ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)

メルセデス・ベンツSクラス・カブリオレが公開に。贅の極み

投稿日:2015/09/02 更新日:

先日ティーザー画像が公開された、メルセデス・ベンツS・クラス・カブリオレの公式画像が発表。

全長5027ミリ、全幅1899ミリの巨大なカブリオレです。
トップにはメタルではなくソフトトップを採用していますが、これはおそらく「優雅さ」を狙ったものと思われます。

エアスカーフ、エアキャップといったメルセデス得意のオープン向け快適装備を有し、それに加えて12のセンサー、18のアクチュエーターによって赤外線を感知して自動的に拡声器の温度を適切に保つシステムも装備している、とのこと(このあたりがメルセデス・ベンツ曰く”世界一快適なコンバーチブル”という所以かもしれない)。

エンジンは455馬力を発生するV8ツインターボ、トランスミッションは9速AT。
AMGバージョンのS63は5.5リッターV8ツインターボにて585馬力を発生。
こちらは7速のAMGスピードシフトMCTを採用し、4MATICとの組み合わせとなり0-100キロ加速は大柄な車体にもかかわらず3.9秒(AMG GT Sが3.7秒ということを考えると驚異的)。

こちらはSクラスファミリー。
命名速が変更となり、ボディ形状が変わっても同クラスに収められるようになりましたが、そのほうが分かりやすいように思います。

関連投稿:メルセデス・ベンツがSクラスカブリオレの予告画像公開。「世界で最も快適なカブリオレ」

メルセデス・ベンツがSクラス・カブリオレの新たなティーザー画像を公開。
室内が確認できますが、「世界で最も快適なカブリオレ」とメルセデス自身が言うようにさまざまな快適装備を持つようです。

プレミアムレザーにウッドのトリムと金属のアクセント、ヒーター付きヘッドレストとアームレスト、インテリジェント・クライメート・コントロール、オートマティック・ウインド・プロテクション・システムなど。
いずれも名称から機能を想像できますが、とにかくオープン走行を快適にこなすためには最大限のコストが投入されていそうです。

なおポルシェにおいてはパナメーラのクーペ版、そしてそのカブリオレが出ると言われて久しく(とくにカブリオレは特許図面まで流出)、しかしながら出てくる気配はないようです。
巷ではSUVが人気ですが、大きく優雅なカブリオレ、というのはクーペでしか持ち得ないもので、ここは各社ともSUVとは別に注力しても良い(利益を上乗せできる)部分かもですね。

なお中国では防犯上の観点からかカブリオレがあまり好まれず、従って各社にとって最大のマーケットである中国はカブリオレにとってさほど期待できないということになり、ここはSUVとは少し事情の異なるところですね。

関連投稿:メルセデス・ベンツが「Sクラス・カブリオレ」を計画中。2017年に登場か

Mercedes-Benz-S-Class-Cabriolet-0

メルセデス・ベンツがSクラス・カブリオレのレンダリングを公開。
ブランドとしては初の大型4シーターオープンになるそうです。

スタイリングとしては現行Sクラスクーペをベースとするはずなので、その美しさは申し分ないでしょうね。
レンダリングではオープンの状態しかわかりませんが、メタルトップになるのかソフトトップになるのかは不明。
ただ、開口部が非常に大きいと思われ、そう考えるとソフトトップの方が現実的なのかもしれません。
またスタイリングにおいてもソフトトップの方が優雅と言えますね(そのほうが車のキャラクターに合っている)。

なおエンジンについても今の所不明ですが、おおよそSクラスクーペに準ずるところになると思われAMGバージョンは6リッターV12ツインターボを搭載してくる可能性が大きいと考えます。

もちろんその場合の価格は「かなりの」ものになることが容易に想像できますが、それでも人気が出そうではありますね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->AMG/メルセデス(Mercedes-Benz)
-, ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5