受注

正式発表前に受注2万台、しかし受注停止・・・。トヨタが新型ランドクルーザー(ランクル300)の転売について正式コメント発表

正式発表前に受注2万台、しかし受注停止・・・。トヨタが新型ランドクルーザー(ランクル300)の転売について正式コメント発表。とてつもなくややこしい問題になりそうだ

| この声明からは様々な解釈ができるが、ひとまずは額面通りに受け取るしかない | さらにこの「転売防止誓約書」に対しては独占禁止法も問題も指摘されているようだ さて、色々と話題になっている新型トヨタ・ ...

ブルーのランボルギーニ・ウラカンEVO RWD

ランボルギーニがこの時点で「2021年の生産キャパ分のほぼすべてを売り切った」とコメント!納車待ちが長くなる?もしくはグループの協力を得て増産?

| ランボルギーニは年初からその好調ぶりに触れていたが | コロナによる「自粛」が逆に有利に働いたようだ さて、ちょっと前にはスイスのクァンタム・グループによる買収報道が複数回出てきたランボルギーニ。 ...

ブガッティ本社

ブガッティ「2021年第1四半期は、100年以上の歴史の中で最高の受注だった」。なおシロンは300台以上を納車し150台が納車待ち、受注枠はあと50台に

| あと二年もすればすべてのシロンを納車し「売るクルマがなくなる」ブガッティ。シロン後継は? | さて、ブガッティが「2021年の第1四半期の販売台数が、ブガッティの歴史上、過去最高になった」と発表。 ...

新型レクサスISの2021年モデルが突如受注停止

新型レクサスISの2021年モデルが突如受注停止!その理由は「想定を超える受注」?「半導体不足」?ボクはこう考えている

| 「はじめてのレクサス」としてISを買いにレクサスディーラーに行ったのに | さて、現在4ドアセダンもしくはワゴンの購入を検討しており、いくつかの候補を試乗中。今のところの候補はポルシェ・タイカン、 ...

創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった

米でバブル化しつつある新興EVメーカーの株式公開。創業1年で上場し「10万台の受注を集めた」ことで株価が高騰したローズタウンの受注がウソだった模様。今後こういった例が多数出そうだ

| 上場直後の値上がりだけを目的に会社を作り、上場させるEV関連企業がいっぱい出てきそう | さて、現在アメリカにて盛んなのが特別買収目的会社上場によるEV(電気自動車)関連会社の株式公開。これによっ ...

トヨタ・ランドクルーザー

ベストカー「ランクルが受注停止」。ただしトヨタに確認してみると「そういった情報は届いてない」。それでも近いうちに新型ランドクルーザーが登場するのは間違いなさそう

| 実際のところ、時期ランドクルーザーについて確かな情報は多くない | さて、ベストカーによると「現行トヨタ・ランドクルーザーの受注が(フルモデルチェンジのため)年始早々にストップされた」とのこと。た ...

ランドローバー・ディフェンダー

新型ディフェンダーが日本市場で「売れすぎ」。受注が止まらず納車待ちが長くなり、納車までにもう一台のランドローバーを持ってもらう「NEW DEFENDER ブリッジWプラン」が登場

| 新型ディフェンダーはメルセデス・ベンツGクラス同様に「セレブ御用達車」の仲間入りか | さて、2019年に先行受注が開始された新型ディフェンダー「ローンチエディション」「スタートアップエディション ...

フェラーリのキー

フェラーリの受注がコロナ前の水準にまで回復!10月は30%増、おそらくはローマとSF90ストラダーレの注文が多い?

| 危機的状況にこそ力を発揮するのが「強いブランド」である証 | さて、フェラーリの受注が「コロナ前の水準にまで回復した」との報道。フェラーリはつい先日、2020年第三四半期までの業績を発表しています ...

