>パガーニ(PAGANI)

世界に5台限定のパガーニ・ゾンダ・チンクエが走行中、白バイに停止させられる動画

更新日:

アメリカにて、パガーニ・ゾンダ・チンクエが警官の乗るバイク(日本でいうところの白バイ)に停められる動画。
ゾンダ・チンクエはもともと香港のパガーニディーラーがパガーニに対し特注したものですが、これの評判が非常に高く、他地域でも限定にて販売(クーペ5台、ロードスター5台)することになったもの。

なおアメリカでのゾンダ・チンクエは登録上の問題があり、ナンバーを取得しての公道走行は「不可」。
よって今回のチンクエ・ロードスターはナンバー無しで公道を走行していますが、これは一概に違法とは言えず、アメリカでは「まず車を購入してナンバーは後で取得」する方式が一般的で、州によっては3ヶ月間であればナンバーを付けずに乗ることができる猶予期間があり、それを利用したものかもしれません(登録審査中、など)。

細かいところは不明ですが、「なんでもアリ」のアメリカで安全上の理由で登録ができない車というものが幾つか存在するのも事実で、ここは厳しいのか緩いのかよくわからないところ。

なお、白バイ警官がそのあたりの経緯(ゾンダ・チンクエはそもそも登録不可)を知っていたのかどうかは不明ですが、とりあえずゾンダ・チンクエは白バイに停められ、なんらかのやり取りがあったようですね。
もしこの時点で「違法車両」と認められた場合、このゾンダ・チンクエがどうなってしまうのかも気になります。

関連投稿:世界で5台、パガーニ・ゾンダ・チンクエがアメリカにも到着。唯一の「グリーン」を身にまとう個体(動画あり)

北米にパガーニ・ゾンダ・チンクエが納車。
ゾンダはウアイラの前モデルに相当する車ですが、そのスパルタンさから人気が高く、今でも継続生産されているようですね。
かつ、今ゾンダを注文するという人は「相当なマニア」でもあり、カスタムの度合いもかなり高い模様。
なお「チンクエ」はイタリア語で「5」を表し、もとは香港のパガーニ・ディーラーが5台限定で発注し、香港市場へ導入したもの。
その仕様が注目され、他の地域でも同じような仕様でのオーダーが相次いでいるのが現状ですが、今回のアメリカ向けゾンダ・チンクエはもともと香港向けに作られたうちの一台(つまりオリジナル)とのこと。

なお、グリーンのボディカラーを持つチンクエはこの一台のみとされ、他にはオレンジ、レッド、イエロー、ホワイトの個体が確認済み(それらもオーナーが変わりカラーも変わっているかもしれませんが)。

動画ではカーディーラーのガレージ内でエンジンをスタートさせる様子、そして各部をチェックする様子が確認でき、普段は見ることができないようなエンジンルームや内部構造も見ることができます。

お披露目はなんらかのイベントにて行われたようですが、とにかくものすごい注目度。
なおゾンダはアメリカでは「登録不可」、つまり公道走行ができない車両で、しかしこれを購入するということはサーキットやイベント、もしくはコレクション用、ということになりますね。

こちらがそのカーディーラーの倉庫。
ラディカル、フェラーリF12tdf、サリーンなど希少車の姿を確認できます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->パガーニ(PAGANI)
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5