>フェラーリ(Ferrari) ■ニュース

【動画】「史上最悪のフェラーリレプリカ」と評された車がオークションに登場!エンツォが存命なら即刻廃車にされていただろう

更新日:

| 16人が入札、約54万円で落札される |

2017年に「ウケ狙い」のために製造されたユーチューバー、CAR BROS氏によるフェラーリ・エンツォのレプリカ。

このクルマを完成させたのち、このレプリカにてスーパーカーイベントにて参加したところ(スーパーカーオーナーにも)大人気となり、ランボルギーニやフェラーリといったスーパーカーに混じってパレードへと参加するに至っています。

その様子がさらなる話題を呼び、ジェイレノガレージにも登場したうえ、2019年にはモンタレー・カーウィークにおいても展示されるといった人気を誇ることに。

「史上最悪のレプリカ」と愛をもって表現されることも多かった個体でもありますね(有名ユーチューバーでも、このクルマのファンだと公言する人が多い)。

そして2020年、中古市場に解き放たれる

そして今回、この「フェラーリ・エンツォ」のレプリカが中古市場に登場していますが、オークション形式にて販売され、その落札価格はおよそ54万円。

話題になった割にはあまり価格が上がらなかったという印象ではあるものの(アメリカの50の州では合法に登録できるものの、登録できない州もあるため?)、その仕様を見てみましょう。

まず、ベース車両はスーパーカーレプリカのベースとしては定番、「ポンティアック・フィエロ」とのこと。

Pontiac-Fiero-1

ヘッドライトやフロントノーズは一応「エンツォフェラーリ」風。

ボディパネルはおそらく全て置き換えられており、ドアはエンツォフェラーリ が採用している「バタフライドア」ではなく、ランボルギーニ・カウンタック風の「シザースドア」。

Pontiac-Fiero-2

テールランプには丸四灯の代わりに流線型、かつ尖った立体形状。

ランプの取り付け部(リアフェンダー側)が丸く盛り上がるなど、それなりに拘った作りを持っているようですね。

なお、テールパイプは丸4本出しとなっています。

Pontiac-Fiero-4

フロントフェンダー、リアフェンダーにはしっかりフェラーリのシールドエンブレムつき。

けっこう話題となったのでフェラーリの知るところとなっているはずですが、よく怒られなかったなという感じですね(エンツォ・フェラーリが生きていたならば、絶対に許していないだろう)。

Pontiac-Fiero-9

搭載されるエンジンは2.8リッターV6(140馬力)、直管仕様、トランスミッションは4速AT、駆動輪は後輪のみ。

エンジンルームもシースルー、そしてエンジンヘッドカバーはレッド(V12エンジン風)。

フェラーリの「フェラーリ的な」部分を冗談まじりに強調し、あえて悪趣味さを加えているであろうところが面白い、と思います。

Pontiac-Fiero-11

ボディはワンオフのグラスファイバーだそうですが、おそらくはけっこうお金がかかってるんじゃないかと思います。

c

ちなみに、ヘッドライトが点灯しているとテールランプは動作せず、ハイビームとウインカーも不動。

リアハッチはしっかり閉まらず、各部のたてつけが悪く、ボディパネルにはギャップや傷が多数ある、とのこと。

史上最悪のレプリカのインテリアはこうなっている

インテリアはグレーとレッドのツートンカラー。

これについてはのちにカスタムされたものかどうか不明です。

f

ただしダッシュボードやセンターコンソールはカスタム済み。

o

メーターパネルはシボレー・キャバリエからの流用だと紹介されていますが、内装も外装同様に、あちこちが「ユルい」のだそう。

DF5Vz3xGxoM

参照:Jay Leno's Garage, CAR BROS, Cars & Bids

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari), ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5