>ポルシェ(Porsche) ■そのほか車関連のネタなど

【動画】80年代のビッグネーム「ゲンバラ」はなぜ落ちぶれ、創業者は殺害されねばならなかったのか?そしてなぜ息子は「ゲンバラ」を名乗れないのか

投稿日:2021/08/02 更新日:

80年代のビッグネーム「ゲンバラ」はなぜ落ちぶれ、創業者は殺害されねばならなかったのか?そしてなぜ息子は「ゲンバラ」を名乗れないのか

| ゲンバラ創業者、ウーヴェ・ゲンバラ殺害のニュースのインパクトは今でも忘れない |

数ある自動車チューナーの中でも、これほどまでに闇を抱えた企業は他にない

さて、先日発表されたばかりの「マーク・フィリップ・ゲンバラ・マーシャン」。

これはポルシェのチューニングで有名だったゲンバラ創業者、ウーヴェ・ゲンバラの息子であるマーク・フィリップ・ゲンバラが立ち上げた会社によるプロジェクトであり、「ゲンバラとは無関係」であることが記されています。

自身の父親の会社を引き継げないのはなぜ?と考えてしまいますが、これについてドーナツメディアが様々な情報を元に解説を行っており、その内容を簡単に紹介したいと思います。

マーク・フィリップ・ゲンバラが40台限定、ポルシェ911のオフローダー「マーシャン」発表
マーク・フィリップ・ゲンバラが40台限定、ポルシェ911のオフローダー「マーシャン」発表!外装はポルシェ959、内装はカレラGTへのオマージュ

| ポルシェファンはコンプリートカーを嫌う傾向にあるが、これはさすがに「別」かもしれない | マーク・フィリップ・ゲンバラのニューモデル・マーシャンの「すでに半数」が売れているという さて、先日より話 ...

続きを見る

当時、ゲンバラは先進的なチューナーだった

ゲンバラが人気を博したのは1980年代ですが、この頃は富裕層や、他人が持っていないものを求める人々に対して非常に人気があったといい、さらにはその「行き過ぎた(やりすぎた)超高性能、ワイルドなルックス」が大きく支持を集めたようですね。※当時の貨幣価値を現代のレベルに換算すると、ゲンバラのコンプリートカーは2億円近いレベルであったようだ

2021-08-01 12.08.50

そして同社のクルマにはバックカメラやFAXまでもが搭載されており、こういった「当時、あまりに先進的だった」クルマに対しても大きな関心が集まっていた時代であった模様。

2021-08-01 12.08.40

しかしながら、そういったゲンバラの過激さは90年代に入ると流行遅れとなり(ナチュラルでシンプルなものが好まれた時代でもある)、さらに2000年代に入ると一気に売上は減少。

ただ、この時期はブラバスやRUFといったチューナー、コンプリートカーメーカーが軒並み人気を失っているので、ゲンバラのみの問題でははなかったのかもしれません。

021-08-01 12.09.31

そしてトドメはエンツォフェラーリをロシアのMIG戦闘機風にカスタムしたコンプリートカー「MIG-U1」を発表し、これによって「フェラーリをみごとなまでにダメにした」という評価を受けることになり、ゲンバラは多額の負債を抱えて倒産の危機に瀕することに。

08-01 12.09.38

【動画】世界に一台、エンツォフェラーリベースのカスタムカー「ゲンバラMIG-U1」。その他カレラGT”ミラージュ”3台がドバイの砂漠に集う

| MIG-U1は「世界に一台」といえど、あまり値が付きそうにない | 様々なスーパーカー、ハイパーカーを世界中から紹介してくれる女流ユーチューバー、スーパーカーブロンディさん。今回は中東からなんと「 ...

続きを見る

そこから事態は急変する

そしてこのMIG-U1発表された数週間後にウーヴェ・ゲンバラは姿を消してしまい、その後に「失踪、そして死亡」が発表されることに。

なお、この死亡については「殺害(南アフリカで発見されたと報じられたように思う)」というオマケつきで、これが大きく報じられることで一気に「黒いウワサ」が広がることとなります。

一説では、マフィアからお金を借りたものの、返済できずに殺害されたとも言われていますね。

2021-08-01 12.09.58

その後ゲンバラの資産は差し押さえられることになり、元会社役員のアンドレアス・シュワルツと外部投資家のステファン・コーバッハに売却され、その後まもなく彼らは(ゲンバラの)ビジネスを再開。

この時点ではさらに様々な憶測が登場し、よって新生ゲンバラはウーヴェの名をウエブサイト等から削除することとなっています。

2021-08-01 12.10.07

こういった経緯があり、ウーヴェ・ゲンバラの立ち上げた「ゲンバラ」はもはやもとのゲンバラではなく、よってマーク・フィリップ・ゲンバラは法的に「もともとのゲンバラと混同されないよう」、自身の会社を立ち上げることになったようですね。

ポルシェチューナー「ゲンバラ」が独自設計のスーパーカー計画を発表。ミドシップ、800馬力の「過激で、高級な」エクストリーム仕様

| ゲンバラは困難な道を乗り越えてここまで来た | ポルシェを専門にチューン/カスタムを行ってきたゲンバラ。1972年にウーベ・ゲンバラ氏によって創業され、1981年に最初のコンプリートカー(ポルシェ ...

続きを見る

ゲンバラのイザコザを解説するドーナツメディアの動画はこちら

合わせて読みたい、ゲンバラ関連投稿

なぜ今?ゲンバラが2006年に生産を終了したポルシェ・カレラGTのコンプリートカー「ミラージュGT」の新車を発表

| 内外装には”今風”のカスタムが施される | ゲンバラはポルシェのチューンにおいて長い歴史を誇り、カレラGTといった希少モデルまでも手がけることで知られます。そしてなぜか今になってカレラGTのコンプ ...

続きを見る

ドバイにて、ゲンバラ・ミラージュGT
まるで悪魔のようなルックスだ!世界限定25台、ポルシェ・カレラGTのコンプリートカー「ゲンバラ・ミラージュGT」がドバイにて販売中

| ミラージュGTはそれぞれ顧客の指定したスペックにて製造されており、同じ仕様は存在しないとされている | さて、ドバイには数々のスーパーカー/ハイパーカーが(個人やショップにて)多数保管されているこ ...

続きを見る

改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600
改造費用は2450万円!ゲンバラがポルシェ911ターボ(993)をチューンした「公道を走るル・マン・レーサー」、GTR600が競売に

| けっこう高く評価されていて、現在1700万円超まで価格が上昇中 | さて、現在「お家騒動」で揺れるゲンバラですが、今回1990年代に製作された「ゲンバラ600GTR」が競売に登場。もともとは「普通 ...

続きを見る

参照:Donut Media

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->ポルシェ(Porsche), ■そのほか車関連のネタなど
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5