ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他アメリカ車

購入金額1500万なのに修理費用1000万円!納車後20分にてハマーEVを壊してしてしまったユーチューバー、やむなくハマーEVを廃車扱いにして売却することに

投稿日:

購入金額1500万なのに修理費用1000万円!納車後20分でハマーEVで事故を起こしてしまったユーチューバー、やむなくハマーEVを廃車扱いにして売却

| やはりEVの修理費用は様々な理由において高額になりがち |

これを考慮するとハマーEVの保険はとんでもなく高いのかもしれない

さて、つい先週、納車されて20分後、距離にしてわずか30kmのみの走行でハマーEVを壊してしまったユーチューバー。

その理由としては、ちょっとした溝に突っ込んでしまったからで、それが原因でサスアーム等を破損することとなってしまったわけですね。

そしてこの話には続報があり、結局このハマーEVは修理せずに売却してしまったそうですが、GMCから出てきた見積もりはなんと78,000ドル(日本円で1083万円)だったのだそう(このハマーEVは10万9000ドル=1513万円で購入している)。

納車後わずか20分、走行30kmの走行でハマーEVをクラッシュさせてしまったユーチューバー。「今までアップした動画の中でもっとも高くついた・・・」
納車後わずか20分、走行30kmの走行でハマーEVをクラッシュさせてしまったユーチューバー。「今までアップした動画の中でもっとも高くついた・・・」

| 見た目は軽微な破損に見えても、EVだけにどこにどう影響が出るかわからない |この記事のもくじ| 見た目は軽微な破損に見えても、EVだけにどこにどう影響が出るかわからない |もしかするとこれでも廃車 ...

続きを見る

見た目よりもその破損度合いは大きかった

この事故によってフロントのラジエター、アンダーガード、リアサスペンションが破損していることは目視にてわかっていましたが、事故後にGMC正規ディーラーへと持ち込んで破損状況をチェックし見積もりを出してもらったところ、フロントサブフレームが曲り、ショックが破損し、フロントスキッドプレートは引破壊され、エアコンコンデンサー、バッテリー冷却システム(ラジエーター)、リアタイロッドにもダメージが及んでいたほか、「リアフレームの左側より右側のほうが2.5インチ高くなっていた」といい、ボデイ全体が歪んでいたのだそう。

1

そしてこの問題を修復するには78,000ドルが必要となり、もっと大きな問題としては「修理のための部品が手に入らないこと」。

よってこのユーチューバーはこのハマーEVの修理を断念し売却することに決めたと語っています。

さらに状況を悪くしたのは、ユーチューバー氏が保険に加入していなかったことで、そのため購入金額から売却金額を差し引くと8万ドル(1110万ドル)の損失が出たもよう。

ハマーEVのテールランプの価格はひとつ45万円だった・・・!おそらくはこれに限らず、最近のクルマのランプ類は高度化かつ複雑化し、かなり高くなっていそう
ハマーEVのテールランプの価格はひとつ45万円だった・・・!おそらくはこれに限らず、最近のクルマのランプ類は高度化かつ複雑化し、かなり高くなっていそう

| たぶん量産車で一番高価なのはポルシェ911のテールランプなんじゃないかと思う |この記事のもくじ| たぶん量産車で一番高価なのはポルシェ911のテールランプなんじゃないかと思う |そしておそらくメ ...

続きを見る

やはり車重の重さが一因か

ユーチューバー氏によれば、今回の事故の被害の大きさは「車体重量の重さ」に起因しているのではと語っており、事故発生当時はダートにて車体をスライドさせようと考えたためにトラクションコントロールをオフにしており、それによってサスペンションがボトムしきってしまい、よってサスペンションが動かなくなってダメージが最大化したのではと推測しています。※ハマーEVの重量は4,103–4,282kgもある

ハマーEVは「環境に優しい」クルマとなるはずだったが・・・。実際はガソリンエンジン搭載セダンよりも多くのCO2を排出し、環境に負荷をかけるという試算結果
ハマーEVは「環境に優しい」クルマとなるはずだったが・・・。実際はガソリンエンジン搭載セダンよりも多くのCO2を排出し、環境に負荷をかけるという試算結果

| ハマーEVはあまりに大量の電力を消費し、その分の電力の発電に際して発生するCO2はガソリン車よりも多い |この記事のもくじ| ハマーEVはあまりに大量の電力を消費し、その分の電力の発電に際して発生 ...

続きを見る

それでもこのユーチューバー氏は驚くべきことに「後悔していない」といい、というのもこれまで常に「5年に1台」を処分する(入れ替える)というサイクルを実施していて(ノルマのようなものらしい)、しかし今回ハマーEVが1台廃車になったことでそのノルマが達成され、そのぶん別の1台を処分せずに済んだからだと語っています。

ちなみに現在同氏が他に所有しているのはスーパーカーばかりで、スーパーカーを処分するよりはハマーEV1台を失ったほうがマシだったと自分を納得させているようですが、もしかすると、そうでもしないと「やってられない」のかもしれませんね。

「フェラーリF40を購入して1日で後悔することになった・・・」人気ユーチューバーが語るその理由とは?【動画】
「フェラーリF40を購入して1日で後悔することになった・・・」給油時には20分エンジンを冷やさねばならないなど、人気ユーチューバーが語るその理由とは?【動画】

| 色々と細かいところは気になるものの、全般的には満足しているように思える |この記事のもくじ| 色々と細かいところは気になるものの、全般的には満足しているように思える |ただし古いスーパーカーだけあ ...

続きを見る

あわせて読みたい、関連投稿

保険会社「EVの事故はEVの特殊性に起因して修理費用が高額になる傾向がある。なおEVの事故は加速時に多く、ガソリン車に比較して50%多い」
保険会社「EVの事故はEVの特殊性に起因して修理費用が高額になる傾向がある。なおEVの事故は加速時に多く、ガソリン車に比較して50%多い」

| このままではEV普及のツケはそのユーザーに回ってきそう |この記事のもくじ| このままではEV普及のツケはそのユーザーに回ってきそう |これもまた急速にEVを普及させようとした副作用なのかもしれな ...

続きを見る

NIO
「ちょっとした事故でも車両購入金額の2倍の修理費用を請求された」。中国にてEVオーナーから苦情が噴出。いったいなぜこんなことに?

| EVのコストの40~60%がバッテリーパックによって占められ、これを損傷すると「全交換」に |この記事のもくじ| EVのコストの40~60%がバッテリーパックによって占められ、これを損傷すると「全 ...

続きを見る

カナダでもEVの高額な修理費用が話題に。450万円のEVのバッテリー交換費用が250万円、そのほかPHEVのバッテリー交換に220万円を要した例も
カナダでもEVの高額な修理コストが話題に。450万円のEVのバッテリー交換費用が250万円、そのほかPHEVのバッテリー交換に220万円を要した例も

|日本だとそれほど多く走る人が少ないせいか、あまり問題とはなっていないようだが | この記事のもくじ|日本だとそれほど多く走る人が少ないせいか、あまり問題とはなっていないようだが | EVは維持費は安 ...

続きを見る

参照:Road & Track

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他アメリカ車
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5