■服や小物、時計、雑貨など ■近況について

ロレックスGMTマスターII 126710BLNRを購入!かつてボクが最初に購入したロレックスもGMTマスターII、そしてその思いは「世界を股にかけるビジネスマンになりたかったから」

投稿日:

ロレックスGMTマスターII 126710BLNRを購入!かつてボクが最初に購入したロレックスもGMTマスターII、そしてその思いは「世界を股にかけるビジネスマンになりたかったから」

| GMTマスターIIはボクにとって特別なロレックスでもある |

以外にもジュビリーブレスのロレックスはボクにとって「初」

さて、ロレックスGMTマスターII 126710BLNRを購入。

2019年に発売されたジュビリーブレス採用モデルで、ベゼルは「ブルーとブラック」です。

参考までに、ぼくが最初に購入したロレックスの腕時計はGMTマスターIIで、その際の購入価格はなんと48万円、5年ほど経過した後の売却価格は24万円だったと記憶しています。

ちなみにこの「48万円」はけっこう値引きされた金額であり、当時は新品のロレックスのスポーツモデルであっても店頭にて、いつでも割引価格で購入できた時代だったわけですね(つい数年前までは、エクスプローラーIIでもまだ店頭で購入できたのが懐かしい)。

さらにそういったロレックスのスポーツモデル不遇の時代はしばらく続くことになり、購入から5年後でも価格は全く上がっておらず「買値の半額」でした売却できなかったわけですが、その後8本購入したロレックスの中でも「唯一売却時に損をした」一本でもあります(その後の8本のうちすべてが売却済みではないが、売却したものはいずれもけっこうな利益が出た)。

3K4A4124

ブルー&レッド「ペプシ(126710BLRO)」も選択できたが

ちなみにこのGMTマスターのステンレススティールモデルには「ブルーとレッド(通称ペプシ)」のダイヤルを持つ126710BLROも存在し、中古市場だと、そちらのほうが(ブルー&ブラックよりも)2割ほど高いプレミアムをつけています。

そして今回、両方(のうちのどちらか)を購入するチャンスがあったものの、ぼくとしては今までに手にしたことがない「ブルー&ブラック」を選択することにしたわけですね。

3K4A4125

以前に持っていたGMTマスターIIはブルー&レッドだったので、それとは違うものを選びたかったということもありますが、ブルー&レッドはややレトロでアメリカンな雰囲気があり(やはりパンナムモデルのイメージがある)、しかしブルー&ブラックはクールでヨーロピアンな雰囲気があるとも認識していて、「自分にはブルー&ブラックのほうが合うだろう」と判断したのもその理由のひとつです。

3K4A4134

GMTマスターII 126710BLNRはこんな仕様を持っている

そしてこのGMTマスターII 126710BLNRについて、よくよく考えると、ぼくにとってのはじめてのジュビリーブレス。

これまで購入したロレックスのベルトはいずれも3連、ラバー、もしくはレザーだったのでかなり新鮮です。

3K4A4146

昔のジュビリーブレスとは異なって剛性感に優れており、ここはやはり最新のロレックスならでは。

なお、3連ブレスに比較するとコマひとつひとつのサイズが小さく、そのためぼくのような細腕にもフィットしやすいという特徴も。

もちろん見た目がエレガントということもあり、ビジネスシーンにもマッチすると思います。

3K4A4164

ブレスレットのコマ同士の結合は非常にしっかりしており、ほぼ遊びがなく、ヌルっとした動きはロレックスならでは。

3K4A4157

こうやって真っ直ぐに伸ばすと、その継ぎ目やクリアランスの小ささといった精度の高さがよくわかりますね。

3K4A4158

ベゼルはセラクロム(セラミック)にレーザー加工による文字の刻印。

3K4A4135

GMT針のボディはブルー。

なお、このGMT針は「2つ目のタイムゾーン(ホームタイムもしくはローカルタイム、どちらでも)」を示し、この針が指す(ベゼルに刻まれた)数字が2つ目のタイムゾーン。

ちなみにベゼルのカラーが二色なのは、2つ目のタイムゾーンの「昼と夜」を示しているためです(ブラックの部分が夜を示している)。

ケースは40ミリを採用していますが、ヨットマスターとは異なって側面が「平面」となるサブマリーナーやエクスプローラーIIと同様のカットを持っています。

L1360130

このあたり、GMTマスターIIは「(サブマリーナー等と同様の)ツールウォッチである」というロレックスの主張を反映しているのでしょうね。

ちなみにヨットマスターのケースサイドは「曲面」。

L1360128

ちなみにGMTマスターの定価は107万2500円で、これは先日購入したオメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディション(Ref.210.90.42.20.01.001)の108万9000円とほぼ同じ。

