2022

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

日産が2022年モデルのGT-R発表!100台限定、ボディカラーにR34 GT-Rの外板色をイメージした「ミッドナイトパープル」「ミレニアムジェイド」を持つ「T-Spec」が追加

2021/9/14    , , , , ,

| GT-R T-Specは走りに特化した仕様を持つ価値の高いモデル | そろそろGT-Rの販売も終了される可能性もあり、今回のT-Specは高い人気を集めそうだ さて、日産が予告通り2022年モデル ...

日本でも右ハン仕様が発売されたC8コルベット!本国では2022年モデルが発表

日本でも右ハン仕様が発売されたC8コルベット!本国では2022年モデルが発表され、1,000台限定の「C8.Rエディション」も登場

| シボレー・コルベットの人気は年々高まっているようだ | さらにはZ06やZR1等ハイパフォーマンスモデルの追加も待たれる さて、日本でも「右ハンドル仕様」が発売され、大きな話題を呼んでいるC8世代 ...

フェラーリ「新型SUVを2021年に発売、新型ハイパーカーは2022年に発表し、パワーよりも軽量性とエアロダイナミクスを追求する」

| フェラーリは2019年には5台の新型車を発表済み、2022年までには10モデルをさらに追加 | Auto Expressによると、フェラーリ初のSUV(FUV=フェラーリ・ユーティリティ・ビークル ...

フェラーリは2019年に5つの新型車を発表するも22年までに”あと10台”の新型車を追加。ただし20年は「ペースを落とし、新モデルの浸透に注力」。22年までの計画を”おさらい”してみよう

| フェラーリは「有言実行」の会社だった | フェラーリは今年の春に「2019年には5つのニューモデルが控えている」と発表。その後にF8トリブートとSF90ストラダーレを発表していますが、さらに間をお ...

マセラティが「新」中期計画発表。エレクトリック化を捨てて「スポーツ」方向にシフト。グラントゥーリズモのFMCも

| それでも、「よほどの特徴がなければ」生き残れそうにない | マセラティ(正確には親会社のFCA)が新しく練り直したマセラティの中期計画を発表。マセラティは以前にも中期計画を発表しているものの、今回 ...

マセラティが2022年までの計画発表。「アルフィエーリ」はEVに、マセラティ自体もEVブランドへ

| アルフィエーリがEVとして登場 | アルファロメオに続き、同じフィアット・クライスラーグループに属するマセラティも2022年までの計画を公開。 これからの4年の間にそのラインアップをリフレッシュす ...

アルファロメオが2022年までの計画を発表。「8C」は700馬力、「GTV」は600馬力で復活

2018/6/2    , , , ,

| アルファロメオ8C、GTVが復活 | FCA(フィアット・クライスラー)が2022年までのロードマップを公開。 その中でFCAに属するアルファロメオについてはそのヘリテージを重視しながらも大きくラ ...

トヨタが2022年に新型バッテリー搭載のEV発売との報道。「飛躍的に走行距離が伸びる」

2017/8/1    , , , ,

トヨタが2019年までに最初のEVを発表する、との報道。 日本市場においては「ハイブリッド」人気が非常に高く、日本の自動車メーカーもハイブリッドにおいては世界的に見て優位性があったためか、これまでEV ...

© 2021 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5