>アストンマーティン(Astonmartin)

【動画】このクルマ、これでも合法なんか・・・。あのユーチューバーによる、まさかのアストンマーティン・ヴァルキリーの試乗レビューが公開

投稿日:

このクルマ、これでも合法なんか・・・。あのユーチューバーによる、まさかのアストンマーティン・ヴァルキリーの試乗レビューが公開

| ただし、いかにShmee150氏といえども自身での運転は許されず、「同乗」にとどまる |

そのサウンドは室内から聞いても常識はずれだった

さて、おそらくはロードカー史上もっとも過激なクルマ、アストンマーティン・ヴァルキリー。

F1での「禁じ手」を盛り込んだり、”鬼才”エイドリアン・ニューウェイのデザインによる車体を持っていたり、自然吸気エンジン史上最高と言われる出力を誇るV12エンジンを搭載したりと話題には事欠かず、おまけにアストンマーティンいわく「F1マシンよりも速い」。

さらにはとんでもなく運転が(現段階で)難しいということも報じられており、あらゆる意味でハードルが高いクルマとなりそうですね。

なお、遅れていた生産も今年後半には開始され、数年かけて予定生産台数の150台を消化することになるものと思われます。

アストンマーティン・ヴァルキリーの開発が難航中。信頼性に問題、そして「極めて運転が難しい」。まさか発売できないということは無いと思うが

| やはりミドシップスポーツの開発は相当に難しいようだ | さて、困難な状況が続くアストンマーティンですが、今回さらに追い打ちをかけるかのような報道が。アストンマーティンは2016年にハイパーカー「ヴ ...

続きを見る

我らがユーチューバー、Shmee150氏が同乗走行に成功

そして今回、最も有名なスーパーカー系ユーチューバー、Shmee150氏がアストンマーティンへと招かれることになり、その実車レビューに加えて同乗走行が許されることに。

この個体はボディパネルがヴィジブルカーボンとなる「VP8」と呼ばれる仕様なのだそう。

11

あちこちはまだ「開発途中」といった雰囲気が漂います。

10

どうやったらこんな形状を考えつくんだろうな・・・というデザインがあちこちに。

9

とくにエアロダイナミクスに関するデザインは注目に値し、「クルマの外」の空気を効率よく流すことはもちろん、「クルマの中」にも積極的にエアを取り入れ。

そして「大型リアウイングなし」でも高いダウンフォースを発生する秘密はこういったところにもありそうですね。

1

メルセデスAMG「プロジェクト・ワンはダウンフォース700kg」→マクラーレン「800kg」→アストン「1800kg」

| すっかり影が薄くなったAMG Project One | メルセデスAMGがそのハイパーカー「プロジェクト・ワンは700キロのダウンフォースを発生」と公開。 あれ?プロジェクト・ワンはもう発表され ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリーのコクピットは過酷だった・・・

Shmee150氏はひととおりアストンマーティン・ヴァルキリーの外観をチェックした後、いざコクピットへ。

ちなみにこちらがドアを開けた状態です。

2

なお、乗降の際にはボディのサイド部分と必ず摩擦が生じることになり、ここにはプロテクションテープを貼っておく必要があるものと思われます。

6

シートの形をした薄いカーボンの「板」の上に、なけなしのクッションが貼ってあるだけというシンプルな仕様。

7

なんとか頑張って足を入れ・・・。

5

無事に収まりそうだ!

4

ちなみに室内はこう。

完全に乗員二名が触れ合っている状態であり、スキンシップを高めたい場合には最適なクルマなのかもしれません。

なお、アストンマーティン・ヴァルキリーを運転するのは同社のレーシングドライバー、ダレン・ターナー氏。

搭載されるコスワース製V12エンジンのサウンドたるや文字通り「レーシングカー」であり、Shmee150氏は何かを叫んでいますがまったく聞き取れず(乗員同氏の会話にはインカムが必要だと思われる)。

3

こちらは足元(ヴァルキリーの足元スペースを捉えた動画はかなり珍しい)。

ヴァルキリーのインテリアは成人の95%以上の体型をカバーできるとアナウンスされているものの、なんとか収まったとしても、そうとうに窮屈な思いを強いられそうですね。

30

アストンマーティン・ヴァルキリーはこうやって乗る。その敷居の高さを動画で紹介

アストンマーティン・ヴァルキリーは乗り込むにも一苦労 人気ユーチューバー、Shmee150氏がドバイに展示中のアストンマーティン・ヴァルキリーをレポート。 外装、インテリアともに動画にてレビューを行っ ...

続きを見る

世の中にはケーニグセグやパガーニといったメーカーが送り出すハイパーカーが存在し、しかしおそらくこのヴァルキリーほど割り切った仕様を持つ極端なクルマもほかにはないのかも。

そしてエレクトリック時代になるとまず登場し得ないクルマだとも考えられ、ガソリンエンジン時代における、アストンマーティンからの「最後の贈り物」だと考えていいのかもしれません。

アストンマーティン・ヴァルキリーを紹介する動画はこちら

合わせて読みたい、アストンマーティン・ヴァルキリー関連投稿

アストンマーティン・ヴァルキリーのエンブレム流出!厚さ40ミクロン、重量0.4グラム。「ステッカーはふさわしくない」という理由で超高級腕時計と同じ精度で製作される

| これが現在の技術で加工できる「限界の薄さ」 | アストンマーティンが、そのハイパーカー「ヴァルキリー」に使用するエンブレムの画像そして詳細が流出(おそらくはオーダーした顧客に向けた機密書類がリーク ...

続きを見る

【動画】これが世界最大のアストンマーティンディーラー!「ヴァルキリーオーナーの25%がスペアエンジンをオーダー」「エンジン1基2200万円」など驚愕の事実が明らかに

| 標準仕様のヴァルキリーでもF1マシンに比較し95%の速さ、そしてサーキット走行専用モデルではF1よりも速い | 2016年のF1ワールドチャンプ、ニコ・ロズベルグが、スイスにあるアストンマーティン ...

続きを見る

アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開
【動画】アストンマーティンがAMR21発表、同じカラーのヴァルキリーも公開に。両者の共通点についても語られる

| アストンマーティンは今、大きな過渡期に差しかかっている | さて、アストンマーティンが2021年シーズンを走るF1マシン「AMR21」とともに、F1マシンと同じアストンマーティン・レーシング・グリ ...

続きを見る

参照:Mr JWW, Shmee150

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->アストンマーティン(Astonmartin)
-, , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5