L1360113

そもそもの腕時計の趣旨が異なるので単純な比較はできないものの、ラグやブレスレットの仕上げ、ケースとブレスレットとのガタツキ、ローターを巻き上げる際の抵抗、リュウズを引き出したりねじ込んだり、回転させるときの操作感など「遥かにロレックスのほうが上」だとも考えていて、そういった差については、現在のプレミア相場が証明しているのかもしれません(投機的意味合いで高騰してはいるが、プレミア相場こそが正当な定価なんじゃないかとも思える)。

L1360115

オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・
オメガ シーマスター ダイバー300M 007 エディションを買ってみた!ドレスウォッチを買うはずが、やはりいつもどおりの選択になってしまったな・・・

この記事のもくじ| これまでの007コラボウォッチの中ではもっとも特別感が強い |シーマスター ダイバー300M 007 エディションは「軍用」を強く意識した仕上がりにシーマスター ダイバー300M ...

続きを見る

最初にGMTマスターIIを購入した頃、ボクはまだ学生だった

ぼくが最初にGMTマスターIIを購入したのはまだ学生の頃で、必死でバイトをしてためたお金で購入したわけですが、(サブマリーナーでもなくエクスプローラーでもなくエクスプローラーIIでもなく)GMTマスターIIを選んだのは、「将来、2つのタイムゾーンを股にかけて活躍するようなビジネスマンになりたかったから」。

そして今自分の人生を振り返ると、「まあまあそうなったんじゃないか」とも考えており、あの頃の情熱が今のぼくを支えてくれているのかもしれません。

そう考えると、欲しい物を買うために頑張る、というのはぼくの人生にとって欠かせない原動力だったのでしょうね。

L1360134

GMTマスターIIはこんなルーツと変遷を持っている

GMTマスターは(航空会社との共同開発によって)1955年に登場していますが、上述のように「2つの異なるタイムゾーン」を示すことができるという特徴を持っています。

もともとは世界を飛び回るパイロット用としての発売ではあるものの、そのデザイン性の高さから多くの人に愛されるようになり、1982年にはGMTマスターIIへとバージョンアップ。

ステンレススティールケースモデルについては長らく「ブルーとレッド」のダイヤルを採用していて、以前は「アルミにアノダイズド加工(初期はベークライト)」を施していたために経年劣化で色褪せることになり、これがまた「ひとつの味」としても人気を博していますね。

L1360104

1970年代になると「全部ブルー(ブルーベリーの愛称で知られるRef.1675)」のベゼルを持つモデルが登場したり、1982年には「ブラック&レッド(初代コークベゼル)」のカラーを持つRef.16760も登場。

2007年にはセラクロムベゼルを持つ116710LNが登場し、続いて2013年にはブルー&ブラックベゼルを持つ初代バットマン(116710BLNR)、2014年にはブルー&レッドのペプシ(116719BLRO)が復活したのち、2018年にはペプシがジュビリーブレスへ、そして2019年にはバットマンもジュビリーブレスへ変更されるという変遷をたどっています(バットガールとも呼ばれる)。

L1360127

ロレックスGMTマスターIIのレビュー動画はこちら

合わせて読みたい、腕時計関連投稿

セレブ向けロレックス「ヨットマスター40(116655)」を買った!ゴールドでもそれほど「露骨」ではなく気軽に身につけることができそうだ

| 思ったよりも黒っぽい | さて、ロレックス・ヨットマスター40(116655)を購入。直近で購入する予定はなかったものの、しかしずっと欲しいとは考えていて、今回偶然にも定価にて新品を手に入れるチャ ...

続きを見る

ロレックス・サブマリーナ116610LV、通称「グリーンサブ」を買ってみた!さすがは王者の風格だ

| ロレックス サブマリーナ 116610LV、グリーンサブを購入した | さて、ロレックス サブマリーナ デイトのグリーンベゼル、通称「グリーンサブ(ハルク)」を購入。Ref.116610LVですが ...

続きを見る

オーデマピゲの腕時計
オーデマピゲ ロイヤルオーク オフショアクロノグラフ「300本限定」プライド オブ ジャーマニーを買ってみた

この記事のもくじ| 見れば見るほどよくできている腕時計だ |オーデマピゲ・ロイヤルオーク・オフショアクロノグラフ「プライド オブ ジャーマニー」はこんな腕時計こんな記事も読まれています | 見れば見る ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

-■服や小物、時計、雑貨など, ■近況について
-, , , ,

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5