>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】フェラーリ・ローマのレビューが続々登場!その内装はスーパーカーらしからぬ先進性を持ち、トランクには人ひとり収納可

投稿日:2020/08/24 更新日:

| まさかフェラーリがこんなクルマを作る時代が来ようとは |

さて、フェラーリ・ローマのプロダクションバージョンの生産と登録が進んでいるようで、先週あたりから多くのメディア/ユーチューバーがローマの実車レビューを公開中。

フェラーリのレビューというと,どのレビュワーも「ベタ褒め」なのがその通例ではあるものの、ローマの場合はいつにも増してレビュワーの反応がよく、とにかく「素晴らしいクルマなんだろうな」ということが動画越しにでも伝わってきます。

なお、これら「生産されたローマ」は現在日本に輸送中だと思われ,秋には実際に乗ることができるデモカーが配備されるようですね。

ローマのインテリアは新世代

なお、どの動画でも一様に驚いているのがそのインテリア。

ローマのインテリアはSF90ストラダーレに続く「新世代」となりますが、SF90ストラダーレの生産が遅れると言われている現在、ローマの方が先に市場に出回ることになりそうです。

まずびっくりなのはエンジン始動。

ステアリングホイールのセンターからちょっと下の部分にスタート/ストップボタンがあり、これを押すとエンジンスタート。

31

これまで真っ黒だったディスプレイ類が一気に目覚め、「おおっ!」という感じ。

デジタルならではの演出ですね。

3

なお、メインのメーターはランボルギーニ・ウラカンなど多くの車に採用される12.3インチ前後のメーターよりも大きな16インチ。

9

そのためにかなり情報量は多いようです。

20

センターコンソールの液晶ディスプレイは8.8インチ。

シートの調整もここで行えるようですね。

7

こちらはオプションの助手席メーター(パッセンジャーディスプレイ)。

539,000円のオプションですが、選択する人もけっこう多いようですね。

8

ステアリングホイールにはタッチパッド。

1

航空機のスロットルレバーをモチーフにしたというセレクター。

6

多くの人が言及しているのが質感の高い新型キー。

クレジットカードくらいのサイズかと考えていたのですが,実際はもうちょっと小さいようですね。

5

裏面はレザー貼り。

このキーはセンターコンソール奥に収納が可能です。

なお、センターコンソールにはカップホルダーはもちろん、USBソケットなど快適性や利便性を考慮した装備が集中しています。

4

超オシャレになったエアコン吹き出し口。

2

なお、外装においても多種多様なローマが配備されており、動画ごとに異なる勇姿を見ることができます。

11

リアウイングはウインドウの下の方にすっきり収納され、これがポップアップする方式。

21

なお、トランクには人一人を余裕で収納可能。

222

それでは動画を見てみよう

現在多くのローマのレビュー動画が公開されており,しかしその中でいくつかを厳選して紹介します。

フェラーリはときどき、その快適性や実用性について大きく飛躍する時がありますが(355→360など)、今回のローマについても、今までのフェラーリに比して「大きな進歩」があったのではないかと思わずにはいられません。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5