>ランボルギーニ(Lamborghini)

カウンタック+最新ランボルギーニ世代。「現行カウンタック」をレンダリングで再現

投稿日:2016/09/12 更新日:

lamborghini-countach-rendering

旧世代のランボルギーニを現代風にアレンジしているYasidDESIGN。
今回はカウンタックをアヴェンタドールSV風にカスタムしています。
全体的なシルエットはカウンタックのままですが、フロントバンパーがアヴェンタドールSV風に、サイドステップがウラカン風に、リアウイングがアヴェンタドールSV風に。

そのほかリアバンパーやエンジンへ風を取り入れるエアスクープの形状も変更されていますね。

なおポルシェは自社のレストア部門にてクラシックポルシェに新しい年式のエンジンを装着するといったカスタムも受け付けていますが、もしランボルギーニもそういったレストアが可能であれば、最新世代のエンジンやパーツを取り付ける人が出てくるかもしれませんね。

関連投稿:もしランボルギーニ・ディアブロが現代に存在したら。リトラクタブルライト採用のレンダリングが登場

lamborghini-diablo-rendering-0

YasidDESIGNが「もしランボルギーニ・ディアブロが現代に存在したら」というレンダリングを作成。
アヴェンタドールのホイールにムルシエラゴSVのフロントスポイラーとリアウイングを装着しています。
今見るとリトラクタブルヘッドライトは逆に未来的なイメージすらありますが、デザイナーは後期型の固定式ヘッドライトではなくリトラクタブルヘッドライトを採用したところが「わかってる」ポイントですね。



なおリトラクタブルヘッドライト採用の背景としては、当時の技術ではスポーツカーのボディラインに沿った傾斜の緩い(角度が寝ている)ヘッドライトでは十分に前を照らすだけのヘッドライトを作ることができなかったことがその理由。
その後デイライトの義務化、ライトをポップアップさせた時の空気抵抗、フロントオーバーハングにリトラクタブル機構やモーターなどの重量物を配することの是非などを理由に廃止の機運が高まり、現代の「固定式」ヘッドライトへと移行。

なお90年代はそれでも十分な機能を持つヘッドライトがなく(開発できず)、ディアブロ後期では当時最も寝た角度を持つ日産フェアレディZ(Z32)のヘッドライトを流用するに至っています。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5

f