>アルファロメオ/フィアット/アバルト(Alferomeo/FIAT/ABARTH)

さよならアバルト124スパイダー!日本でも販売が終了となり、最後の一台がチャリティオークションへ

投稿日:2020/11/23 更新日:

最後のアバルト124スパイダー

| アバルト124スパイダー試乗時の素晴らしい感触は今でも忘れない |

すでにいくつかの国ではアバルト124スパイダーの販売が終了していますが、ついに日本でもその販売が終焉を迎えることに。

加えてアバルトでは「アバルト124スパイダー最後の一台」をチャリティオークションに出品し、その収益金を「認定NPO法人シャイン・オン!キッズ」へ寄付すると発表しています。

なお、すでにオークションは開催されており、最終の受付は11月29日午後6時に設定済み。

「最後のアバルト124スパイダー」はこんな仕様を持っている

そして最後のアバルト124スパイダーですが、アバルトのデザインスタジオ「チェントロ・スティーレ」がこのためにデザイン・製造した特別製バッジ、さらには同じくチェントロ・スティーレによる特別スケッチが付属。

これらの「3点セット」にて370万円からの入札受付となります(現在の最高価格がいくらなのかはわからない)。

11

そのほかにはこんなアバルト関連オークションアイテムも

なお、この車両含む3点セット以外にもオークションに登場する品が2点あり、まずひとつは「アバルト124スパイダー特別スケッチ」。

item_06_124_nic_front_1

上の「車両とセット」のものと同一かどうかは不明ですが、11種類のスケッチが用意され、それぞれ入札開始価格は1240円から。

item_10_124_ABARTH_auction_DP04

いずれも124スパイダーのルーツとあわせてデザインされたもので、オーナーそしてファンであればぜひ入手しておきたいアイテムですね。

item_02_124_K3

アバルト595スコルピオーネオーロのスケッチも競売に

そしてもひとつはアバルト595スコルピオーネオーロのスケッチ。

アバルト595スコルピオーネオーロのスケッチは(日本国内では)200台限定にて発売されるアバルト595の特別仕様車で、かつてのAutobianchi A112 ABARTH Targa Oroからインスパイアを受けたクルマです。

つい先日、まず50台限定にて先行予約申し込みがスタートし、好評の内に終了したと伝えられていますね。

item_16_595_SCORPIONEORO_auction_DP03

そしてこのアバルト595スコルピオーネオーロの特別スケッチも競売に登場し、こちらは合計5種類、開始価格は5,950円から。

124スパイダーのスケッチと価格差が大きいように感じますが、それぞれ「124」「595」とかけた設定なのだと思われます。

item_12_9_dedica

アバルトが595に2台の限定モデル、モトGPマシン風「モンスターエナジー・ヤマハ」、クラシックモデルがモチーフの「スコルピオーネオロ」発売

この記事のもくじ1 | どちらも特別感の強い限定モデル |1.1 アバルト595モンスターエナジー・ヤマハはこんなクルマ1.2 アバルト595スコルピオーネ・オロはこんなクルマ1.3 こんな記事も読ま ...

続きを見る

アバルト124スパイダーは本当にいいクルマだった

なお、アバルト124スパイダーはマツダ・ロードスターからのOEMとなり、しかしロードスターに比較すると価格的制約が緩かったのだと思われ、けっこうなコストがかけられたクルマ(つまりロードスターとは全く異なるクルマに仕上がっている)。

まずターボエンジン搭載ということが最大の特徴ではありますが、そこへビルシュタイン製サスペンション、ブレンボ製ブレーキシステムに機械式LSDが組み込まれることになり、オプションでは素晴らしいサウンドを奏でるエキゾーストシステム「レコードモンツァ」も用意されています。

item_01_124_K0

実際に運転してみると素晴らしいことこの上なく、「マツダが(コストの制限がなかたっとして)本当に作りたかったロードスターはこんな感じだったんだろうな」、というエンジニアの熱い思いを感じさせる一台です。※同時に。マツダもこれだけのことができるのかということにも驚かされる。やっぱりマツダはもっとスポーツカーを作るべきだ

参考【試乗:アバルト124スパイダー】これは「マツダが本当に作りたかったロードスター」だ

待望のアバルト124スパイダーに試乗。 マツダの広島工場で作られる、フィアット124スパイダーのアバルト版ですが、日本ではフィアット版は販売されず、アバルト版のみの販売となります。 これはフィアット1 ...

続きを見る

アバルト124スパイダーは思うように売れていなかった

ちなみに製造終了の理由としては「販売不振」。

日本市場がどうこうということではなく(124スパイダー導入後にアバルト全体の登録台数が増加しているので、日本では売れていたのだと思う)、世界的に見てアバルトの想定していたレベルに届かず、車種削減の対象となってしまったということですね。

今後はもう中古でしか手に入らないということになりますが、おそらく今後大きく価値が下がることはなく、「買って間違いのない中古車」の一台だと考えています。

item_05_124_Kim

あわせて読みたい、アバルト関連投稿

なぜこんなことに・・・。欧州でアバルト124スパイダーがわずか3年で販売停止に追い込まれる。「予定の1/3しか売れなかった」「環境規制に対応できない」

この記事のもくじ1 | 一方で北米、アジア・パシフィック地域では販売継続 |1.1 欧州では「オープンスポーツ」が急速に売れなくなってきている1.2 欧州は何かと神経質?1.3 おそらくアバルト124 ...

続きを見る

アバルト124スパイダーが日本でも発表。ブレンボ、レコモン、LSD、レザーシート付きで388万円だ

アバルト124スパイダーが日本でも公開に。 気になる価格は6MTで388万円、6ATで399万6000円となっています。 アバルト124スパイダーはフィアット124スパイダーのホットバージョンですが、 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5