>フォード(FORD)

カリフォルニア警察がワンオフのチューンド・マスタング(730馬力)をパトカーに採用

投稿日:2017/05/21 更新日:

カリフォルニア警察にサリーン・マスタングが納車。
これはマスタングのチューナー、サリーンが730馬力にまでカスタムしたもので、「ワンオフモデル」とのこと。
実際の追跡業務を行うのではなく「記念車両」として各種行事に従事することになるとしていますが、実際にこれに追いかけられるとまず逃げ切るのは難しそうですね。

なおサリーンは自身もレーシングドライバーを務めていたスティーブ・サリーン氏が設立したメーカー/チューナーで、主にフォードのチューンを行なっていますが、のちにオリジナルのスーパーカー「S7」を発売。
これはキムタクが乗っている、とデマが流れた車ですね。
サリーンが発表した車種としてはS7のほか、S281(マスタング)、S302(マスタング)、570チャレンジャー、620カマロ等が存在。

ハイパフォーマンスカーがパトカーとして導入される例は珍しくはなく、ドバイ警察もランボルギーニやフェラーリ、アブダビ警察もライカン・ハイパースポーツや日産GTーRをパトカーに採用しており、欧州やオーストラリアでもランボルギーニやフェラーリ各モデル、BMW i8、レクサス、メルセデスAMGなどが導入されるといった例も。

しかしながら今回のサリーンのように「ワンオフ」のチューニングカーが(キャンペーンではなく)警察車両に採用されるのはかなり珍しいように思います。

関連投稿:一風変わったレビュー動画公開。マスタングをパトカー風にカスタムし一般道でカーチェイス

オランダのメディアによる、一風変わったレビュー動画が公開に。
これはカスタムされたマスタング・シェルビーGT350とダッジ・チャレンジャー・ヘルキャットを使用したもので、マスタングはポリスカー風のラッピングとパトライトやガードバー装着(結構お金がかかっていると思う)、チャレンジャーはサビ風ラッピング。

暴走するヘルキャットの存在を無線で知らされ、マスタング・パトカーがこれを追うというものですが、マスタングのドライバーは警察風のコスプレ。

一方逃げるチャレンジャーのドライバーはカウボーイ風のコスプレ(オランダ人の考える、典型的なアメリカ人のイメージ?)。

こんな感じでカーチェイスを行っていますが、割と一般車も走っており、許可をとっての撮影だと思われるものの、思いっきりパトライトを点灯させているので周囲の人からすると「何事か」という感じかもしれませんね。

この記事を読んだ人は、他にもこんな投稿を読んでいます

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

->フォード(FORD)
-, , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5