ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

ウラッコ

ランボルギーニ・ジャルパは発表から40年!「スパルタンではない」ラグジュアリーを目指した新路線を採用したものの、ランボルギーニでは「最後のV8スポーツカー」となる悲運のクルマ

ランボルギーニ・ジャルパは発表から40年!「スパルタンではない」ラグジュアリーを目指した新路線を採用したものの、ランボルギーニでは「最後のV8スポーツカー」となった悲運のクルマ

| 強いて言えば、ジャルパの後継はV10を車体ミッドに搭載する「ガヤルド」でもある | そのスタイリングは悪くなく、ドライバビリティにも優れていたというが、当時の親会社であるクライスラーが販売中止を決 ...

中東の王子がワンオフ仕様にて注文したランボルギーニ・ウラッコ。なぜかテキサスで36年も放置されていたところを発見→競売へ

中東の王子がワンオフ仕様にて注文したランボルギーニ・ウラッコ。なぜかテキサスで36年も放置されていたところを発見→競売へ

| ランボルギーニ・ウラッコは「ランボルギーニの新しい運命」を切り開くはずのクルマだった | この個体の内外装は「50年近く経過している割に」悪くはなく、しかしエンジンとトランスミッションが欠損 さて ...

ランボルギーニ・ウラッコは今月で発表50周年!ガヤルド/ウラカンの祖先はこんなクルマだった

| このクルマが50年も前に製造されていたというのが信じられない | ランボルギーニが「ウラッコが2020年10月にて、発表20周年を迎えた」と発表。※実際のデリバリーは1973年からウラッコは197 ...

次期ポルシェ・ボクスター/ケイマンは400馬力のEVへ?さらには次世代アウディTT、ランボルギーニ”ウラッコ”リバイバルモデルと車体共有のウワサ

| ランボルギーニ・ウラッコ復活のウワサははじめて聞いた | 次期ポルシェ・ボクスター/ケイマンはPHEVを通り越してピュアエレクトリックカーになる可能性が高いと報じられていますが、これは他ならぬポル ...

ランボルギーニ・ミュージアムにて、ミウラ、カウンタック他クラシックモデルを画像にて

ランボルギーニ・ミュージアムに展示されるクラシックランボルギーニ。 350GT、ウラッコ、カウンタック、エスパーダ、ミウラ等が展示されています。 現在のランボルギーニからするとこれらのクラシックモデル ...

フランスにて、放置されたランボルギーニ・ウラッコが発見される

フランスにて、放置されて埃をかぶったランボルギーニ・ウラッコ。 埃の量からすると数年といったレベルではなく、もしかするとウラッコが現役だった「当時」から放置していたのではと思えるほどですね。

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5