ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ポルシェ(Porsche)

ホットロッド風!いかにもアメリカンなカスタムが施された「変顔の」ポルシェ944ターボが競売に

投稿日:2020/11/16 更新日:

| ポルシェ944ほど過小評価されているスポーツカーもほかにない |

さて、メカム・オークションが開催予定の競売に、美しくカスタムされたポルシェ944ターボが登場。

見ての通り普通のポルシェ944とは大きく異なり、その顔面が見たことない表情へと変更されています。

なお、この顔つきは「シュトロゼック」が911のカスタムにおいて得意としていたものではありますが、944においてシュトロゼックバージョンがあったと聞いたことはなく、さらに出品概要にもシュトロゼックと記載されているわけではないので、どうやらこれはオーナーが独自にカスタムした仕様であるようですね。

ここまでカスタムされたポルシェ944は見たことがない

なお、もともとのポルシェ944はこんな感じでリトラクタブル(ポップアップ)ヘッドライトを装備。

ポルシェ944

ですがこの944ではそのライトを固定式に変更しているということになり、これ非常に珍しい仕様です。

ホイールやエキゾーストシステムは「クローム仕様」

そしてさらに珍しいのはホイールやテールパイプが「クローム」ということ。

こういった仕様はアメリカンマッスルやホットロッドに多く、つまり「アメ車文化」ともいえるもので、ドイツ車であるポルシェとは基本的に縁が遠いカスタムだと思います。

Porsche-944-Turbo-2

おそらくはいくつかのエアロパーツも追加済み。

Porsche-944-Turbo-3

一方でインテリアにはほとんど手が入っていないように見えるものの、メーター文字盤やダッシュボードのトリムには手が入っているようにも見えますね。

Porsche-944-Turbo-4

エンジンルームには相当に手を入れており、パイプ類が交換され、タンクもいくつかがアルミ製へと交換済み(エアクリーナーもむき出し)。

タワーバーが装着されて、その上には「Turbo」エンブレムが貼り付けられています。

Porsche-944-Turbo-6

ポルシェ944はこんなクルマ

944自体は1983年に「924と984」との中間としての位置づけにて登場したFRスポーツカー。

価格が安めに設定されていたことで「プアマンズ・ポルシェ」なる不名誉な称号を頂戴していたものの、実は当時ポルシェは「944を911の後継に」しようと考えていたとされ、実際に「(ポルシェだけではなく自動車業界全体において)最もハンドリングが優れるFR」と評価されるほどの優れた車です。

なお、が「911の後継」としてFRスポーツカーを選んだのには、「リアエンジン」では運動性能に限界がある上に制御が難しいこと、そして「大人も乗れる4座」をレイアウト上実現しにくいことが理由であったと言われますね。

ただし結果としてはポルシェファンが「リアエンジンではないポルシェを認めなかったため」、トランスアクスル採用のFRモデルとしては、この後の968を最後にラインアップ自体が消滅しているものの、「これがポルシェからではなく、ほかメーカーからの登場であれば、間違いなくそのメーカーを代表するモデルになっていただろう」というほどの実力を持っていたことは間違いなく、単に「ポルシェから発売された」のが悲運だった、としかいいようがありません。

あわせて読みたい、ポルシェ944関連投稿

【動画】ポルシェ944を現代風にデザインし直すぞ!リアディフューザーを付けてテールランプを横長にすると一気に近代のクルマ風になる件

| ポルシェ944はじめ、あの時代の「トランスアクスルレイアウト」スポーツカーは見直される機運にある |この記事のもくじ| ポルシェ944はじめ、あの時代の「トランスアクスルレイアウト」スポーツカーは ...

続きを見る

【競売】ポルシェのFRモデルは信じられないような価格に!予想では924が450万、944が700万、928が900万

| ポルシェのFRモデルは信じられないような価格に | ポルシェ70周年オークションウォッチ第三弾。 今回はポルシェのFRモデルを紹介したいと思います。 ポルシェは過去に924、944、968、928 ...

続きを見る

【動画】ゼロヨン無敵のマクラーレン720Sがついに王座を譲る時が来た!その相手は「フルエレクトリック」に改造されたポルシェ944

マクラーレン720Sにとっては、まるで悪夢のようだ マクラーレン720Sはとにかく「ドラッグレース最強」として知られ、それまでのキングであったテスラ・モデルS P100Dでも全く敵わないほど。フェラー ...

続きを見る

参照:MECUM

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ポルシェ(Porsche)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5