ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)

【動画】新型レクサスLXの実車レビューが公開!LX初の「F-Sport」、超高級グレード「VIP」を中東より徹底解説

投稿日:

新型レクサスLXの実車レビューが公開!LX初の「F-Sport」、超高級グレード「VIP」を中東より徹底解説

| それにしても新型レクサスLX VIPのスピンドルグリルはデカすぎる |

新型レクサスLX VIPは「新グレード」設定にて、これまでに無い客層へのアピールを狙う

さて、トヨタはつい先日新型レクサスLX600を発表したところですが、予定通り中東とロシアにて実車を公開。

中東においてはサウジアラビアのリヤドにおいて、厳戒態勢のもと発表が行われており、今回そのレビューが動画にて公開されています。

一見しての印象は「まさにゴージャス」というものだそうで、「よくランドクルーザーとここまで変化をつけたな」というほど独自性の高いルックスを獲得しており、中東ではランドクルーザーに劣らぬ人気を博する事になりそうです。

レクサスが新型LX600を発表!新グレード「オフロード」「エグゼクティブ」を追加し幅広い顧客にアピール。コンセプトは「世界中のどんな道でも楽に、上質に」
レクサスが新型LX600を発表!新グレード「オフロード」「エグゼクティブ」を追加し幅広い顧客にアピール。コンセプトは「世界中のどんな道でも楽に、上質に」

| 新型レクサスLX600はその外観、内装、機能、走行性能など全域に渡り大幅にアップダートされたようだ |この記事のもくじ| 新型レクサスLX600はその外観、内装、機能、走行性能など全域に渡り大幅に ...

続きを見る

新型レクサスLXのグレード展開は各国で異なる

なお、新型レクサスLXは各国にて異なるグレード展開がなされ、北米だと「スタンダード、プレミアム、ラグジュアリー、ウルトラ・ラグジュアリー、Fスポーツ」、日本だと「(最低限で)オフロードとエグゼクティブ」、中東では「VIPとFスポーツ」という設定となる模様。

26

新型レクサスLX600 F-Sportはこんなクルマ

そこでまず新型レクサスLX600 F-Sport。

あくまでも現地仕様ではありますが、フロントグリルは3D構造(ただし、LSのように、端に向かって広がってゆくデザインではなく、シンプルなメッシュのように見える)。

17

グリルやホイールなどが「ブラック」化され(ホイールナットもブラック)、フロントフェンダーには「F」バッジ。

25

なお、ホイールは現地だと18、20、22インチが用意され、「燃費、騒音の改善」といった観点からスリムになっている、とのこと(フルモデルチェンジでホイール幅が小さくなるのは珍しい)。

16

リアアンダーにはブラックのディフューザーを持ち、このブラックの面積が大きいために「尻上がり」な印象を受け、これがいっそうレクサスLX S-Sportをスポーティーに見せているのだと思われます。

ちなみにリアウインドウの角度は「これまでのLXに比較すると、やや寝ている」ようですね。

15

レクサスLX F-Sportのインテリアはこうなっている

そしてこちらはレクサスLX F-Sportのインテリア。

24

レッドとブラックのコントラストカラーがスポーティーなイメージで、しかしこのインテリアはナチュラルレザーに加え、高品質な合成レザーの使用比率が高まっているといい、これはやはり環境への配慮なのだと思われます(今後、この傾向は加速しそう)。

23

ランドクルーザー同様、気を使用しない「指紋認証によるエンジンスタート」を持っており、もちろんVIPグレードも同じく指紋認証を備え、登録できる指紋は10まで。

7

インフォテイメントシステムは「上下2分割」で、これは現在の主流ではありませんが、レクサスは「二分割だからこそ、上下に異なる情報を表示でき、画面を切り替える必要がない」とコメントしています(上の12.3インチディスプレイにはカーナビ画面など、下の7インチディスプレには車両設定が表示される)。

6

後部座席はこんな感じ。

3

レクサスLX VIPはこんなクルマ

そしてこちらはレクサスLX VIP。

スピンドルグリルがボディと一体化するような意匠を持っており、そのサイズはまさに巨大。

14

文字通りラグジュアリーなグレードで、F-Sportのアグレッシブ差に対し、ボディ表面がフラッシュサーフェスに近づけられており、このあたりレンジローバーを意識したのかもしれません。

20

リアセクションもF-Sportとは異なり、リアディフューザーがロッカーパネル風の加飾へと置き換わっています。

19

レクサスLX VIPのインテリアはこうなっている

そしてレクサスLX VIPのインテリアは「よりエレガント」。

レクサスLX F-Sportに比較してエレガントな仕様を持っており、それだけではなくフロントシートを前方に押しやり、ヘッドレストを倒すことができるなどの装備を持っていて(オットマンも電動で出てくる)、つまりは「後部座席に乗る」ことを主眼に置いたグレードだとも捉えることができますね。

なお、ステアリングホイールの操作感は(F-Sportともども)超ライトとのことで、全体的に軽い力で操作でき、運転が楽になっているようです(これは新型ランドクルーザーも同じ)。

1

オーディオシステムは25スピーカーを持つマークレビンソン(グリルのメッシュ形状がけっこう独特)。

5

メーターは(意外ですが)デジタルとアナログとの組み合わせ。

4

ちなみにレクサスLX VIPは4人乗り、F-Sportは5人乗りのみとなるようですね(よってトランクスペースにも若干の違いがある)。

11

後部シートには7つのマッサージモードが内蔵されています。

2

そしてシートにはこれまでのレクサスにはないステッチが入り、奇妙な紋様のパネルが装着されていますが、このユーチューバーいわく「レクサスLXはいつもレクサスのSUVのデザインを牽引してきた」と話しており、レクサスLXではじめて採用された「グリル」やこういったインテリアのデザインは今後ほかのレクサス製SUVに反映されてゆくだろう、とのこと。

9

レクサスLXの内外装レビューを収めた動画はこちら

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->トヨタ/レクサス(Toyota/LEXUS)
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5