>その他の国の車

【動画】リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表!出力1,914馬力、0−100km加速は1.97秒。限定150台、その価格は2.7億円

投稿日:2021/06/02 更新日:

リマックが新型ハイパーEV「Nevera(ネヴェーラ)」を発表

| その出力や加速はコンセプトモデルと大きな差異はないものの、市販モデルでは空力性能に磨きをかけてきたようだ |

最高速度は412km/h、一回の充電あたり航続可能距離は550km

さて、リマックが予告通りにC_Two市販モデルの画像を公開し、その名称が「Nevera(ネヴェーラ)」になると発表。

C_Twoは3年ほど前にコンセプトカーとして発表されていますが、このネヴェーラは初期プロトタイプと比較して空力性能が34%向上するなど、多くの改良が加えられているようですね。

なお、ネヴェーラとは地中海の嵐を表すスペイン語だそうですが、「冷蔵庫」という意味もあるようですね。

18

ダウンフォースは最大で326%向上

このリマック・ネヴェーラにつき、低ダウンフォースモードを選択するとcd値が0.30となり、高ダウンフォースモードではダウンフォースが326%増しに。

rimac-nevera

加えてネヴェーラではパワートレインやブレーキの冷却効率を高めるためにボディ形状を調整しており、低速域では30%、高速域では7%の改善が得られているとのこと。

19

気になるスペックについては、クワッドモーターから1,914馬力を発生し、0−60マイル加速は1.85秒、0−100km/h加速は1.97秒。

8

0−300km/h加速は9.3秒、ゼロヨン加速は8.6秒、最高速は412km/hだと発表されています。

4

リマック・ネヴェーラはEVとしての実用性も申し分ない

そして気になるEVとしての実用性ですが、搭載されるバッテリーは120kWh、一回の満充電あたりの走行可能距離は550km(WLTPサイクル)。

もちろんこのバッテリーはリマックの独自技術が反映された自社開発品です。

5

充電システムは500kWの急速充電に対応しており、0%から80%までの充電時間は22分。

6

車体構造はカーボンファイバー製モノコック、車体重量は2,150kg(さすがにEVなので重い)、前後の重量配分は48/52だとアナウンスされています。

7

その強力なパワーとトルクを受け止めるのはブレンボ製のカーボンセラミックディスクブレーキとなりますが、このブレーキシステムが加熱すると、回生ブレーキの効きを強めるというフェード対策も持っているようですね(この回生ブレーキは市販車中もっとも強力だとされている)。

2

リマック・ネヴェーラのインテリアはこうなっている

そしてこちらはリマック・ネヴェーラのインテリア。

メーター、センターのインフォテイメントシステム、そして助手席にもディスプレイ。

16

ディへドラルドアを採用し、下側の開口部が車両中央に大きくえぐられているため、乗降性は良さそうですね。

15

インテリアはカーボンファイバー、そしてレザー製。

14

バルクヘッドにはシリアルナンバーと思われるナンバリング。

13

スイッチ類はちょっと独特な形状。

その後ろにはタッチパッドのようなデバイスも見えますね。

12

おそらくは今後徐々に公開されると思われますが、スマートフォンとの連携にて様々な機能をコントロールできそう。

なお、キーにもいろいろな機能があるようです。

11

リマック・ネヴェーラは150台限定となり、価格は200万ユーロ(日本円で2億7000万円)。

それぞれのモデルにはリマックCEO、メイト・リマック氏のサインが入り、グレードは「GT」「シグニチャー」「タイムレス」の3つ。

なお、相当数のオプションが用意されるほか、基本的にオーダーメイド扱いになるものと思われ、「同じ仕様のクルマは2台としてない」と言われます。

リマック・ネヴェーラのプロモーション動画はこちら

合わせて読みたい、リマック関連投稿

リマックCEO「C_Twoが完売したと言われるが、それは正しくない。製造前にハイパーカーを完売させることができるのはフェラーリくらいのものだ」

| ただしあと何台受注枠があるのかはわからない | 現代において錬金術を成し遂げたとも言えるクロアチアの新興EVメーカー、リマック・アウトモビリ。メイト・リマック氏によって設立された新しい会社ではあり ...

続きを見る

リマックが新社屋を建設
リマックが新社屋の計画を公開。「敷地内には牛や羊を放牧」「周囲にはドリフト可能なサーキット」。なお建設予定地は創業者が憧れを抱いていた城の近く

| リマックの成長は「神話」だといっていい | さて、リマックが本社社屋を新しく建設する、と発表。その場所はリマック創業者、メイト・リマック氏出身の地でもあるクロアチア(ザグレブ近郊)で、今回本社を建 ...

続きを見る

リマック・コンセプト・ワン
ポルシェがリマックへの投資を拡大し出資比率が24%へ!ポルシェはリマックに「稼いでもらう」ことで収益源として活用したい意向のようだ

| 一時、ポルシェはリマックの技術を手に入れるためにリマックを買収すると言われたが | ポルシェはこれまでにもリマックへと投資を行い、15.5%の出資比率を持っていたものの、今回7000万ユーロをリマ ...

続きを見る

参照:RimacAutomobili

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->その他の国の車
-, , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5