>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリ599GTBをベースに1970年代の「デイトナ・シューティングブレーク」を復活させるプロジェクト誕生!なかなかに面白いクルマができそうだ

投稿日:2021/03/13 更新日:

フェラーリ・デイトナ・シューティングブレーク(コーチビルダーによるワゴン)

| 手掛けるのはフェラーリ「ブレッドバン」を蘇らせたコーチビルダー |

さて、先日フェラーリ「ブレッドバン・オマージュ」を公開して大きな話題を呼んだコーチビルダー、Neils Van Rojiですが、今回は「ディトナ・シューティングブレーク」を製作する計画を公表。

なお、(フェラーリからの)クレームを避けるためか、Neils Van Rojiではフェラーリの名を出しておらず、「イタリアの自動車メーカーのグランドツアラーをベースにする。そのグランドツアラーは2006年から2013年にかけて製造された車だが、大きくデザインが変更されることになる」とだけ述べています。

そしてこの条件に該当するのは「フェラーリ599GTB」ということになりそうですね。

フェラーリ・ブレッドバン・オマージュ
当時エンツォを怒らせたフェラーリ250GTO"ブレッドバン"が現代に!ワンオフで製作された「フェラーリ・ブレッドバン・オマージュ」が登場

| この美しさだと、エンツォ・フェラーリが存命であったとしても怒るまい | さて、先日より製作状態がチラホラと公開されていた「フェラーリ・ブレッドバン・オマージュ」。これはコーチビルダー、「Niels ...

続きを見る

フェラーリ・デイトナ・シューティングブレークはこんなクルマ

1970年代に作られたフェラーリ・デイトナ・シューティングブレークは「フェラーリ公式」ではなく、アメリカのフェラーリオーナーが(フェラーリのインポーターである)チネッティ・モータースに依頼して作らせたもの。

ベースはもちろんフェラーリ・デイトナ「365 GTB/4」で、年式は1972。

ちなみにこのオーナーはボブ・ギットルマンという建築家だとされ、チネッティ・モータースのオーナーであるルイージ・チネッティがデザインを行い、イギリスのコーチビルダーに製作を行わせた、と言われています。

さすがに建築家の依頼らしく、非常に独特かつ立体的な構造を持つようですね。

現代版ディトナ・シューティングブレークはこうなる

そして今回Neils Van Rojiが提示した現代版「ディトナ・シューティングブレーク」ですが、公開されたスケッチを見るに、フロントはデイトナを強く連想させるスタイルを持っている模様(さすがにリトラクタブルヘッドライトではないようだが)。

Ferrari-Daytona-Spider (3)

リアセクションについては、おそらくオリジナルのデイトナ・シューティングブレーク同様、広いグラスエリアを持つことになりそうです。

Ferrari-Daytona-Spider (4)

ほかにはこんな「フェラーリのワゴン」も

そしてフェラーリとワゴンは完全に無縁というわけではなく、上述のブレッドバン、デイトナ・シューティングブレークのほかにもワゴンが存在。

こちらは1965年製のフェラーリ330GT 2+2を改造したもので、その名も「フェラーリ330GTシューティングブレーク」。

フェラーリのボディ製作も手掛けたビグナーレが架装したもので、オーダーしたのは「ハリウッド映画ポスターの父」ボブ・ピーク氏だとされています。

1970年代以降は消息不明となっていたそうですが、1995年に発見され、現在では「億」を超える価格で取引されているようですね。

Ferrari-wagon (4)

【競売】かつてジャミロクワイも所有したフェラーリの「カスタム・ワゴン」。予想では1億円オーバー

| フェラーリを「ワゴン」にカスタムしたワンオフモデルが競売に | RMサザビーズが世にも珍しい「フェラーリのワゴン」をオークションに出品する、と発表。 これは1965年製のフェラーリ330GT 2+ ...

続きを見る

こちらはピニンファリーナがカスタムしたブルネイ国王の「フェラーリ456ワゴン」。

d37fc823bd4bc4d420f64b870a0c7a45

近年だとフェラーリ612スカリエッティをベースとした美しいワゴンも製作されています。

ac0c9e1a-vandenbrink-ferrari-612-shooting-brake-1

フェラーリ612スカリエッティをワゴンボディにコンバートするコーチビルダー登場!「FFやGTC4ルッソで満足できない人」にオススメ

| その出来は内外装ともに純正をリスペクト。さらにワンオフ感も漂う | 歴史上、「フェラーリをワゴンにカスタム」した車両はいくつか存在しますが、ここにまた新たな一台が登場することに。これはVanden ...

続きを見る

合わせて読みたい、フェラーリのワゴン関連投稿

フェラーリ550をベースに「250GTO」の要素を取り入れたワゴンを制作するというプロジェクトが公開。アリかナシか

意外によく考えられたデザインであり、単なる思いつきではなさそう ロンドン拠点のデザインカンパニー、Neils van Roijデザインが「フェラーリ550マラネロをベースに、フェラーリ250GTOの要 ...

続きを見る

競売に登場予定の「奇妙な」フェラーリ。ワゴンボディなどレアさが評価され高値の可能性も

8月にペブルビーチで開催されるオークションにて出品予定の奇妙なフェラーリ2台を紹介。すでに同オークションでは総額20億円程度のフェラーリ・コレクション、ランボルギーニ・コンセプトS、アストンマーティン ...

続きを見る

参照: Niels van Roij Design

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5