>スバル(SUBARU)

こんなコンセプトカーもあった。スバルの2シーターオープン「B9スクランブラー」

投稿日:2017/04/10 更新日:

2003年の東京モーターショーにて発表されたスバルのコンセプトカー、「B9スクランブラー」。
2リッター138馬力のガソリンエンジンを搭載しハイブリッドシステム、4WD、セルフレベリングサスペンションを持つ先進的な一台です。

「B9」という名称は後にトライベッカに採用されているものの、この「B9スクランブラー」はオープン2シーター。
おそらくはスバルがその技術をアピールするために公開したと思われ、そのために「目を引きやすい」オープン2シーターというボディ形状を採用したものと思われます(要はこのモデルを発売したかったわけではない)。

なおスバルは同じ年のジュネーブ・モーターショーにてコンセプトカー「B11S」を発表しており(こちらもスポーツタイプ)、かなり積極的に動いていた時期なのかもしれません(ちょうどデザイナーとしてフィアット/アルファロメオで実績を残したアンドレアス・ザパティナス氏を招き入れ、デザイン改革を行っていた時期でもあり、そのアピールがあったとも考えられる)。

B9スクランブラーのパワートレーンは「シーケンシャル・シリーズ・ハイブリッド・エレクトリック・ビークル=SSHEV」と名付けられ、上述の138馬力ガソリンエンジンに134馬力のエレクトリックモーターを組み合わせ。

なおフロントにはレーダーとカメラが装着され、スバル得意の「アイサイト」、レーンデパーチャー・ウォーニングも備えています。

VIA:Motor1

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5