ホンダ

走行わずか17km、ほぼ新車状態のホンダCR-Xが販売中!納車されたのちにずっと4柱リフトの上に放置され、今まで一度も地面に降りたことがなかったそうだ

走行わずか17km、ほぼ新車状態のホンダCR-Xが販売中!納車されたのちにずっと4柱リフトの上に放置され、今まで一度も地面に降りたことがなかったそうだ

2021/10/24    , , , ,

さて、以前は「100万マイル(約160万キロ)」を走ったホンダCR-Xを紹介しましたが、今回ははんと「10マイル(約16キロ)」くらいしか走っていないというCR-Xが売り物として登場。この1990年式 ...

これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン

これが「2021年版、もっとも優れるインテリアをもつ車」トップ10!1位は安定のベントレー・ベンテイガ、しかしホンダ・シビック、三菱アウトランダーもランクイン

| 日本車は「極端に高級なインテリア」を表現するのは苦手だが、コスパの優れるインテリアでは右に出る者がいない | 評価軸は多岐にわたり、けっこう公平な結果だと思う さて、ウォーズオート誌が「2021年 ...

3Dデザイナーがホンダ・モトコンポXL発表!かつてのモトコンポとは異なりフルサイズのバイクなるもボクシーなスタイルは健在

3Dデザイナーがホンダ・モトコンポXL発表!かつてのモトコンポとは異なりフルサイズのバイクなるもボクシーなスタイルは健在

| ホンダはモトコンポの現代版を発売する可能性があるとも見られているが | エレクトリック時代になると、バイクの形はクルマ以上に変わりそうだ さて、3Dアーティスト、アラン・ウィリアムズ氏が「ホンダ・ ...

アキュラが15年ぶりにF1へ復帰!?アメリカGP1回のみ、レッドブルとアルファタウリのF1マシン、ドライバーのスーツとヘルメットにACURAロゴが復活

アキュラが15年ぶりにF1へ復帰!?アメリカGP1回のみ、レッドブルとアルファタウリのF1マシン、ドライバーのスーツとヘルメットにACURAロゴが復活

| 一瞬、撤退するホンダの代わりにF1へ参戦するのかと思った | けっこうコストが掛かりそうだが、それだけかけても「モトが取れる」と判断したのだろう さて、アキュラが「15年ぶりにF1に復帰」との報道 ...

6速MTはシビック・タイプRと同じ!米国にてシビックSiが発表。ホンダが「これまでで最高のハンドリング」と胸を張る仕上がりに

【動画】6速MTはシビック・タイプRと同じ!米国にてシビックSiが発表。ホンダが「これまでで最高のハンドリング」と胸を張る仕上がりに

| ホンダは新型シビックSiにかなりの力を入れてきたようだ | さすが、アメリカ人はいつだって「楽しく走る」ことを忘れない さて、昨日の予告通り、ホンダがシビックSiを公開。ひとまず米国市場での発表と ...

なんか生きる勇気が湧いてくる。ホンダがボクらに「いかに挑戦が大きな意味を持つか、いかに夢が大切か」を教えてくれるCMを公開

【動画】なんか生きる勇気が湧いてくる。ホンダがボクらに「いかに挑戦が大きな意味を持つか、いかに夢が大切か」を教えてくれるCMを公開

2021/10/19    , , ,

| 思えば、ホンダはどこにも属さず、自分たちの信念を貫いてきた | そしてホンダの歴史とは、チャレンジの連続とその結果でもある さて、ホンダが米国にて新しいブランドマーケティングキャンペーン「Orig ...

ホンダが新型シビックに「Si」を設定!米国で発表間近、4ドアセダンをベースにリアにはスポイラーも

ホンダが新型シビックに「Si」を設定!米国で発表間近、4ドアセダンをベースにリアにはスポイラーも

| 米国では意外とハッチバックよりもセダンのほうが人気があるのかもしれない | 日本だとセダン=オッサンのイメージしかないが | さて、ホンダの米国法人は現地時間の10月19日(日本だとおそらく20日 ...

新型シビック・タイプRの試作車がニュルを走る!動画で見るとけっこうボディはワイド、そしてサウンドもGOOD

【動画】新型シビック・タイプRの試作車が初めてニュルを走る!動画で見るとけっこうボディはワイド、そしてサウンドもGOOD

| 「3本」テールパイプはかなりの太さを持つようだ | けっこうベースモデルのシビックとの差別化は大きそう さて、ホンダが「シビック・タイプR」のティーザー画像を公開し、がぜん盛り上がってきている新型 ...

