>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS) ■自動車各社業績/ランキング等 >ポルシェ(Porsche) ■そのほか車関連のネタなど

JDパワー版「自動車メーカー別品質ランキング」最新版。1位レクサス、2位ポルシェ。昨年1位のジェネシス(ヒュンダイ)は問題多発で8位に。最下位は安定のランドローバー

投稿日:

レクサスのキー

| テスラの品質ランキングは「下から4番目」 |

さて、先日は米コンシューマーレポートが「自動車メーカー/ブランドごと品質ランキング」を発表していますが、今回は米調査会社であるJDパワーが同じく品質ランキングを発表。

両者にてそれぞれ違う調査方法や項目を採用しているためか、その内容は大きく異るものとなっています。

まずはここでJDパワー版「品質調査ランキング」を見てみましょう。

JDパワー版品質ランキングはこうなっている

JDパワーは年一回この品質ランキングを公開しており、今年の順位だと下記の通り。

なお、ブランド名の横の数字は「100台あたり、発生したトラブルの数」を意味していて、1台あたり複数のトラブルもカウントしています。

2021年版品質ランキング(JDパワー)

  1. レクサス・・・81
  2. ポルシェ・・・86
  3. キア・・・97
  4. トヨタ・・・100
  5. ビュイック・・・100
  6. キャデラック・・・100
  7. ヒュンダイ・・・101
  8. ジェネシス・・・102
  9. リンカーン・・・106
  10. アキュラ・・・108
  11. BMW・・・108
  12. シボレー・・・115
  13. 三菱・・・116
  14. マツダ・・・121
  15. メルセデス・ベンツ・・・122
  16. ラム・・・123
  17. ダッジ・・・125
  18. ミニ・・・125
  19. スバル・・・125
  20. アウディ・・・127
  21. 日産・・・128
  22. フォード・・・130
  23. インフィニティ・・・137
  24. ジープ・・・141
  25. GMC・・・143
  26. ボルボ・・・143
  27. ホンダ・・・145
  28. フォルクスワーゲン・・・163
  29. クライスラー・・・166
  30. テスラ・・・176
  31. ジャガー・・・186
  32. アルファロメオ・・・196
  33. ランドローバー・・・244

なお、昨年のランキングではジェネシスがトップではあったものの、さすがに今年は度重なるトラブルそしてリコールにて8位にダウン(これでまだ上位にあったら、なにかを疑ってしまう)。

ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。旗艦SUV、GV80が発売直後なるも3度めのリコール。ヒュンダイの「高品質」は虚像だったのか

| ヒュンダイは中身が伴わないまま、プロモーションによって「実際よりも良いクルマ」に見せようとしてきたツケを支払っている? | ヒュンダイの高級ブランド「ジェネシス」。元ランボルギーニ、ベントレーのチ ...

続きを見る

そのほか大きく動いたのは昨年キア(昨年14位→今年3位)、フォルクスワーゲン(昨年6位→今年28位)、フォード(昨年10位→今年22位)あたり。

ジープ、アルファロメオ、ダッジ、クライスラーは「定番の」下位となっていますが、これらはすべて旧FCA(フィアット・クライスラー)に属しており、品質問題に悩まされているとうことに。

テスラもそうとうに低い位置ですが、これも定番だと言えるかもしれませんね。

ランドローバーの最下位もまた定番、そしてボルボのポジションが低いのもまた定番。

ちなみにボルボは中国生産を拡大していますが、その影響なのかどうかは不明です(中国製ボルボがアメリカに入っているのかどうかはわからない)。

そしていつも意外に思うのが「メルセデス・ベンツのランキングが低い」ということで、しかしメルセデス・ベンツはだいたいこの手のランキングでは「中盤以降」に沈んでおり、つまりはそれほど品質に優れないメーカーということになりますね(イメージ的には”高品質”なのに)。

参考【動画】2400万円のメルセデス・ベンツの故障の多さに我慢ができず、抗議のためにガソリンをかけ全焼させた男。いったい何が彼をそうさせたのか・・・。

この記事のもくじ1 | 多額のお金を失おうとも、これですっきりしたようだ |1.1 修理に持ち込んだのはすでに5回1.2 実際にメルセデスAMG GT 63Sを燃やす動画を見てみよう1.3 あわせて読 ...

