●ポルシェ・マカン ■近況について ■ニュース

ポルシェ・マカンのカスタム「ホイールセンターキャップ」。やはりボクはカラークレストを強く推したい

更新日:

| 一度カラークレストセンターキャップを使用すると、もう後には戻れない |

さて、納車されたポルシェ・マカンSのホイールセンターキャップを交換。

ポルシェの場合、純正だとホイールセンターキャップのエンブレム(ポルシェではクレストと呼ぶ)は「モノクロ」。

これはこれで渋いと思うものの、一回「カラー」クレストを使用するとその華やかさに魅せられて二度とモノクロに戻れなくなってしまい、よってぼくはいつも「カラークレスト」へと交換しています。※986ボクスターSでも、997カレラでも、981ボクスターでも、718ケイマンでも交換してきた

L1270585

ちょっと仕上げは異なるけれど

そして今回入手したのがこちらのカラークレスト。

ぼくのマカンSのホイールは「チタン調サテン」つまりグレーの半光沢仕上げなのですが、このキャップは「シルバーの光沢仕上げ」。

よって少し色味と仕上げに差があるのですが、これはのちに塗装にてカバーします。

ちなみに製造国は「イタリア」で、昔(1990年代)から社外のカラークレストホイールセンターキャップというとイタリア製が多いようですね。

L1270584

交換はこうやって行う

そこでこのカラークレストへの交換ですが、通常、ポルシェのホイールセンターキャップには「穴」が二箇所空いていて、この穴にL字型の工具を突っ込んで「引っ張って」外すことに。

L1270616

この工具については「穴に入れば」なんでも良く、六角レンチでも、クリーニングに出した後についてくるワイヤーハンガーを自分で曲げたものでもOKです。

L1270617

その後、クレスト部分をマスキングし、脱脂したのちに軽くサンドペーパーで表面を均し、塗料の乗りを良くしたのちにホイールのカラーに近いメタリックグレーにペイントします。

L1270590

あとは塗装が完了したセンターキャップをはめ込むのみで作業は完了。

L1270685

こちらは交換前。

L1270615

こちらは交換後。

ぼくは圧倒的に「交換後の方が華があっていい」と考えていて、これから購入するポルシェについても、やはりカラークレストセンターキャップに交換し続けるだろうと考えています。

L1270676

ポルシェのエンブレムにはこういった意味がある

なお、ポルシェのエンブレムはけっこう凝ったデザインを持っていて、世界的に見ても「かなり複雑な部類」です。

さらにポルシェのエンブレム(クレスト)に使用されている「馬」はフェラーリの「馬」と同一であることも知られていて、この馬はポルシェ本社のある「シュトゥットガルト市」の紋章を取り入れたものだとされています。

こちら(下の画像)がシュトゥットガルト市の紋章ですね。

そしてシュトゥットガルト市のあるヴェルテンブルグ州(バーデン=ヴュルテンベルク州)の紋章にある「鹿」の角を取り入れ・・・。

さらに赤と黒のストライプをあしらったのがポルシェのエンブレム。

なお、ポルシェによると、赤=騎士の祖国愛や勝利の能力と知、黒=冷静な判断力や決断力を表すとし、さらにエンブレムの背景には麦の黄色(豊かさ)を用いた、と説明がなされています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

-●ポルシェ・マカン, ■近況について, ■ニュース
-, , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5