>フェラーリ(Ferrari)

フェラーリF50の細部を紹介する動画。なかなか見ることのない室内やエンジンルームも

更新日:

| F50のコンセプトは「公道を走るF1」 |

f50

フェラーリF50の細部を紹介する動画が登場。
F50は1995年に登場していますが、当然ながら当時はネットの普及や動画の普及がなされておらず、そのため知名度が高い割には情報量の少ない車でもあります。

生産は349台と少なく、先代に当たるF40に比べて外観が丸くなったにもかかわらず中身は超ハードに進化しており、エンツォ・フェラーリの息子、ルカ・ディ・モンテゼーモロ、ピニンファリーナ、ニキ・ラウダ等が関った結果、フェラーリのスペチアーレの中においてもかなりスパルタンなモデル。

F50は「公道を走るF1」という理念のもとに開発されていますが、カーボンモノコックにブッシュ類を介せずにそのままダイレクトにエンジンをマウントするという強烈な構造を持ちます(サスペンションもF1風のプッシュロッド)。
エンジンもF1由来の4.7リッター(F1用の3.5Lを拡大)V12で最高出力は513馬力、最高速度は時速325キロ。
振動やノイズがF40に比べても大きく、登場後は一部で非難を浴びたことでも有名ですね。

ルーフの取り外しは可能ですがサービス工場でないと着脱ができず(個人では無理。いったん外すと雨が降ってもすぐには装着できない)、F1のエンジンを積んでいるもののトランスミッションはマニュアルである等、とにかくハードルの高い車という印象があり、当時の新車価格5000万円ということに加え、購入時には(日本だと)フェラーリを6台以上所有していること、という購入条件からも「すべての意味で」敷居の高い車です。

関連投稿:世界に4台しかないシルバーのフェラーリF50を日常使いする男が登場

世界に4台しか存在しない、シルバーのフェラーリF50を日常的に使用する男が登場。
イギリスに住む男性で、子供の送迎やペットの移動、スーパーの買い出しなどもフェラーリF50でこなします。

名称未設定-2

なおフェラーリF50というと「公道を走るF1」というコンセプトにて作られた、スペチアーレ史上でも最もスパルタンと言えるモデル。
F1のエンジンをダイレクトに(ブッシュなしで)カーボンモノコックにマウントしトランスミッションはMT。
日本だとフェラーリを6台以上所有していることが購入条件とされた車ですが、この超ハードな車を日常的に乗るというのはまさに驚愕です。

名称未設定-12

なお二名乗ると室内にはスペースが無くなるので、フロントフード内のわずかなスペースにスーパーで購入した食料品を収納しています。

名称未設定-41

関連投稿:思ったより静か?これがフェラーリF50のエンジン始動&走行サウンドだ

フェラーリF50がエンジンを始動し走り去る動画。
もっと凶暴な音かと想像していましたが、思っていたよりも静かです。

フェラーリF50はF1にもっとも近い車と言われ、349台のみが製造。
その名が示す通り、フェラーリの50周年を記念したモデルですね。

エンジンは4.7リッターV12で520馬力を発生。
0-100キロ加速は3.9秒、最高時速は325キロ。

製造から20年は経とうかというモデルですが、今見ても美しく魅力的です。

いつの間にそんな高くなったのフェラーリF50!モーターショーに展示された個体が競売に登場予定、予想落札価格は最高で3億円

この記事のもくじ1 | 他の個体にはない経歴を持ち、フェラーリによる証明つき |1.1 フェラーリF50はこんなクルマ1.2 フェラーリF50の細部を見てみよう | 他の個体にはない経歴を持ち、フェラ ...

続きを見る

マイク・タイソン氏のフェラーリF50が競売に。「F50史上二番目」の高額落札という予想

| やはり乗っていた人が有名だとそのクルマにも付加価値が | マイク・タイソン氏が所有していたフェラーリF50がアメリカのオークションに登場。F50自体は349大製造されたとのことですが、アメリカに輸 ...

続きを見る

わずか4台しか生産されなかったブラックのフェラーリF50が競売に。4億円突破か

希少なネロ(ブラック)のフェラーリF50がオークションに登場。349台生産されたうちの302台がロッソ・コルサ(レッド)、8台がロッソ・バルケッタ、そして31台がジアッロ・モデナ(イエロー)、4台がア ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->フェラーリ(Ferrari)
-, ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5