>その他の国の車

【動画】リマックC_Twoの開発も大詰め?路上での一般展示が目撃、リマックCEO自らが公道にて加速テスト、タイカンとの加速競争を行う

投稿日:2021/04/29 更新日:

リマックC_Twoの展示

| この速さでも出力85〜90%、ローンチコントロールも非装着らしい |

さて、ポルシェの拡大出資を受け入れ、ますます勢いのついた感があるリマック。

自社の新型ハイパーカー、C_Two(市販時には別の名へと変更される模様)の開発に余念がない状態ではありますが、同時にピニンファリーナやヒュンダイとの協業も進んでおり、そのほかにも公表していないプロジェクトが多々ありそうですね。

いよいよリマックC_Twoの開発は大詰め?

そしてリマックはこれまでにも開発状況を公開していますが、直近で新しい動きがいくつか報告されており、そろそろ販売が近いのではと思わせる行動も。

まずはリマックの地元、クロアチアの路上にて「一般公開」されている様子が動画にてアップされています。

なお、これまでリマックC_Twoの展示車というとシルバーもしくはホワイト、ライトブルーのみで、この「ダークブルー」へとペイントされた個体は「初」登場かもしれません。

フロントバンパー等に装着されるパーツは織り目の見えるヴィジブルカーボン製で、ホイールはマットブラックというディティールを持つようですね。

ダークブルーのリマックC_Twoが路上に展示されている様子を捉えた動画はこちら

リマックは公道上にてその加速をテスト

リマックC_Twoは120kWhサイズのバッテリーパックと4つのエレクトリックモーターを核にしたシステムを持ちますが、出力は1,888PS、0−60マイル加速(目標値)は1.85秒。

なお、この1.85秒というのはテスラ・ロードスターの「1.9秒」に対抗したものだと思われ、しかしその凄さは加速のみではなく、じつに415km/hという最高速にも現れています。

一方、これだけのパフォーマンスを持ちながらも、一回の満充電あたり航続可能距離は約647kmだとされ、充電にかかる時間も非常に短く(急速充電器を使用すれば、30分で80%までチャージが可能)、さらにレベル4の自動運転に対応するハードウエアを備えるというマルチぶりを発揮する「日常的に乗れるハイパーカー」。

そこで今回、リマックはそのパフォーマンスを路上にてテストすることになりますが、リマックCEO、メイト・リマック氏自らがステアリングホイールを握って加速テストに挑戦しています。

11

動画では各種設定方法を調整しつつ、サクっと走っており、今回の動画だと0-60マイル加速は2.39秒、60−130マイルは6.03秒、1/4マイル(ゼロヨン)はわずか8.94秒(このタイムはスゴい)。

ちなみに現段階での出力は85〜90%、しかもローンチコントロールも未設定(まだ開発できていない)だそうで、それを考慮するに、「市販モデル」では今回の数字を大きく短縮することになりそうですね。

10

ポルシェ・タイカンとの加速勝負も

さらにリマックは比較対象としてポルシェ・タイカン(ターボS?)を起用し、クロアチアの路上で加速対決を行うことに。

スタートではローンチコントロールを備えるタイカンのほうがリードしますが・・・。

15

直後にはこれを逆転して大きくリード。

なお、クロアチアの片田舎にて、ハイパワーなEV2台が砂煙をあげながら猛烈に加速する姿はなかなかにシュールです。

12

リマックC_Twoがポルシェ・タイカンとの加速勝負、単独での加速テストを行う動画はこちら

合わせて読みたい、リマック関連投稿

リマックが上海にショールームを開設
リマックが中国・上海にてショールームを開設!納車に向けて着々と世界中で準備を進めているようだ。なおアメリカの販売拠点は10か所、日本は1か所

| リマックC_Twoは「もっとも発売が待ち望まれるハイパーカー」のうちの1台 | さて、現在市販モデル第二弾「C_Two」のテストを繰り替えし、市販へと向けて動いているリマック。1年あたりの生産台数 ...

続きを見る

リマックが新社屋を建設
リマックが新社屋の計画を公開。「敷地内には牛や羊を放牧」「周囲にはドリフト可能なサーキット」。なお建設予定地は創業者が憧れを抱いていた城の近く

| リマックの成長は「神話」だといっていい | さて、リマックが本社社屋を新しく建設する、と発表。その場所はリマック創業者、メイト・リマック氏出身の地でもあるクロアチア(ザグレブ近郊)で、今回本社を建 ...

続きを見る

リマック・コンセプト・ワン
ポルシェがリマックへの投資を拡大し出資比率が24%へ!ポルシェはリマックに「稼いでもらう」ことで収益源として活用したい意向のようだ

| 一時、ポルシェはリマックの技術を手に入れるためにリマックを買収すると言われたが | ポルシェはこれまでにもリマックへと投資を行い、15.5%の出資比率を持っていたものの、今回7000万ユーロをリマ ...

続きを見る

参照:crospotter13, RimacAutomobili

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5