>その他イタリア車

デ・トマソ・パンテーラの元祖?ワンオフモデル「ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネ」が1500万円で販売中。その誕生のウラにはデ・トマソの暗躍があった

投稿日:2021/03/11 更新日:

ランチア・フルビア

| こんなクルマが存在していたとはまったく知らなかった |

1969年に製造されたワンオフモデル、ランチア・フルヴィア1600HFコンペティツィオーネが中古市場に登場。

ランチアは1963年から1976年までフルヴィアを販売していますが、ラインアップは「セダン」「クーペ」そして2シーターの「スポルト」。

しかしこれらは今回販売されているフルヴィア1600HFコンペティツィオーネとは似ても似つかないスタイルを持っており、「通常版フルヴィア」を知る人にとっては、このフルヴィア1600HFコンペティツィオーネが「フルヴィア」の名を持つことが信じられないほどだと思われます。

そのスタイルはデ・トマソ・パンテーラっぽい

正直ぼくはこのクルマの存在をまったく知らず、一見して思ったのが「デ・トマソ・パンテーラっぽい」。

それもそのはずで、このフルヴィア1600HFコンペティツィオーネはアレハンドロ・デ・トマソが直接手掛けたもので、これをエサに「ランチアをフォードに買収させようと」目論んだ模様。

Lancia-Fulvia (7)

デ・トマソ・パンテーラがアメリカの中古市場に登場。新車のウラカン以上のプライスだ

デ・トマソ・パンテーラGTSの中古が市場に登場。 もちろんユーズドですが書類は完備されており、コンディションは上々。 その分価格も2600万円となっており、米国では新車のランボルギーニ・ウラカンを上回 ...

続きを見る

というのも、フォードは映画「フォードVSフェラーリ」で描かれたようにスポーツカーの必要性を感じており、それをチャンスだと考えたのがアレハンドロ・デ・トマソで、ランチアをフォードが買収するための「橋渡し」をすることでアメリカ進出を目指したのだと思われます。

Lancia-Fulvia (1)

この段階で当時のフォードCEOであったリー・アイアコッカとアレハンドロ・デ・トマソとのパイプが出来上がったのだと思われますが、実際にランチアを買収したのはフィアットという結果に。

これによって計画が狂ったアレハンドロ・デ・トマソがリー・アイアコッカと組んで立ち上げたプロジェクトが「パンテーラ」だとされているので、このフルヴィア1600HFコンペティツィオーネがパンテーラに似ているのも当然なのかもしれません。

Lancia-Fulvia (5)

このフルヴィア1600HFコンペティツィオーネは、通常版フルヴィアのシャシーをベースとしているものの、そのボディワークは「全く新しく」、リトラクタブルヘッドライトにはじまるウェッジシェイプを持っており、リアウイングはリトラクタブル、しかも角度調整式(当時としては画期的だったと思われる)。

ウインドウの一部は樹脂製へと置き換えられており(サイドウインドウはスライド式)、室内にはロールバーも。

Lancia-Fulvia (2)

搭載されるエンジンは1.6リッターV4ですが、その搭載位置は30ミリ下げられ、これによって重心とロールセンターを適正化してハンドリング性能を向上させています。

サスペンションはソリッドアクスルからダブルウィッシュボーンへと変更され、1970年のル・マン24時間レース参戦を視野に入れて「大型ガソリンタンク」すら装備されているようですね。

Lancia-Fulvia (4)

この車両はつい最近大幅なレストアを受けたとのことで、提示されている販売価格は144,000ドル(約1500万円)。

Lancia-Fulvia (3)

合わせて読みたい、デ・トマソ/ランチア関連投稿

【競売】NSXにも大きな影響を与えた変態車、ランチア・ラリー037ストラダーレ。新車で日本に販売された個体

| またまたグループBホモロゲーション取得用変態車 | グループBというととにかく「過激」で有名なレースカテゴリで、そのグループB出場のためホモロゲーション取得を目的として製造された市販車たちもまた過 ...

続きを見る

ランチア・ストラトス
現存するのは400台以下。超レアな変態車「ランチア・ストラトス」が競売に

| ランチア・ストラトスの売り物はめったに出ない | ランチア・ストラトス・ストラダーレがオークションに登場。これは492台のみが製造されたうち44番目の車両となっています。 ランチア・ストラトスは「 ...

続きを見る

キャロル・シェルビーがカスタムしたデ・トマソ・マングスタ
超希少!ただでさえ生存数が少ないマングスタに「デ・トマソとシェルビーとのコラボ」によるマングスタ・シェルビーMK Vプロトタイプが存在した!競売では3600万円程度をつけるのではと予想される

| デ・トマソ、フォード、キャロル・シェルビーとの3者コラボによるマングスタ・シェルビーMK Vプロトタイプ | さて、デ・トマソは1969年~1971年の間に「マングスタ」を生産していますが、総生産 ...

続きを見る

参照:RM Sotheby's

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他イタリア車
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5