実際に目にすると「ゴーカート?」と思うくらい小さかった

DSC04216

そのほか、ロンドンにはこんなスーパーカーが走っている

そしてロンドン名物といえばスーパーカー。

主に中東のオーナーが走らせていることが多いようで、しかし今は「事情が事情だけに」スーパーカーもちょっと少ないのかも。

こちらはカスタム仕様のフェラーリF12tdf。

5

ブラックのカレラGT。

1

マットブラックのランボルギーニ・アヴェンタドール。

2

なぜこんなところに?という感じのベントレー・ブロワー。

3

ベントレーが「1929年製」クラシックカーを3Dスキャンし新車として復刻!データベース化が終了し12台のみを限定生産へ

| まさに自動車史に残るといってもいい一大プロジェクト | さて、ベントレーは2019年暮れに「1920年代のクラシックカー、ブロワー(Blower)を12台のみ復刻する」と発表していますが、これはオ ...

続きを見る

VIA:TheTFJJ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5