続きを見る

ここでふと思うのは、今年あたりから多くの自動車メーカーがEVのデリバリーを本格化させるということ。

メルセデス・ベンツ、BMW、アウディ、ポルシェ、フォルクスワーゲン、フォード、ホンダ、マツダ、ミニといったメーカーがEVの展開を行いますが、EV販売比率が増加すると、このランキングについても大きな変動があるかもしれません。

コンシューマーレポート版品質ランキングはこうなっている

そしてこちらは、先に発表された米国コンシューマーレポート版品質ランキング。

マツダが首位を獲得して話題となった調査結果ですね。

コンシューマーレポート版品質格付(2021)

  1. マツダ・・・83ポイント
  2. トヨタ・・・73ポイント
  3. レクサス・・・71ポイント
  4. ビュイック・・・70ポイント
  5. ホンダ・・・63ポイント
  6. ヒュンダイ・・・62ポイント
  7. ラム・・・58ポイント
  8. スバル・・・57ポイント
  9. ポルシェ・・・55ポイント
  10. ダッジ・・・54ポイント
  11. インフィニティ・・・54ポイント
  12. BMW・・・52ポイント
  13. 日産・・・51ポイント
  14. アウディ・・・46ポイント
  15. キア・・・45ポイント
  16. GMC・・・43ポイント
  17. シボレー・・・42ポイント
  18. ボルボ・・・41ポイント
  19. ジープ・・・41ポイント
  20. メルセデス・ベンツ40ポイント
  21. キャデラック・・・38ポイント
  22. フォード・・・38ポイント
  23. ミニ・・・37ポイント
  24. テスラ・・・29ポイント
  25. リンカーン・・・8ポイント

マツダMX30
マツダが初の首位を獲得!自動車メーカー信頼性調査最新版。上位常連のレクサスとポルシェがダウン、一方で米国勢の品質が向上

この記事のもくじ1 | マツダはこれまで「コツコツと」信頼性調査の順位を上げてきた |2 マツダが初の「信頼性」首位を獲得2.1 コンシューマーレポート「自動車信頼性ランキング」最新版3 大きくランキ ...

続きを見る

合わせて読みたい、品質関連投稿

「日本車の品質がいい」のは過去のこと?最新満足度ランキング(米)では日本のメーカーが下位に。唯一上げたのはマツダのみ(4位)

| とにかくこういったランキングでは韓国勢が強い | 世の中には様々な調査会社、格付機関がありますが、北米で大きな力を持つと言われるのがコンシューマーレポート(Consumer Report=CR)。 ...

続きを見る

スバルのキー
毎年恒例、「またそのクルマを買う」ランキングに異変!これまで上位だったトヨタ/スバルが後退し、上位はテスラはじめアメ車で占められる。レクサスも下位に沈み、日産/インフィニティは最下位

この記事のもくじ1 | この2−3年でアメリカの自動車メーカーは相当に品質とクルマの魅力を上げてきたようだ |1.1 今年の調査結果はこれまでとは大きく異なった2 品質と満足度は比例しない3 アメ車は ...

続きを見る

トヨタ・ランドクルーザー
米にて「15年以上乗られている車」ランキングの5位まではトヨタ!「また買う」と答えた人がダントツ多いのもトヨタ!これはもうトヨタは「車の魅力や価値そのもので売れている」と言っていい

この記事のもくじ1 | ヒュンダイもまだまだだな |2 「15年以上乗られているクルマ」はこんな顔ぶれ2.1 「長く乗られる」SUVはこんな面々2.2 「長く乗られる」スポーツカーはこんな面々 | ヒ ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f