■新型車情報/スパイフォト/噂など >ポルシェ(Porsche)

ほぼ偽装なしのポルシェ・タイカン「クロスツーリスモ」が目撃される!タイカンに比較してよりアグレッシブ、さらにアクティブ。ワゴン人気が低い北米でのヒットなるか

投稿日:2021/01/25 更新日:

ポルシェ・タイカン・クロスツーリスモのスパイフォト

| ポルシェにしては珍しいデザインのホイール、そして熱線反射ウインドウも |

さて、もうじき発表されそうなポルシェのニューモデル、「タイカン・クロスツーリスモ」のスパイフォトが登場。

これは南カリフォルニアにて撮影されたものだそうですが、フロントバンパー上のデイタイムランニングランプと思しき部分のカモフラージュ以外は市販モデル同様だと思われます。

タイカンとはいくつかの相違も

当然ではあるものの、すでに発売されているタイカンとはいくつかの相違があり、まずはワゴンボディということ。

ただしワゴンと言えど、パナメーラ・スポーツツーリスモに比較すると「クーペ」に近いリアセクションを持っていて、ルーフが後方へとなだらかに落ちるとともに、上部分の容積が絞られているようにも見えますね。

そのためにキャビン部分のマスがかなり小さいという印象を受け、樹脂製のフェンダーアーチ、やや上げられた車高とともにアクティブな印象を演出しているようにも思います。

そのほか細かいところだとフロントバンパー下部、サイドステップ形状もタイカンとは異なり(サイドステップ下部には、オフローダーっぽいブロック状のデザインが見られる)、リアディフューザーもやや大型化している模様。

021-01-24 18.15.10

ホイールについては初めて見るデザインであり、スポーク部には大きな肉抜きが施されています。

この構造については、最近BMWも「Mパフォーマンスパーツ」にて取り入れており、マクラーレンも同様のデザインを持つホイールを投入していることから、ここしばらくの技術的ブレイクスルーによって、コストを抑え量産ができるようになったのかもしれません。

ブレーキキャリパーについては「ホワイト」なので、タングステンコーティングが施されたブレーキディスクを持つ「PSCB」が装着されているということになりますね(おそらくはオプション)。

021-01-24 18.15.04

ポルシェが開発した「効きはカーボンブレーキ並み」「ダストが出ない」夢のブレーキ「PSCB」とは?

| ポルシェの発表した新型ブレーキ”PSCB”とは | ポルシェが新型カイエンとともに発表した新型ブレーキ「PSCB」。 これは「ポルシェ サーフェスコーテッド ブレーキ」の略であり、ブレーキキャリパ ...

続きを見る

なお、タイカン・クロスツーリスモ単体を写真で見ると比較的小さく見えますが、ベースがタイカンなので「全長5メートル級」の大きなクルマであるのは間違いのないところ。

おそらく「クルマがコンパクトに見える」理由の一つは大きなタイヤなのだと思われ、つまりタイカン・クロスツーリスモのタイヤは「タイカンに比較してかなり大きい」のかも。

タイカンそのものは非常に高い人気を誇っているといい、そのためポルシェは「ひとまずタイカンに集中する」ことを理由にタイカン・クロスツーリスモの発売を予定よりも遅らせるという決定を下しており、しかしよりアクティブ、そしてさらにスペース効率の高いタイカン・クロスツーリスモはタイカンよりも高い人気を誇ることになりそうですね。

北米市場においては「ワゴンの人気が低い」と言われるものの、その通念を覆すことができるかどうかにも注目が集まります。

合わせて読みたい、タイカン関連投稿

ポルシェ・タイカン4S
ポルシェ・タイカン4Sを見てきた!やはり現代のポルシェは濃色メタリックがよく似合う。充電には二種類の料金プランがあるようだ

この記事のもくじ1 | 現時点では普通充電器の利用は無料、ただし2021年央からは有料に |2 ポルシェ・タイカン4Sはこんなクルマ2.1 ポルシェ・タイカン4Sの内装はこうなっている2.2 ポルシェ ...

続きを見る

ポルシェが自社にてカスタムしたパナメーラ、タイカンを公開。ポルシェは「ボディカラー同色ホイール」がお好き?

この記事のもくじ1 | ポルシェはときどき、突拍子もないカスタムを行うことがある |1.1 パナメーラのホイールはボディ同色1.1.1 ポルシェの「ホイール同色」の歴史は浅くない1.2 タイカンは「ス ...

続きを見る

ポルシェ・タイカンのメーター
ポルシェ「タイカンの受注が予想以上なのでクロスツーリスモの発表を延期する」。なお新型パナメーラには750馬力級の「ターボS Eハイブリッド」が追加されるようだ

この記事のもくじ1 | やはりポルシェは隠し玉を持っていた。今後のサルーンはエレクトリック化によってパワー戦争に突入 |1.1 ポルシェ・タイカンの生産キャパシティは4万台以上1.2 ポルシェは「さら ...

続きを見る

参照: Wilco Block - Instagram

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f