>ランボルギーニ(Lamborghini)

【動画】ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場

投稿日:

ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」。なんとお披露目にはフェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニが登場

| ファビオ・ランボルギーニは現在、フェルッチオ・ランボルギーニ博物館の館長を務める |

ただしアウトモビリ・ランボルギーニがこれを認めたわけではないと思う

さて、ランボルギーニはアヴェンタドールの最終モデル「LP780-4 Ultimae」を発表したところですが、今回はアフターパーツメーカー、Huber(フーバー)がアヴェンタドールのコンプリートカーである「Era(エラ)」を発表。

このフーバー・エラは21台のみが製造されるそうで(要アヴェンタドール持ち込み)、そのコンバージョン費用は30,000ユーロ(日本円で3,890,000円くらい)だとアナウンスされています。

ランボルギーニ創業者の甥、ファビオ・ランボルギーニが式典に登場

なお、今回このフーバー・エラが公開されたのは英国で、ピンポイントでいうとデビッド&ヴィクトリア・ベッカム夫妻が所有していた屋敷にて。

多数のランボルギーニオーナーが集まっているようですが、庭にはロケットやヘリコプターが置かれており、現在どういった使い方がなされているのか不明です。

11

そこでフーバー・エラのアンヴェールとなりますが・・・。

9

なんと登場したのはランボルギーニ創業者、フェルッチオ・ランボルギーニの甥、ファビオ・ランボルギーニ!

10

そしてヴェールを外し・・・。

8

登場したのがフーバー・エラ。

7

見たところフロントバンパーが交換され、ウイングレット、そして大きく突き出たスプリッターが装備されています。

5

リアセクションも入れ替えられ、「HUBER」と文字の入ったカーボン製エンドパーツが装着。

1

リアウイングは固定式で、左右エッジにはイタリアンカラーにてアクセントが入ります。

3

インテリアはほぼ変更がないようにも見えますね。

2

ファビオ・ランボルギーニはフェルッチオ・ランボルギーニ・ミュージアムの管理人

なお、このファビオ・ランボルギーニは現在フェルッチオ・ランボルギーニの管理人を努めているそうですが、現在イタリアには2つの「ランボルギーニ博物館」が存在します。

ひとつはランボルギーニ公式の「MUDETEC(ランボルギーニ・ミュージアム・オブ・テクノロジーズ)」、そしてもうひとつが上述の「 フェルッチオ・ランボルギーニ・ミュージアム 」。

ランボルギーニが博物館を再オープン、そしてシアン・ロードスターの機能を説明する動画を公開。けっこう意外な装備もあるようだ

| さすがシアンはランボルギーニのフラッグシップだけあって技術の見本市状態 | ランボルギーニはコロナウイルスの影響にて閉館していたランボルギーニ博物館(ランボルギーニ・ミュージアム・オブ・テクノロジ ...

続きを見る

このフェルッチオ・ランボルギーニ・ミュージアムは(自動車メーカーの)ランボルギーニ公式ではなく、ランボルギーニ創業者一族による運営となっていますが、現在のランボルギーニは、創業者とは資本的に関係のない企業です(会社自体は変わっていないが、経営者が完全に入れ替わった)。

自動車メーカーとしての「アウトモビリ・ランボルギーニ」は1963年にフェルッチオ・ランボルギーニによって設立されていますが、自身は1971年に同社の株式のうち51%を手放し(カウンタックの発売前)、1974年には残る49%も手放して「完全に」縁を切ることに。

021-04-28 19.24.10

ランボルギーニの知られざる事実15選。「身売りして数年後に倒産」「デザインモチーフは虫」

lamborghini 「ランボルギーニの知られざる15の事実」が動画で公開。 ランボルギーニは創立50周年をつい最近迎えたばかりの(自動車メーカーとしては)新しい会社で、1964年に最初の車「350 ...

続きを見る

引退後はバラの栽培とワインの製造に情熱を傾けることになりますが(ワインは今でも生産され続け、購入が可能)、その後アウトモビリ・ランボルギーニはロセッティ、イタリア政府管理、ミムラン、クライスラー、メガテック、Vパワー、そして現在のアウディといった具合に親会社のもとを転々。

会社としてのランボルギーニそのものは58年の歴史を持つものの、フェルッチオ・ランボルギーニが携わっていたのはわずか11年ということになり、創業者によって経営された時代はかなり短かったという事実に驚かされます。

ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダー新調。「ランボルギーニのワイン」のコルクを再利用した低価格版

ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダーをさらに変更 さて、ランボルギーニ・ウラカンのキーホルダーをちょっと変更。 これまでにも何度か変更しているものの、今回使用したのは「コルク」。 このコルクはランボ ...

続きを見る

ランボルギーニは設立動機が明確な自動車メーカー

ただ、ランボルギーニは「世界で最も設立の理由が明確な自動車メーカー」だと言われ、それはつまり「自身のフェラーリが壊れ、そのクレームをエンツォ・フェラーリのところへと言いに行ったら、”成金のトラクター野郎は家に帰ってトラクターでも作ってろ”と言われ、憤慨したフェルッチオ・ランボルギーニが、フェラーリに負けないクルマを作ろうと思った」というもの。※ただしフェイク説もアリ

ランボルギーニの真実が今ここに。「フェルッチオはフェラーリに抗議に行かなかった」

| フェラーリに怒鳴り込みに行ったというのが定説だったが | 東洋経済オンラインにて「ランボルギーニはなぜここまで急成長したか」という記事が掲載に。 過去12年で販売台数が15台になった、ということを ...

続きを見る

そういった有名な逸話もあってか、経営していた期間は短かったにもかかわらず、フェルッチオ・ランボルギーニは今でもランボルギーニのDNAの一部として扱われており、現在でもランボルギーニのサイトには「キーパーソン」としてコンテンツが掲載されています。

021-04-28 19.24.18

105年前の今日(4月28日)、ランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ランボルギーニが生まれる
105年前の今日(4月28日)、ランボルギーニ創業者、フェルッチョ・ランボルギーニが生まれる。10年しか会社にいなかったのに現在にいたるまで「ランボルギーニの顔」として語り継がれるほどの豪傑

| フェルッチョ・ランボルギーニは様々な才能に長けた人物だったようだ | ランボルギーニによれば「2021年4月28日、ランボルギーニの創業者であるフェルッチョ・ランボルギーニの生誕105周年を迎えた ...

続きを見る

加えて、先日ランボルギーニが発表した新しい未来に向けての計画「ディレッツォーネ・コル・タウリ」の”コル・タウリ”は、フェルッチオ・ランボルギーニの星座である牡牛座のなかで最も明るい星だと紹介されており、今に至るまでフェルッチオ・ランボルギーニが強い影響を及ぼしているということもわかりますが、40年以上も前に会社を去ったにもかかわらず、今なおその会社の中心的価値を成している経営者というのも珍しいかもしれませんね。

レゴテクニックによる「実物大」ランボルギーニ・シアンFKP37が完成
ランボルギーニが2025年までのロードマップを発表!2024年にはガソリン車を全廃し全車ハイブリッドに、そして2025年以降には「初の」EVを発表

| ランボルギーニは新たなる新天地「コル・タウリ」を目指す | ついに「第4の」ランボルギーニ投入計画が具体的に さて、ランボルギーニが予告通り「将来のヴィジョン」について公開。これはランボルギーニC ...

続きを見る

ランボルギーニ・アヴェンタドールのコンプリートカー「フーバー・エラ」を紹介する動画はこちら

参照:Huber Automotive

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ランボルギーニ(Lamborghini)
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5