>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz) ■ニュース

【動画】スーパーカーブロンディも納得!その価格2億円、メルセデス最高級モデル「マイバッハ・プルマン」のレビューが到着

投稿日:2020/06/27 更新日:

| 現時点、考えうる限りでもっとも贅沢なクルマがコレ |

さて、いつもはスーパーカーやハイパフォーマンスカーのレビューを届けてくれるスーパーカーブロンディさんですが、今回はちょっと趣向を変えて「メルセデス・マイバッハ・プルマン」を動画で紹介しています。

このメルセデス・マイバッハ・プルマンは「メルセデス・マイバッハ」のストレッチリムジン版であり、現時点ではメルセデス・ベンツにおける最も高価なクルマ。

「プルマン」という名称の由来はアメリカの鉄道車両製造会社である「プルマン社」が製造した豪華寝台特急車だとされ、これが後にメルセデス・ベンツの豪華なリムジンに転用されるようになった、とされています。

初代はメルセデス・ベンツ770(W150/1938年)で、その後W189、W100、W140と続くことになり、現行メルセデス・マイバッハにも設定済み。

カスタムに7年かかったメルセデス・ベンツ600のリムジン「プルマン」!マイバッハの内装を移植し現代風に

この記事のもくじ1 | 現在中古にて販売中、その価格は2億6000万円 |1.1 内装には「現代の装備」も1.1.1 インテリアはより「現代っぽく」1.2 ほかにはこんなメルセデス・ベンツ「プルマン」 ...

続きを見る

日本での価格は8800万円から(ただし防弾機能なし)

今回動画に登場する個体は、ドバイのエキゾチックディーラーが販売している売り物で、実質走行ゼロの「新車」。

よって、今回のレビューにおいては実際に走行したのは「ちょっと」だけであり、基本的には内装の豪華さを紹介する内容に。

q14

全長6.5メートルの超豪華リムジン。メルセデス・マイバッハS650”プルマン”が新型に

| マイバッハのストレッチリムジン、「プルマン」も新型に | メルセデス・ベンツはSクラスを相次いでアップデートしていますが、「マイバッハSクラス」に続き、今回はそのストレッチリムジン「プルマン」をリ ...

続きを見る

メルセデス・マイバッハ・プルマンの全長は6.5メートル。
エンジンはツインターボ6リッターV8で出力は630馬力、0-100キロ加速は6.5秒なので、意外と「俊足」ですね。

q19

ちなみにホイールベースは4.4メートル。

q10

後席には「エグゼクティブシート」採用。

q6

足元は超広びろ。

q119

前席と後席との間にはこんなパーテーションがあり、こちらはまず「全開」状態。

z

こんな感じでウィーンと電動で仕切りを上げることができ、完全に前席と後席とを遮断できます。

なお、ヘッドレストにはポフっとしたクッションが装着されていますが、北米や中国ではこういった「見るからに気持ちよさそうな」クッションが好まれるようですね。

a

ルーフにはパノラミックグラスが装着され、これは電気的に透明度を調整できるエレクトロクロミックガラスとなり、現在は「不透明」なすりガラス状態。

q9

透明度を100%にすると完全にシースルー。

3

もちろんシャンパンボトルクーラー、そしてシャンパングラスも装備。

q8

シャンパングラスは倒れないように、ホルダーにて固定できるようですね(グラスにもマイバッハのロゴが入っている)。

q7

カーテンを全閉にすると車内はムーディー空間に。

q5

シートはかなりの角度にまで倒せるようなので、「大人の」使い方もできるようです。

a2

そんなに需要あるの防弾車。最高レベルの防弾性能を持つリムジン、メルセデス・マイバッハ・プルマン・ガードVR9が一気に3台も販売中

この記事のもくじ1 | 現時点でこれ以上「安全なクルマ」は存在しない |1.1 欧州にはそれだけ「需要」があるのだと思われる1.2 ほかにはこんなメルセデス・マイバッハ”ガード”も1.3 この記事を読 ...

続きを見る

VIA:Supercar Blondie

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz), ■ニュース
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5