>ポルシェ911関連

ポルシェが911GT3のシートを転用したオフィスチェアの動画公開。バリエーションは100以上

更新日:

ポルシェが先日発表した「911GT3のシートをそのまま使用したチェア」のプロモーション動画を公開。
動画ではまさに実際の911GT3のシート(で選べるオプション)同様にヘッドレストにはポルシェ・クレスト(エンブレム)の型押し、コントラストステッチを見ることができます。
加えてそのバリエーションは「100種類以上」としており、実際の911GT3のシートよりも選択肢が多そうですね。

なおポルシェのシートは今でもレカロ製だと思われ、様々な自動車メーカーの中でも「座り心地が良い」「疲れない」シートの一つだと認識しています。
今まで乗った車の中でもやはりポルシェのシートはずば抜けており、椎間板ヘルニアで苦しんでいた時も「ポルシェ981ボクスターに乗っている時だけは」痛みが和らいだのを思い出します(レカロのシートは医療用としても使われることがあり、ドイツでは医療用として免税になるものもあると聞く)。

レカロはもともと車体製造業としてスタートしていますが、その際にポルシェの車体製造を請け負っており、のちに車体製造部門とシート製造部門を切り離して車体製造部門をポルシェに売却した、という経緯があり、そこからポルシェとレカロとの関係はずっと続いているのかもしれませんね(サプライヤーが変更されていなければ、ですが)。

関連投稿:ポルシェがGT3のシートを使用したオフィスチェア発売。価格75万円ナリ

Chair

ポルシェが911GT3のスポーツシートをそのまま転用したオフィスチェアを発売。
これは911カレラGTSとGT3に採用されるスポーツシートでプレミアムブラックレザーを使用。

シートにはリチャージャブルバッテリーを内蔵しており、それによってシートバック等を調整でき、アームレストまでの調整することが可能なようですね。
なおロッキング等の機能を備えることで重量は35キロにまで増えているようですが、室内の使用であれば問題は当然無し。

なお価格は邦貨換算で75万円と非常に高価。
ただポルシェのシートは非常に優れており、もちろんオフィスチェアとして使用するにもそれは同様だと考えられますね。
オークションでポルシェのシートを安く落札して自分で室内用チェアに改造しようかと考えたりしますが、ちょっとシートを探してみようと思います(できれば997世代以降。シートのデキが良い)。

ポルシェは以前にもGT3のマフラー(のタイコ部分)を使用したアクティブスピーカーを発売していますが、勢いに乗っているGT部門なので、今後もGT系のパーツを使用したホーム&オフィス用品が出てくるかもしれませんね。

関連投稿
ポルシェデザインが変なの出した。GT3のマフラーの形をしたスピーカー

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でintensive911をフォローしよう!

  • この記事を書いた人

管理人:JUN

ランボルギーニ/ポルシェ/ホンダオーナー。 ハイパフォーマンスカーを中心に、それにまつわる話、気になるクルマやバイク、モノ、出来事などを紹介します。

->ポルシェ911関連
-, , , , , , ,

© 2020 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5