ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)

【動画】充電完了直後のVW製EV、ID.3が発火→炎上。閑静な住宅地で他車を巻き込んで燃え尽きるも、こういった場合の補償が「自分持ち」だとちょっと怖い

投稿日:2021/08/24 更新日:

フォルクスワーゲンID3が炎上

| 自動車メーカーとしては、完全に過失が証明されない限りは補償を行わないものと思われる |

もし火災の損害額を自分で負担することになると、それはあまりにも恐ろしい

さて、オランダにてフォルクスワーゲンID.3が全勝するという事件が発生。

これはオランダはフローニンゲンにて発生したと報じられていますが、見ての通り「全焼」状態です。

状況としてはドライバーが充電ソケットを車両から抜いた瞬間に「車内から」発火したとされ、オーナーの女性はすぐに車内に乗せていた子供を降ろして安全な場所へと避難し、そこで消防へと連絡することとなった模様。

2021-08-22 8.47.48

見たところ完成な住宅地の一角にて炎上しており、もうもうと上がる黒煙が異様な雰囲気です。

あまりに炎の勢いが凄まじかった

そして炎はあっと言う間に燃え広がり、消防隊が駆けつける前にはすでにこんな感じ。

2021-08-22 8.47.58

車体の全体が燃えていて手がつけられないといった燃え方です。

2021-08-22 8.48.09

消防隊が到着するも、いったいどうしたものかと考えているような雰囲気ですね。

021-08-22 8.48.22

そしてなんとか消火。

2021-08-22 8.48.26

辺り一帯を封鎖していますが、バッテリーは一度鎮火してもまたショートなどで再発火することがあるといい、念のための処置なのだと思います。

2021-08-22 8.48.35

燃え尽きたID3はこちら。

なお、EVの発火は世界中でいくつか報じられており、有名なのはヒュンダイ・コナ・エレクトリック。

そのほか、シボレー・ボルトのバッテリーモジュール交換も(発火の可能性があるため)発表されており、今後EVがどんどん発売され路上を走るようになると、これまでになかった問題が報じられるようになるのかもしれません。

このフォルクスワーゲンID.3についてはほかに炎上の例はないといいますが、もし構造的欠陥があるとすると、同じシャシー(MEB)を採用するID.4など他車種にも発火の危険性があるということになり、フォルクスワーゲンとしては大きな損失を被る可能性も。

021-08-22 8.48.57

なお、今回は路肩の充電施設にて充電を行った際の発火ということで、後ろにはやはりEVの日産リーフも。

もちろんリーフも無傷では済まなかったわけですが、公共充電施設で発火しても他のクルマに損害を与えることになり、自宅で充電中に発火したとしても自身の家屋が損壊することに。

2021-08-22 8.48.44

こういった責任は「誰が取るのか」現在は明確ではないものと思われ、しかし自動車メーカー側は「原因が自社にあると明確に証明されない限り」補償を行わないものと思われます。

となるとユーザーは「自動車メーカーの過失があると証明されるまでは」自身で損害額を立て替える必要があり、それでは「あんまり」なのかもしれません。

2021-08-22 8.48.51

フォルクスワーゲンのEV「ID.3」が完全に燃え尽きる動画はこちら

合わせて読みたい、ハイブリッドカーの炎上関連投稿

国がEVを推進するのに対して消防署は「EVの事故や火災に対する対処法が不十分」。このままEVが増加すると現場が対応しきれなくなることに

「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務この記事のもくじ「EV」「ハイブリッドカー」の火災に対するマニュアル拡充が急務実際にEVの火災は少なくはない中国製バッテリーは危険性をはら ...

続きを見る

ヒュンダイがEV発売→世界中で大人気に→世界中で炎上・爆発→全世界77,000台の大量リコール【コナ・エレクトリック】

| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |この記事のもくじ| オーストラリアではガレージのドアが道路の反対側に吹っ飛んでゆくほどの大爆発 |ヒュンダイ・コナ・エ ...

続きを見る

EVは燃えだすと手がつけられない!中国にて、駐車中の電動バスが突如発火、次々4台が燃え尽きる
【動画】EVは燃えだすと手がつけられない!中国にて、駐車中の電動バスが突如発火、次々4台が燃え尽きる

| ここまでの勢いで燃えるのはやはり電気自動車ならでは |この記事のもくじ| ここまでの勢いで燃えるのはやはり電気自動車ならでは |さらには炎の勢いが強すぎて隣のゴミ箱まで燃えてしまう最初は何事もなか ...

続きを見る

参照:Meternieuws

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

  • この記事を書いた人

JUN

人生において戻せないもの、それは4つ。「失われた機会、過ぎ去った時間、放たれた矢、口から出た言葉」。とにかくチャレンジ、しかし紳士的にありたいと思います。

->VW(フォルクスワーゲン/Volkswagen)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5