>ランボルギーニ・ウルス関連 ■ニュース

【動画】米ラッパーがランボルギーニ・ウルスをフルカスタム!+10cmのワイドボディにラッピング

投稿日:

| ランボルギーニ・ウルスのカスタムシーンはまだまだ盛り上がりそうだ |

さて、その人気がとどまるところを知らぬランボルギーニ・ウルス。

続々と納車が進んでいる状況ではありますが、台数が増えてくると「他のクルマと差別化したくなる」のが人情というもので、そういった需要を見越し、これまでにもマンソリーやノヴィテック等、様々なチューナーからカスタムパーツが登場しています。

今回紹介するのはそのうち「1016インダストリーズ」からリリースされたパーツを装着したウルスとなり、アメリカはシカゴ出身のラッパー、チーフキーフが所有する一台。

なお、このウルスをカスタムしたのはアメリカ西海岸のショップ「RDB」で、ここはクリス・ブラウンほかミュージシャンのクルマを多数手がけているようです。

続々登場するランボルギーニ・ウルスのカスタム。1016インダストリーズからは10センチワイド、170馬力アップのハイパフォーマンス仕様

| ウルスのオーナーはカスタム意欲が高そうだ | 続々登場するランボルギーニ・ウルスのカスタム。今回はランボルギーニやマクラーレン、フェラーリを得意とする1016インダストリーズがボディキットそしてパ ...

続きを見る

メタリックグレーのウルスをイエローにラッピング

なお、ウルスには標準で「イエロー」があるため、もともとのボディカラーがイエローなのかと思いきや、実は「イエローにラッピング」しているようですね。

元来のカラーはメタリックグレーのように見えます。

61

フロントフードはマーブル柄の「鍛造カーボン」。

6

もちろんワイドボディ化に伴ってホイールも交換。

5

完成した状態がこちら。

3

ブレーキキャリパーは「レッド」だったものをボディに合わせてイエローにペイント。

ホイールはサテンブラック、そしてフロントリップやフェンダーモールも鍛造カーボンファイバー製。

4

1016インダストリーズの発売しているウルス用エアロキットの内容としては、フロントスプリッター、サイドステップ、前後オーバーフェンダー、リアスポイラー、ルーフスポイラー、リアディフューザーで構成され、オーバーフェンダーはフロント87ミリ、リアでは100ミリ拡大。

1

リアディフューザーもアグレッシブな形状を持ち、最低地上高はかなり低くなるようです(とくにテールパイプの下あたりは地面と近い)。

2

こちらは実際にカスタムする様子、そして走行する様子を収めた動画。

こちらはチーフキーフがカスタムされたウルスを引き取りにやってきた動画。

ウルスの過激チューンといえばマンソリー

そして現在、ウルスをもっとも過激にチューンするのはマンソリー。

ワイドボディキットはもちろん、ウイングレットつきスポイラー、リアウイングといったパーツもリリースしています。

そしてマンソリーの凄いところは、「見た目だけ」ではなく、その内装にも手を入れ、「もっとも過激で、もっとも高級な」ウルスを作り上げてしまうところ。

ここまでやる必要があるのか!マンソリーがランボルギーニ・ウルスの超過激カスタム”ヴェナタス”を発表

この記事のもくじ1 | マンソリーはトータルで3パターンのカスタムウルスを用意 |1.1 エアロパーツはすべてカーボン製1.2 マンソリー”Venetus”ウルスの内装はこうなっている1.3 そのほか ...

続きを見る

参照:RDB LA, Mo Vlogs, AUTOMOHO

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ランボルギーニ・ウルス関連, ■ニュース
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5