ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>ランボルギーニ ■そのほか自動車関連/ネタなど

【動画】ニュルで”2番めに”7分を切った市販車、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがラリークロス用レーシングカー3台と加速対決!その結果やいかに

投稿日:2021/06/16 更新日:

かつてのニュル王者、ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがラリークロス用レーシングカー3台と加速対決

| 動画を見ていると、レーシングカーには独特のナーバスさがあるようだ |

そしてレーシングカーとは、たとえ市販車がベースであっても、乗用車とは別モノである

さて、時折「よくこんなクルマを引っ張ってきたな」と思わせる企画を実現させる英国Carwow。

今回はランボルギーニ・アヴェンタドールSV(今回のメンバーの中では一番普通に見える・・・)と英国ラリークロス選手権を走る3台のレーシングカーとを競争させるという動画を公開しています。

なお、アヴェンタドールSVはかつてポルシェ918スパイダーについで「ニュルブルクリンク7分切り」を達成したクルマで、搭載される6.5リッターV12エンジンは750馬力を発生し、0-100キロ加速をわずか2.9秒で駆け抜けるというスーパーカー。

そのアヴェンタドールSVがレーシングカー相手にどういった勝負を展開するのかを見てみましょう。

4

メルセデスAMG GT ブラックシリーズ
【随時更新】ニュルブルクリンクのラップタイム最新版。ランキング100位までを見てみよう

この2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮この記事のもくじこの2年ほどでニュルブルクリンクのラップタイムは大きく短縮ニュルブルクリンクのタイム計測方法は2020年から変更それではニュル ...

続きを見る

ラリークロス用レーシングカーはスタートに苦戦

なお、ラリークロスは欧州にて人気の高い競技であり、一般的なラリーと異なるのは「クローズドコースで戦われる」ということ。

そしてクローズドコースは舗装路(ターマック)やグラベル、ジャンプ台などを組み合わせた「見どころ満載」のレイアウトを持っており、ショー的要素が強いことも人気の秘密なのかもしれません。

さらに、(舗装された)サーキットにて行われるレース、はたまたラリー競技の人気ドライバーもラリークロスに多数参戦しており、これもまたラリークロス熱を高めている一つの要因なのでしょうね。

2

やはりレーシングカーのパフォーマンスはハンパなかった

そこで実際にランボルギーニ・アヴェンタドールSV、そしてシトロエンDS3、ラリークロスバギー、プジョー306というラリークロス用のレーシングカーとが競った結果ですが、これらレーシングカーはスタートが非常に難しいようで、スタートの成否によってその結果が大きく変わっています。

3

ただしローリングスタートではそういった苦労もないためにアヴェンタドールは大きく差をつけられることになり、(ラリークロスバギーを除くと)いかに市販車と言えどもレーシングカーは「市販車とは完全に異なる乗り物である」ということもわかりますね。

1

なお、ラリーというといつもぼくが思い出すのが「グループB」。

市販車ベースではあるもの、FFコンパクトハッチをミドシップに改造したりということが許されたあのカテゴリですが、ラリークロスにもこういった「改造ほぼ無制限、基本レイアウトの変更もOK」なクラスを作ったりするともっと盛り上がるのかもしれない、と考えたりします。

また出た80年代グループBの変態車、「MGメトロ 6R4」。なんと未走行、競売での予想落札価格は3300万円

| 80年代のグループBラリーカーは”なんでもあり”だった | 1985年製、MGメトロ 6R4 グループBラリーカー”未走行車”がオークションに登場予定。もともとこの「MGメトロ 6R4」はグループ ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールSVがラリークロス用車両と加速を競う動画はこちら

参照:carwow

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->ランボルギーニ, ■そのほか自動車関連/ネタなど
-, , , , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5