ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車 ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

【動画】デロリアン登場から41年経った今、ついに新型デロリアンが登場する!ウィリアムズ製EVシャシー採用、イタルデザインによる「ガルウイング」も健在

投稿日:

【動画】デロリアン登場から41年経った今、ついに新型デロリアンが登場する!ウィリアムズ製EVシャシー採用、イタルデザインによる「ガルウイング」も健在

| 昨年にティーザー画像が透過された後、何の音沙汰もなかったが |

おそらくは限定生産、そして購入難易度は非常に高いと思われる

さて、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」に登場したタイムマシンとして有名になったデロリアンDMC-12。

2021年で40周年を迎え、「新型デロリアンが登場」とウワサされたものの(実際にティーザー動画が公開された)、2021年には何ら発表はなく、しかし1年遅れの今年、ついに「デロリアン・エヴォルヴド(DeLorean EVolved)」としてなんらかの発表がなされるもよう。

これは実際にデロリアン・モーター・カンパニー(当時と経営もとは異なる)、そしてオリジナルのデロリアンDMC-12をデザインしたイタルデザインとの共同プロジェクトとして進められており、非常に実現性が高く、かつ「真正の」デロリアンDMC-12後継モデルとなりそうです。

新型デロリアンDMC-12発売?
まさかの「デロリアンDMC-12」復活!?イタルデザイン(ジウジアーロ)がデロリアン40周年となる今年、ガルウイングドアの何かを発表するようだ!

| フロントにはDMCのロゴも見られ、「デロリアンのデザイン元」がこの画像を公開した意義は大きい |この記事のもくじ| フロントにはDMCのロゴも見られ、「デロリアンのデザイン元」がこの画像を公開した ...

続きを見る

デロリアンは一体今どんな状況に?

そこでまず「会社」としてのデロリアンですが、簡単にその状況について述べておくと、1975年にゼネラルモータースを退社したジョン・ザッカリー・デロリアンによって設立され、その3年後、個人投資家やディーラー、北アイルランド工業開発庁などの関係者との交渉を経て、ベルファストのダンマリーに最初の工場を開設しています。

そしてこのデロリアンDMC-12はジョン・ザッカリー・デロリアンにとっての夢のクルマであり、そのために高い理想をもって開発にかかりますが、予算オーバーや経験不足といった難問をクリアしてなんとか1981年に発売にこぎつけたのが「唯一の市販車」、デロリアンDMC-12。

1

設計はロータス、デザインはジウジアーロ、そしてリアエンジンにステンレスの無塗装ボディという例を見ないクルマでもあり、開発費がかさんだために高額な価格設定を行なわざるを得なくなった結果として「ほとんど売れず」、会社は倒産にまで追い込まれています(1981-1982年の間に8975台が製造された)。

そして現在、デロリアンを名乗る会社は大きく分けると2つあり、有名なのは当時のデロリアンのパーツ等を買い取って設立された別会社「デロリアン・モーター・カーズ(本社はテキサス州ハンブル)」で、設立したのはリバプール生まれのメカニック、スティーブン・ウィン氏。

現在でも当時のパーツを使用して「新車」のデロリアンDMC-12を製造するほか、デロリアンDMC-12の修理やレストア、パーツ販売を行っています(テキサスの他、カリフォルニア、ミッドウエスト、フロリダに拠点がある)。

倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介
【動画】倒産したデロリアン・モーター・カンパニーを買い取って今でもデロリアンDMC-12を生産・レストアする新生DMC!そのCEOがはじめて工場を動画で紹介

| 工場内に保管しているパーツはなんと4万点 |この記事のもくじ| 工場内に保管しているパーツはなんと4万点 |デロリアンの新車製造に必要なパーツの80%を保有デロリアンDMC-12は「夢のクルマ」だ ...

続きを見る

そしてもう一つが、今回「デロリアン・エヴォルヴド」を発表した「デロリアン・モーター・カンパニー」。

法人としてはデロリアン・モーター・カーズとは「別」となるようですが(Tシャツなどデロリアングッズを販売しており、車両の販売は行ってない)、今回のデロリアン・エヴォルヴドについては、上述のデロリアン・モーター・カーズが製造すると言われるので、全くの無関係ではなさそうですね。

なお、現時点では新型デロリアンの購入方法や価格、スペック等、そのほとんどが不明です。

2

新型デロリアンはどんなクルマに?