シフトパターンは「レッド」!ホンダが新型インテグラに6速MTが装備されると発表し、過去の各世代インテグラのシフトノブも公開

【動画】シフトパターンは「レッド」!ホンダが新型インテグラに6速MTが装備されると発表し、過去の各世代インテグラのシフトノブも公開

| 相変わらずホンダ(アキュラ)は粋な動画を作成する | この新型インテグラ、とくにタイプSは非常に貴重な存在となりそうだ さて、ホンダ(アキュラ)は次々と新型インテグラのティーザー画像や動画を公開し ...

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

え?ホンダeはどうなるの?ホンダが中国にて新しいEVシリーズ「e:N」を展開すると発表し、これまでと全く違うサイバートラックみたいなデザインを公開

2021/10/14    , , , ,

| ホンダは地域や国ごとに別々の展開を行っており、それが「儲からない」原因だと言われている | このままだとホンダeは一代限りで終了しそうだ さて、現在「最大」の電気自動車市場となった中国のマーケット ...

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

ホンダ・ヴェゼル「EV」、e:NS1のスペックとデザインが公開!201馬力、シングルモーター、そして残念ながら中国専売

| ホンダは中国にてガソリンエンジン版ヴェゼルを「ヴェゼル」のほか「XR-V」の名称でも販売中 | ガソリン版ヴェゼルよりもフルエレクトリック版ヴェゼルのデザインのほうが自然に見える さて、今年4月、 ...

ホンダ・シビックが目標月販台数の3倍を受注!最も多い購入層は20代、MT比率はなんと35%超。いったい何が起きているのか・・・。

ホンダ・シビックが目標月販台数の3倍を受注!最も多い購入層は20代、MT比率はなんと35%超。いったい何が起きているのか・・・。

| 20代が購入している理由は不明だが、マニュアル・トランスミッション選好の傾向が拡大しているのは間違いない | 新型シビックの注目度がここまで高いとは思わなかった さて、ホンダが11代目となる「新型 ...

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想差レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

新型ホンダ・シビック・タイプRの予想レンダリング登場!たぶん「当たらずとも遠からず」、この姿で登場することになりそうだ

| 現在までリリースされている情報、ベースとなるシビックとをあわせて考えると、新型シビック・タイプRはこうなるだろう | まだまだ「中身」はわからず、しかしホンダは「最後のガソリンエンジン搭載タイプR ...

トヨタ

2021年9月の国産車登録状況!SUVが影を潜めて「アルファード、デリカD5、ステップワゴン、セレナ」などミニバンが伸びる。緊急事態宣言解除後のレジャーに焦点?全般的には前年比63%と大幅減

| コンパクトカー、ミニバンが強いというのは日本市場の特性でもある | 新型車発売当初に大きく伸び、その後縮むのも特性のひとつ さて、2021年9月の自動車販売速報値が公開。まずは自動車メーカー別です ...

ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も

ホンダが「宇宙を目指す」と発表!再利用可能なロケット、アバターロボット、月面でのエネルギー再生システム、さらに地球では「空飛ぶクルマ」の開発も

| いずれのジャンルも「新しい挑戦」ではあるものの、ホンダの「コア技術」を活かせることが共通しているようだ | 「HONDA」ロゴ入りのロケットが打ち上げられる姿を見てみたいものだ さて、ホンダがなん ...

違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開

違う違うコレじゃない!中国にて「ホンダ・インテグラ」が発売されるも「シビックにスポーティーな外観が与えられた兄弟車」としての展開

| もちろん、北米で発売が予告される「アキュラ・インテグラ」とは別モノ | 中国ではやや特殊なボディカラーが好まれるようだ さて、北米では「アキュラ・インテグラ」の登場がアナウンスされており大きな話題 ...

ホンダNSX TypeSが「ロングビーチ・サーキット」で市販車最速記録を更新!なおボディカラーは「ロングビーチ・ブルー」

【動画】ホンダNSX TypeSが「ロングビーチ・サーキット」で市販車最速記録を更新!なおボディカラーは「ロングビーチ・ブルー」

| ロングビーチ・ブルーは初代NSXにも設定され、しかしもっとも売れないカラーのひとつだった | NSX TypeSがコレクターズアイテムとなるかどうかには注目したい さて、ホンダ(アキュラ)がNSX ...

この20年で自動車メーカーの時価総額はこう変わった!一気に伸びたテスラ、やはり強いトヨタ、そして存在感を失ったホンダなど

【動画】この20年で自動車メーカーの時価総額はこう変わった!一気に伸びたテスラ、やはり強いトヨタ、そして存在感を失ったホンダなど

| 思ったよりもその変化は大きかった | 時価総額は販売台数とは無関係に「評価」「期待値」が大きく影響する さて、Carwowが「2021年から2022年までの各自動車メーカーにおける時価総額の変遷」 ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5