>フェラーリ(Ferrari)

【動画】世界に一台!希少なフェラーリP4/5に容赦なく水や泡をぶっかけて洗車。見ているこちらのほうがハラハラする

投稿日:

世界に一台!希少なフェラーリP4/5に容赦なく水や泡をぶっかけて洗車。見ているこちらのほうがハラハラする

| いつ見ても、エンジンルームに水を掛ける様子は心臓によろしくない |

それにしても、この希少なフェラーリのオーナーが「日常的にこれに乗っている」ことに驚かされる

さて、フェラーリコレクターとして知られるジェームズ・グリッケンハウス氏が所有するワンオフモデル「フェラーリP4/5」。

これはフェラーリが直接カスタムしたものではなく、フェラーリのデザインを(当時)担当していたピニンファリーナの手によるもので、ベースは400台のみが生産された「エンツォ・フェラーリ」。

このフェラーリP4/5は、ジェームズ・グリッケンハウス氏がピニンファリーナに製作を依頼することで実現したプロジェクトですが、なんと同氏は「もう一台」このレーシングバージョンをピニンファリーナへと発注しています(そちらのベースはエンツォフェラーリではなく430スクーデリア)。

1

フェラーリは「この存在を知らなかった」

なお、ピニンファリーナは長らくフェラーリのデザインを担当してきたことで知られ、しかしフェラーリとの契約内容は「屈辱的」なものだったといい、いわば(支払われる報酬を含めて)フェラーリの隷属的な扱いを受けていた模様。

それでもピニンファリーナがフェラーリとの契約を解除したがらなかったのは「フェラーリのデザインを行っている」という肩書が非常に強力であり、そのためフェラーリのカスタムを依頼する例があとを絶たなかったからだといいます。

ピニンファリーナの顧客リストの中にはブルネイ王室も名を連ねますが、もちろんこのジェームズ・グリッケンハウス氏もその一人であり、このフェラーリP4/5のみでも約4億5000万円にて販売されていることを考えると、ピニンファリーナがフェラーリの威光をありがたがったことも理解できますね。

フェラーリ456GTワゴン「ヴェニス」が目撃される!ブルネイ王室がオーダーした特別仕様
超希少、フェラーリ456GTワゴン「ヴェニス」が目撃される!ブルネイ王室がオーダーした特別仕様で価格は1台1.75億、なんと7台同時に発注した模様

| ただし目撃されたフェラーリ456GTヴェニスはこのシルバーの個体1台のみ | さて、フェラーリ456GT「ワゴン」がロンドンの路上にて目撃。このフェラーリ456GTワゴンはブルネイの王族(スルタン ...

続きを見る

ただ、このフェラーリP4/5について、フェラーリは「(制作されることについて)何も知らなかった」といい、ピニンファリーナがフェラーリに黙ってこのクルマを作ったというのはかなり意外。

というのもフェラーリP4/5のデザインイメージはフェラーリP3/4だとされ、このP3/4はフェラーリが1960年代後半に製作したレーシングカー(後に412Pと呼ばれる)だからであり、このデザインをピニンファリーナが「フェラーリに黙って」使用したということになるため。

下の画像がフェラーリP3/4(412P)ですが、これと比較すると、フェラーリP4/5はこの特徴をよく捉えており、うまく現代風に解釈しているようにも思います。

781f8915721070c6799b2de88d57106c-700

なお、このフェラーリP4/5について興味深いのは、リアフェンダーとルーフ(キャノピー)との境界線。

これは2013年発表のラ・フェラーリとの類似性が見られ、P4/5ではその7年前にこのデザインを再現していたということになりますが、ラ・フェラーリはピニンファリーナではなくフェラーリの「内製」デザインだとされ、しかし同様のデザインを持つところはちょっと「謎」でもあります。

2

ジェームズ・グリッケンハウスとは

そしてこういった大金を支払えるジェームズ・グリッケンハウス氏について、同氏は様々な肩書をもつものの、もっとも有名なのは「映画監督」として。

そして最近では「スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス」を主宰し、バハ1000に出場するためのスーパーオフローダーや、SCG003やSCG005といったスーパーカーを発売しており、さらにはル・マン24時間レースに出場するためのハイパーカーも公開しています。

15

ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ
ル・マン・ハイパーカークラスに一番乗りで参戦を表明したSCG。そのSCG007の公道走行版を発売し、「市販車でのニュル6分切り」を狙っているようだ

| ただしスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス 007S(ストリート)の価格は2億5000万円 | さて、ル・マン24時間レース「ハイパーカークラス=LMH」にさっそうと名乗りを上げたアメリカの ...

続きを見る

なお、ジェームズ・グリッケンハウス氏はピニンファリーナに思い入れがあるのか、ちょっと前にはピニンファリーナのコンセプトカー「モデューロ(車高が93センチしかない)」を購入してレストアしたことも。

クルマ好きがこうじて自ら自動車メーカーを立ち上げたり、レストアを行ったりという行動力には驚かされますね。

フェラーリコレクターが1970年のコンセプトカー「モデューロ」をレストア。はじめて走行に成功させる

| このプロジェクトを成功させたのは”あの”ジェームズ・グリッケンハウス | 1970年に製造され、大阪万博にも展示された「フェラーリ・モデューロ」がレストアされて走行する姿を披露。 レストアを行なっ ...

続きを見る

フェラーリP4/5はこうやって洗う

そして今回、アメリカのカーディティーリングショップ、AMMOがこのフェラーリP4/5のディティーリングを依頼されたわけですが、まずはスクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス氏の元を訪れてこのフェラーリP4/5を引き取ることに。

なお、驚くべきことに、同氏はこの「世界に一台」しかないフェラーリP4/5を普通に乗っていたようですね。

13

エキゾーストパイプは上方にも2本突き出ていますが・・・。

14

下からも2本。

12

フェラーリの跳ね馬(プランシングホース)は立体ではなくペイント仕上げ。

11

まずはフォーム(泡)を吹き付け・・・。

10

洗車開始。

7

ホイールもしっかり洗います。

9

エンジンルームにもフォームや水をバンバンかけていて、その勢いは見ているこちらがちょっと心配になるほど(AMMOは経験上「大丈夫」だと理解しているのだと思われるが、やっぱり心配)。

6

シートもスチーム洗浄。

5

ダッシュボードとフロントウインドウの隙間に手が入らない!

この苦悶の表情がすべてを物語っているようですね。

3

そのあとは傷んだ塗装を徹底的に磨き上げます。

4

塗装されている部分であれば車体裏側であってもしっかりポリッシュ。

31

世界に一台しかないフェラーリP4/5を磨き上げる動画はこちら

参照:AMMO NYC

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5