>ランボルギーニ(Lamborghini) ■バイク(自転車/自動二輪)

【動画】スーパーカー系ユーチューバー、63台限定の「ドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニ」を買う!ボクもドゥカティに問い合わせたけど返事が来ないな

投稿日:

スーパーカー系ユーチューバー、63台限定の「ドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニ」を買う

| ドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニのコレクション価値は非常に高い |

さて、昨年11月に突如発表されたランボルギーニとドゥカティとのコラボバイク、「ディアベル 1260 ランボルギーニ」。

現在ドゥカティの株式はランボルギーニが保有しており、その関係性から今回のコラボレーションに結びついたのだと思われるものの、しばらく前からこの関係が続いていた割には「初のコラボ製品」となっています。※これまで、イベント等でのコラボはあった

ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ
ランボルギーニ×ドゥカティ"初の"コラボ!630台限定、「ディアベル 1260 ランボルギーニ」が発表に。ちょっとドゥカティに問い合わせてくる

| カラーだけではなく、パーツ形状や液晶表示までも「ランボルギーニ仕様」に | さて、昨日ランボルギーニがその情報を公開したとおり、「ドゥカティ・ディアベル 1260 ランボルギーニ」が正式発表。ラン ...

続きを見る

ただ、ようやく実現したコラボということもあってかその内容は非常に濃く、ディアベル 1260 ランボルギーニのカラーはランボルギーニ初の市販ハイブリッドモデル「シアンFKP37」と同じギア・ヴェルデ(グリーン)にオロ・エレクトラム(ゴールド)。

ランボルギーニの創業年である1963年にちなんで63台のみしか製造されないという超希少なバイクです。

Ducati-Diavel-1260-Lamborghini-9

イタリアからイギリスへとバイクが到着

そして今回の動画を公開したのはスーパーカー系ユーチューバー「スーパーカー・オブ・ロンドン」、通称SOL氏。

同氏は10代の頃からロンドン市内を走るスーパーカーを撮影してはYoutubeへとアップしており、それによって登録者を増やして成功を築き上げた人物です。

自身もランボルギーニを複数台所有していたことがあり、ランボルギーニからも新型車発表イベントに招待されるなどランボルギーニとのつながりも深い人物でもありますね。

16

まずはこんな感じで木箱に入ったディアベル 1260 ランボルギーニがイギリスのドゥカティ正規ディーラー、「ドゥカティ・ケンブリッジ」へと到着。

19

木箱を開いて緩衝材を取り除き・・・。

20

登場したのがディアベル 1260 ランボルギーニ(木箱の中にはスチール製のフレームが入っているようだ)。

18

これから納車前整備にかかることになります。

17

購入者は「スーパーカー・オブ・ロンドン」本人

なお、驚くべきことに、このディアベル 1260 ランボルギーニ購入者はスーパーカー・オブ・ロンドン氏本人。

同氏にとっては購入金額につき「けして大きくはない」とは思うものの、スーパーカー系ユーチューバーが「バイクにも乗る」例は非常に珍しく、そこが「驚き」ということですね。

14

そこでスーパーカー・オブ・ロンドン氏はこのディアベル 1260 ランボルギーニをざっと紹介してくれますが、やはり何から何まで特別仕様。

12

エアインテークやラジエターカバー、マッドガード、センタータンクカバー、スポイラー、ヘッドライトフレーム、マフラーなどはカーボンファイバーに。

15

サイドには誇らしげに「Ducati 1260Diavel Lamborghini」のバッジ。

11

ショックはオーリンズ、ブレーキはブレンボ製(シアンFKP37と同じ)。

ホイールもシアンFKP37と同じデザインを持つ専用品です。

13

さいどカウルには「63」文字。

1

タンクのトップ部にはランボルギーニのエンブレム。

2

シート上にはランボルギーニが好んで用いる「Yアロー」。

見れば見るほど「ランボルギーニなドゥカティ」ですね。

10

なお、ぼくはこのディアベル 1260 ランボルギーニにつき、「手に入るものならば欲しいな」と考え、ドゥカティディーラーにメールにて問い合わせを送ったものの、今に至るまで返答がない状態で、どうやら手に入れることは難しそうです。

ドゥカティ ディアベル 1260 ランボルギーニを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、関連投稿

ランボルギーニが新型車「シアン」を正式公開し、その名称を「Sian FKP 37」だと発表。FKPはポルシェ創業者の孫のイニシャル←なぜ?

| FKP(フェルディナント・K・ピエヒ)なしには現在のランボルギーニは存在し得ない | ランボルギーニが初の市販ハイブリッドカー「シアン」をフランクフルト・モーターショーにて一般公開。そしてその正式 ...

続きを見る

バイクにもダウンフォース!ウイング追加で接地性が向上したドゥカティ・スーパーレッジェーラV4が500台のみ限定にて発売

| 車体の主要構造パーツはすべてカーボン製 | ドゥカティが限定生産(500台)となる新型スーパーバイク、スーパーレッジェーラV4を発表。べースとなるのはパニガーレV4ですが、エンジンは1,103cc ...

続きを見る

ランボルギーニ・ウラカン
朗報!VWが「ランボルギーニとドゥカティはグループ内に存続」と正式発表。ただしベントレーはアウディ傘下へと地位を下げられる

| ブガッティの「リマックへと売却」という話題には触れられていない | さて、フォルクスワーゲンは11月に重要会議を開催し、その中でランボルギーニやドゥカティの売却(分離)を含めてブランド再編そして方 ...

続きを見る

参照:SOL - Supercars of London

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini), ■バイク(自転車/自動二輪)
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5