>ブガッティ(BUGATTI) ■ニュース

【動画】ブガッティ・シロンを2年リースで契約すると毎月支払うのは700万円!米ユーチューバーが実際に契約してみた

投稿日:

| しかも保証金は3700万円、走行距離は年間4000キロまでに制限 |

さて、ドラッグレース系ユーチューバー、ドラッグタイムスが「ブガッティ・シロン・ピュールスポールをリース契約したら毎月の支払いはどれくらいになるのか」という動画を公開。

結論から言うと、24ヶ月のリース契約で毎月の支払いはなんと65,950ドル((約700万円)。

ここでその契約に至るまでの様子を見てみましょう。

たぶん固すぎて乗れん!ブガッティ・シロンの限定モデル「ピュール・スポール」発表。軽量化に巨大ウイング、価格は3.9億円

この記事のもくじ1 | おそらくこの性能を開放できる場所は世界のどこにもない |1.1 ブガッティ・シロン・プル・スポーツはこんなクルマ1.2 新型ブガッティ・シロン・プル・スポールのインテリアはこう ...

続きを見る

まずは地元のディーラーへ

まず契約を締結するに当たり、やってきたのはブガッティ正規ディーラー、「ブガッティ・ブロウォード」。

ブガッティ正規ディーラーでもあると同時に、ランボルギーニの正規ディーラーも努めているようですね。

なお、北米ではそのブランドの正規ディーラーが「ほかのブランドもあわせて販売する」例は珍しくなく、かつ建物もそのブランドのCIとはかけ離れているケースも多々見られ、これらは北米特有の現象だと言えるかもしれません。

なお、これはランボルギーニ・ウラカンの限定モデル「ウラカンGT EVOセレブレーション」。

ウラカンのレーシングカーがデイトナ24時間、セブリング12時間において勝利を飾ったことを記念する限定モデルです。

9

ランボルギーニ・ウラカンに「デイトナ24時間」優勝記念限定車登場。ロレックス・デイトナの「デイトナ」はこのレースのスポンサーが起源であることはご存知?

| ウラカンGT3 EVOは二年連続でデイトナ24時間、セブリング12時間を制覇 | ランボルギーニがウラカンEVOのスペシャルモデル、「ウラカンGT EVOセレブレーション(Huracan EVO ...

続きを見る

そしてこちらはディーラーの中。

お客の殆どはハーフパンツにTシャツといったいでたちで、これが「アメリカ(とくに西海岸)のお金持ち」の現実なのだと思われます。

なお、全米有数のエキゾチックディーラーの経営者も「スーツを着てスーパーカーを買いに来るヤツは詐欺師」だと断じていますね。

反面、ハーフパンツにサンダル履きの人は、今さっきまでヨットを楽しんでいたお金持ちの可能性が高い、とも。

8

米超高級車ディーラー「インスタ重要。車はもはやファッションアイテムと同じだ」。顧客向けにインスタ部屋も用意

| 顧客を獲得するよりもファンを獲得することが重要 | Bloombergによると、超高級車においてもその販売方法が昔とは随分異なってきている、とのこと。 マイアミにあるエキゾチックディーラー、「プレ ...

続きを見る

そしてさっそく商談開始。

4

こちらはシロン・ピュールスポールのホイール。

放熱用のリングが備わりますが、動画を見ると、これは「カーボン製の別体パーツ」であるようですね。

7

そして実際にコクピットに座ってエンジンを始動させ、各部の説明を受けます。

3

シロンのリース金額はとんでもない額だった

そしてついにシロン・ピュールスポールをリース契約。

車両価格については、3,500,000ドルのところを3,300,000ドルに値切っており、これはわずかに6%の値引きではありますが、200,000ドルというと約2100万円なので、ちょっとした中古スーパーカーが買える金額です。

もちろんこのシロン・ピュールスポールは新車ではなく中古(ブガッティはすべてオーダーメイドによる販売なので、在庫車は存在しない)ですが、3,300,000ドルで販売できるということは買取価格はそれ以下であり、つまりシロン・ピュールスポールにプレミア価格は(買取・販売ともに)乗っていないということになりそう。※シロン・ピュールスポールの新車価格は3,500,000ドルだと言われている

1

そしてリース料は毎月65,950ドル(700万円)ということになりますが、これに契約期間の24ヶ月をかけても1億6800万円にしかならず、残価を差し引いた金額でリースを組んでいるのかもしれません。

なお、保証金は350,000ドル(約3700万円)、年間の走行距離は上限2,500マイル(約4,000キロ)という縛りがある模様。

保証金とリース料の総額だと2億円を超えることになるものの、それだけ払ったとしてもクルマが自分のものにならず、何も残らないというのが「恐ろしい」と思います(ただ、経費を使用しなくてはならない人にとっては、非常に有用なお金の使いみちでもある)

参照:DragTimes

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5