【動画】実走可能なテスラ・サイバートラックをダンボールで作った男が現れた!その驚きの精度を見てみよう

| これだけの技術と情熱を持つ人はそうそういない | さて、受注が60万台とも80万台とも言われるテスラ・サイバートラック。テキサス州に新設する工場にて生産を行うとされますが、その工場の生産能力は年間 ...

【今日のニュース】ランボルギーニが「工場生産が通常に戻った」と動画で報告、フェラーリは4-6月決算を発表し「売上が半減、利益も95%減った」

| ただしフェラーリのオーダーは好調で、生産が回復すればこれまで以上の成長を記録しそう | さて、今日のニュース、「ランボルギーニとフェラーリ」編。まずはランボルギーニが現状を知らせる動画を公開してい ...

スバルがBRZなど9車種の受注受付を停止とサイト上で発表!一体何が?→モデルチェンジや年度モデルへの切り替え準備開始か

| それにしてもわざわざ自社ページ上で「受注生産の注文受付終了」を発表するのは珍しい | さて、スバルが合計9モデルの受注生産の受付を停止した、として話題に。その9モデルとは「XV」「インプレッサG4 ...

そんなに売れているのか新型トヨタ・ハリアー!発売1ヶ月で目標の14.5倍、インプレッサの1年分以上の受注を集める

| トヨタはなぜ目標販売台数を少なく見積もっている? | 新型トヨタ・ハリアーはちょうど6月16日の発売から1ヶ月が経過していますが、ここでトヨタ自動車が「7月16日時点で約45000台の受注を受けた ...

RAV4 PHVが人気すぎて発売一ヶ月で受注停止!受注再開の目処は立たず、なぜそんなに人気なのかを考えてみた

| 「PEHV=高くてもいい製品」という考え方の浸透、そしてRAV4 PHVの場合は”我慢して乗るエコカー”ではなくガソリン車よりも性能がいいから? | トヨタが6月8日に発売したばかりのニューモデル ...

さよならアルファロメオ4C。最終受注は4月30日まで、そして年末には「ファイナルエディション」も発売。4Cよ永遠なれ!

| 2014年の発表から、よくぞここまで生きながらえた | ぼくが「もっとも過小評価されている」と考えるスポーツカーのひとつ、アルファロメオ4Cがついに2020年限りで生産終了。これにあわせてFCA( ...

ホンダが新型フィットの受注台数を公開!発売後1ヶ月だとフィットは31,000台、ヤリスは37,000台。受注内訳を見るとヤリス購買層のほうが価格にシビア?

| 登録台数ではフィットに大差をつけられたヤリスだが、受注ベースでは「逆転」 | さて、新型ホンダ・フィット、新型トヨタ・ヤリスは2020年2月の同時期に発売されていますが(ヤリスのほうが3日早い)、 ...

日本でもっとも売れていないクルマはなんとNSX(年間29台)!ずっと「大人気」だと報じられていたのはウソだったのか

| そのほかレクサスLCがはワースト9位、フェアレディZはワースト7位 | ベストカーにて、「2019年の日本国内における販売ワースト10」が公開に。ベスト10(もっとも売れているクルマ)は「プリウス ...

トヨタ・ライズがバカ売れのようだ!目標の8倍、32,000台を受注し納車待ちは2〜3ヶ月。人気のボディカラーやグレードはこうなっている

2019/12/6    , , ,

| 一番高いグレードに人気が集中し、ボディカラーはホワイトが多い | トヨタが発表したばかりのニューモデル、ライズ(RAIZE)の受注状況を発表。ライズはダイハツ・ロッキーのトヨタ版、つまりOEM車と ...

テスラ・サイバートラックの勢いが止まらない!すでにTシャツなどの偽グッズが大量に出回り、フェイク動画/コラ画像が大量に登場。一方で人気は加熱し予約は25万台へ

| すべてはテスラCEO、イーロン・マスク氏の思惑通りか | さて、ますます盛り上がるテスラ・サイバートラック祭り。テスラCEO、イーロン・マスクCEOによると、サイバートラックの予約受注は「5日間で ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5