>その他アメリカ車

スーパーチャージャーを2基装着!キャロル・シェルビーが自身のために作った「究極のコブラ」が競売に。コブラ史上もっとも高い価格で落札されるのは間違いなさそう

投稿日:2021/02/22 更新日:

スーパーチャージャーを2基装着!キャロル・シェルビーが自身のために作った「究極のコブラ」が競売に

| 最高出力は800馬力、当時306km/hで走ったという記録が残っているらしい |

3月に開催される予定のオークションにて、キャロル・シェルビー本人が所有していたシェルビー・コブラが登場予定。

これは1966年製の「CSX3015」として知られる個体で、キャロル・シェルビー自身が「自分のために、究極のコブラ」として製作したものです。

そしてもちろん、このコブラは「コブラ史上、もっとも高価な」コブラとなるだろうと見られている模様。

シェルビー・コブラCSX3015はこんな仕様を持っている

なお、コブラはもともとイギリスのACカーズが製造していたスポーツカーに端を発しており、ACカーズに対してキャロル・シェルビーがフォード製V8エンジンを搭載するという企画を持ち込んだことから実現しています。

その結果1962年にMK Iが誕生し、その後MK II、MK IIIと発展する傍ら様々なバリエーションを生み出すに至っていますが、この個体は文字通り「究極のコブラ」。

Shelby-Cobra-5

パクストン製スーパーチャージャーを2基(方バンクにひとつづつ)装着し、それぞれのバンクには4バレルキャブレターを通じて大量のエアを送り込みますが、このスーパーチャージャーを収めるためにフロントフードは専用品へ。

Shelby-Cobra-2

その結果出力はなんと800馬力にも達するとされ、時速306キロにてキャロル・シェルビー自身がドライブしたという記録も(ダウンフォースを発生しそうな車体ではないので、相当に怖かっただろうと思う)。

Shelby-Cobra-4

なお、シェルビー・コブラの重量は1050kgくらいだとされ(ただしこの個体はプラスされたスーパーチャージャー分だけ重いと考えられる)、いかに太いタイヤを装着するといえども当時の技術によるタイヤ、もちろんトラクションコントロール等のドライバーズエイドなしということを考慮すると、とんでもなく運転が難しいクルマだと考えて良さそう。

Shelby-Cobra-3

実際のところ、かのケン・マイルズすら(コブラMK II時代に)そのクルマをコントロールできなかったと言われるので(シャシーがハイパワーに耐えることができなかった)、とんでもないじゃじゃ馬だったのだと思われます。

Shelby-Cobra-8

合わせて読みたい、シェルビー関連投稿

【競売】製造わずか31台。レーススペックを持ちながら公道走行可能な427 S/Cコブラが2.7億円の予想で登場

| 「最も価値のあるコブラ」が競売に | 恐らくは現存する中で最もレア、そして程度良好なコブラ”427 S/C Cobra”が競売に登場予定。 シャシーナンバーはCSX3040で、コブラのスペシャリス ...

続きを見る

キャロル・シェルビーがカスタムしたデ・トマソ・マングスタ
超希少!ただでさえ生存数が少ないマングスタに「デ・トマソとシェルビーとのコラボ」によるマングスタ・シェルビーMK Vプロトタイプが存在した!競売では3600万円程度をつけるのではと予想される

| デ・トマソ、フォード、キャロル・シェルビーとの3者コラボによるマングスタ・シェルビーMK Vプロトタイプ | さて、デ・トマソは1969年~1971年の間に「マングスタ」を生産していますが、総生産 ...

続きを見る

ポール・ウォーカーが所有していた「フェラーリ仕様のコブラ」が競売に!FAM=Ferrari's Ass is Mineのバッジつき

| これを作ったのは「フェラーリに挑んだ」キャロル・シェルビー本人。なかなか面白いことをするようだ | さて、故ポール・ウォーカーは(ワイルド・スピードシリーズの)俳優としてだけではなく海洋生物学者を ...

続きを見る

参照:Barrett-Jackson

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他アメリカ車
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5