そこで新型デロリアンについてわかっていることをまとめてみると、まず車体デザインは「イタルデザイン」が行うこと。

同社は現在フォルクスワーゲングループ傘下にあり、ランボルギーニがその株式を保有しコントロールしているとされますが、他社からのデザインや製造や開発の委託を受けている「製造能力を有するデザインカンパニー」。

日産GT-R 50 by Italdesignは(日産のデザインで)イタルデザインによって製造されていますが、イタルデザイン自身もかつて「ゼロウノ」なる(アウディR8ベースの)スーパーカーを発売したことがあります。

1台1億3000万、日産GT-R 50 by イタルデザインの納車が開始される!最初の5台が公開され、うち1台は1973年のGT-Rをイメージ
1台1億3000万、日産GT-R 50 by イタルデザインの納車が開始される!最初の5台が公開され、うち1台は1973年のGT-Rをイメージ

| いずれのGT-R 50 by イタルデザインも意外と保守的なデザインだった |この記事のもくじ| いずれのGT-R 50 by イタルデザインも意外と保守的なデザインだった |予定よりほぼ1年遅れ ...

続きを見る

もちろん、新型デロリアンのデザインをイタルデザインが行う理由は、「1981年当時のデロリアンのデザインも”イタルデザインが行ったから”」。

ebee3_coverimage

ただ、当時イタルデザインにてデロリアンDMC-12をデザインした(同社の創立者である)ジョルジエット・ジウジアーロはすでにイタルデザインを売却して無関係となっており、息子とともに自身のデザイン事務所”GFG”を別に設立しているので、残念ながら今回のプロジェクトに関わることはなさそうです。

そして今回のティーザー動画からわかることは非常に少なく、しかし初代同様にガルウイングを有することは間違いなく、しかしフロントには謎の「V」のグラフィック(ベトナムのヴィンファストを連想してしまうな・・・)。※昨年発表された(下の)ティーザー画像では、この部分には「DMC-12」の文字があった

140931619_10159345658432658_1100183197982279700_o

そのほか、この新型デロリアンはピュアEVとなること、そしてプラットフォームにはウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングが開発したEVXモジュール・プラットフォームを使用することもわかっていて、このプラットフォームは最大で1360馬力を発生し、満充電あたりの走行可能距離が1000kmに達するということも明かされています(ただ、新型デロリアンがどの程度のパフォーマンスとなるのかはわからない)。

新型デロリアン、「デロリアン・エヴォルヴド」のティーザー動画はこちら

合わせて読みたい、デロリアン関連投稿

バック・トゥ・ザ・フューチャーに登場したタイムマシンとしてのデロリアン
急げ!バック・トゥ・ザ・フューチャーに登場したデロリアン(タイムマシン)の公式説明書/整備手帳の予約が開始されたぞ!

| しかもドク・ブラウンが記したという設定 |この記事のもくじ| しかもドク・ブラウンが記したという設定 |「デロリアン(タイムマシン)のオーナーズマニュアル」の内容はこうなっているバック・トゥ・ザ・ ...

続きを見る

世界で最も程度のいいデロリアンが中古市場に登場!走行わずか8,685キロ、1986年から今まで温度管理のなされた倉庫にて保管され、その価格は1130万円
世界で最も程度のいいデロリアンが中古市場に登場!走行わずか8,685キロ、1986年から今まで温度管理のなされた倉庫にて保管され、その価格は1130万円

| 装着されるタイヤは新車時に装着されていた「そのまんま」 |この記事のもくじ| 装着されるタイヤは新車時に装着されていた「そのまんま」 |今後、これ以上のコンディションを持つデロリアンDMC-12は ...

続きを見る

自称「ジョン・デロリアンの息子」が次元転移装置を備える3輪デロリアンを製造販売中!ただし本家DMCからは訴えられる・・・
自称「ジョン・デロリアンの息子」が次元転移装置を備える3輪デロリアンを製造販売中!ただし本家DMCからは訴えられる・・・

| この製造販売者が本当にジョン・デロリアンの息子なのかどうかはわからない |この記事のもくじ| この製造販売者が本当にジョン・デロリアンの息子なのかどうかはわからない |ちなみにこの3輪デロリアン「 ...

続きを見る

参照:Italdesign Official

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車, ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5