ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ(Ferrari)

【動画】フェラーリ812コンペティツォーネの試乗レビュー続々!「あらゆるエンジンの中でベスト」「史上最高のフェラーリ」「これまで製造された自動車の中でもっとも楽しい」

投稿日:2021/11/16 更新日:

【動画】フェラーリ812コンペティツォーネの試乗レビュー続々!「あらゆるエンジンの中でベスト」「史上最高のフェラーリ」「これまで製造された自動車の中でもっとも楽しい」

| おまけにけっこう深いアングルのドリフトも維持できるようだ |

フェラーリのスペシャルモデルが高い評価を受けるのは「これまで通り」だが、ここまで興奮とともに語られるのは珍しい

さて、先週よりフェラーリ812コンペティツォーネのレビューが解禁となり、現在続々と試乗動画がアップ中。

フェラーリ812コンペティツォーネは830馬力を発生する6.5リッターV12エンジンを車体フロントに搭載しており、このエンジンは「フェラーリ史上もっともパワフルな自然吸気ユニット」でもあります。

そしてこのエンジンに見合うべく冷却系、足回り、トランスミッション、エアロダイナミクスなどを強化したのが812コンペティツォーネということになりますが、当然ながら限定台数の999台は完売済み。

なお、フェラーリの限定モデルがいつも「9」で終わるのは、「顧客が求めるよりも常に1台少なく作る」という故エンツォ・フェラーリの思想を反映したものだと言われます。

フェラーリが新型限定モデル「812コンペティツォーネ」、さらにオープン版の「812コンペティツォーネA」発表
フェラーリが新型限定モデル「812コンペティツォーネ」、さらにオープン版の「812コンペティツォーネA」発表!フェラーリV12史上最強の830馬力

| まさか限定モデルが2台同時に発表されるとは思わなかった |この記事のもくじ| まさか限定モデルが2台同時に発表されるとは思わなかった |812コンペティツォーネ / 812コンペティツォーネAのエ ...

続きを見る

フェラーリのスペシャルモデルは単なるパワーアップ版ではない

このフェラーリ812コンペティツォーネは単にパワーアップを行いチョコチョコとあちこちを弄っただけのモデルではなく、トランスミッションについてはシフトプログラムの改善によってシフトタイムが5%短縮され、車体重量はベースモデルであるは812スーパーファストの1,525kgに比較して1,487kgへ。

4

この軽量化そして出力向上によって0-100km/h加速は実に2.85秒、さらに0−200km/hまでを7.5秒で駆け抜け、最高速度は340km/hにも達しますが、シャシーにも徹底的なアップデートが施され、ビークルダイナミクスシステム「サイドスリップコントロール」には初めてバージョン7.0が採用されている、とアナウンスされています。

3

試乗イベントはフェラーリのテストトラックにて

そして今回の試乗イベントが開催されたのはフェラーリのテストトラックつまりフィオラノ・サーキットですが、EVOマガジン、ピストンヘッド、そしてオートカー等が招待されており、イエロー、シルバー、レッドの個体に分乗してその走りを確かめることとなっています。

7

なお、動画を見るとその素晴らしいサウンドはもちろんのことですが、ドリフトを行っていることも衝撃的。

というのも、フェラーリは「サーキットでいかに速く走るか」ということを至上命題としており、よってタイムをロスするドリフトを嫌う傾向にあり、スタビリティコントロールも「滑らせない」方向性を採用していたわけですね。

1

ただ、488GTBあたりからは公式プロモーション動画にてドリフトする様子を見せることも増え、そして今回の812コンペティツォーネでもその路線を継続している、ということになります。

8

812コンペティツォーネは史上最高のフェラーリ

そして今回公開された動画を見るに、いずれのテスターもフェラーリ812コンペティツォーネに乗ったのち一瞬驚き、その後すぐに積極的に楽しむという姿勢へと変化し、そして最終的には「べた褒め」。

ざっとそのコメントを紹介すると下記の通りです。

  • そのハンドリングはまるでミッドシップスーパースポーツのようだ
  • このクルマはフェラーリがこれまで製造した中でもっとも優れたクルマのひとつである
  • 812コンペティツォーネに積まれるエンジンはあらゆる市販エンジンの中でベスト
  • これまでに作られたクルマの中ではもっとも楽しいクルマだ
2

ざっとこういった感じで「とにかく楽しい」といった雰囲気が動画からも伝わってくるかのようですが、おそらく812コンペティツォーネは「自然吸気V12エンジンのみで走行する最後のフェラーリ」となる可能性が高く、すでに価格高騰必至、そしてコレクターズアイテム化間違いなしといったところですね。

フェラーリ812コンペティツォーネの試乗動画はこちら

参照:EVO, Autocar, PistonHeads

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フェラーリ(Ferrari)
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5