■そのほか車関連のネタなど

【動画】0-100km/hランキング上位はEVばかり!なぜEVはガソリンエンジン車に比較してそんなに加速が速いのか?

投稿日:2021/02/04 更新日:

ランボルギーニ・ウラカンEVO RWDのメーター

| EVはあらゆる面において効率が非常に高い乗り物である |

さて、テスラ・モデルS/モデルXが無改造での市販車加速競争を制したことでもわかるとおり、「EVの加速は驚異的」。

さらに現在のところ0-100km/h加速における上位はほぼEVで占められており、発表済みモデルだとアスパーク・アウルの1.69秒、そして目標値ではあるもののリマックC_Twoの1.85秒、そしてテスラ・ロードスターの1.9秒へと続きます。

一方ガソリン車の「最速」タイムだとダッジ・チャレンジャー・デーモンの2.4秒、ブガッティ・シロンの2.5秒あたりが「最速」となり、大きくEVには水を開けられている状況でもありますね。

リマックC_Two
0-100km/h加速ランキング最新版!上位は2秒台の争いに突入し、驚愕の「1秒台」も登場

この記事のもくじ1 ガソリン車でもそろそろ2秒台前半に突入しそう1.1 自動車の加速性能はここ数年で大きく変化している1.2 もうガソリン車ではエレクトリックカーの加速には勝てない2 0-100km/ ...

続きを見る

なぜEVはそんなに速いのか?

そこで今回、ハガーティが「なぜEVはそんなに速いのか」という動画をその説明とともに公開しています。

ぼくは「エレクトリックモーターは、その最大トルクを回転数に関係なく、瞬時に発生させることができるから」だと考えていたものの、どうやらそれだけではないようですね。

まず、動画ではガソリン車の「アクセルペダルを踏んでから加速に移るまで」のタイムラグについて説明。

ガソリン車の場合はアクセルを踏み、それがECU(エンジンコントロールユニット)へと伝わり、そこからスロットルを開くことに。

4

その後開いたスロットルからエアが流入し・・・。

3

そこで燃料噴射、そして点火。

2

ターボエンジンの場合はさらにターボラグも発生しますが、エレクトリックカーでは「アクセルを踏んだという信号がコントロールユニットに伝わってコントロールユニットがモーターへと電力を供給し、さらにモーターは瞬時に最大トルクを立ち上げる」という流れになり、これらは物理的ではなく電気的に行われるだけなので、アクセルを踏んでから駆動力が発生するまでのタイムラグがほぼゼロ、ということになります。

1

エレクトリックモーターのトルクは強大

加えて動画では、エレクトリックモーターのトルクの大きさについても言及しており、たとえばテスラ・モデルSの(停止状態から)発生するトルクは、ガソリンエンジンを積むランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ(1,000回転時)の約7倍。

さらにほとんどのEVはトランスミッションを持たないので伝達ロスも少なく(ただしポルシェ・タイカンはリアに2速トランスミッションを持つ)、これもガソリンエンジン登載車に比較するとかなり有利な点でもあり、いかにEVが効率性に優れた乗り物であるかもわかります。

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVJ

しかしながらEVとて万能ではなく、高速走行を行なうとすぐにバッテリーが消耗してしまうという(現時点での)問題も。

その問題を解決するためにポルシェ・タイカンは「2速トランスミッション」を積んでいると考えて良さそうですが、それでも最高速度は(トップレンジのタイカン・ターボSでも)260km/hに制限されています。

ポルシェ・タイカン・ターボに試乗
ポルシェ・タイカンターボに試乗!クルマは「ガソリンエンジンの呪縛」から解き放たれるとこんなに自由になれる!

この記事のもくじ1 | まだ年始めなのに「今年のベスト」と言ってもいい |2 ポルシェ・タイカン・ターボの外観はこんな感じ2.1 ポルシェ・タイカン・ターボのインテリアはこんな感じ3 ポルシェ・タイカ ...

続きを見る

なぜEVの加速が速いのかを解説する動画はこちら

参照:Hagerty

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f