ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA)

テスラが株主総会にて「悪い知らせがある」としてサイバートラックの価格とスペック変更について言及。ただし生産開始は2023年半ばからで間違いなさそう

投稿日:2022/08/08 更新日:

【動画】テスラ・サイバートラックの市販モデル?テスラのテスト施設内を走行する試作車が目撃され、ヘッドライトなど変更点が確認される

| ボクはサイバートラックの生産開始になみなみならぬ期待を寄せている |

サイバートラックの量産開始はおそらく様々な状況を一変させるだろう

さて、テスラはつい先日、年次株主総会を開催したところですが、そこでは「2022年に20万台の生産を行う」「2030年には2000万台の生産規模にまで成長する」という果敢な目標を強調し、しかし同時にサイバートラックに関して「悪い知らせがある」と発表。

サイバートラックについてはこれまでにも何度か発売延期の発表がなされ、しかし「市販モデルの姿や仕様はコンセプトモデルと大きくは変わらず微調整した程度」だと述べていたものの、今回はじめて仕様そして価格に言及することとなっています。

やはり原因はインフレ

なお、サイバートラックは2019年に発表されていますが、その際の予定は「2021年納車開始」。

【動画】テスラ・サイバートラックがテスラ工場内のテストコースを走る姿が激写される!ドローンの普及でこんなスパイ動画も撮れるようになったのか・・・。
【動画】テスラ・サイバートラックがテスラ工場内のテストコースを走る姿が激写される!ドローンの普及でこんなスパイ動画も撮れるようになったのか・・・。

| テスラとしてもサイバートラック生産開始の重要性については重々理解しているはずだが |この記事のもくじ| テスラとしてもサイバートラック生産開始の重要性については重々理解しているはずだが |とにかく ...

続きを見る

その際の価格は39,900ドル〜に設定されていたもののそこから世界的な情勢が大きく変わって物価や人件費、そして様々なコストが上昇してしまい、よってテスラは今年に入ってからは連続して大幅値上げを行っています。

テスラ・モデルY
テスラCEO、イーロン・マスク氏が度重なる値上げについて「恥ずかしいレベル」とコメント!「しかしすべてインフレのせいであり、これが改善すれば値下げの可能性も」

| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言っていい |この記事のもくじ| これだけ値上げしても顧客がついてきているのはさすがテスラ。もう一流ブランドだと言って ...

続きを見る

そして今回、年次株主総会にて「ちょっと悪いお知らせをするのは嫌なんですが」と前置きし、「サイバートラックのスペックと価格が変わります。私達は様々な要因を想定していましたが、それでもこのインフレは想定の範囲を遥かに超えていました」と切り出すことに。

ただ、今回その価格やスペックがどう変わるのかについて言及はなく、よって今後のグレード展開や販売価格についてはわからないものの、これはテスラだけではなく他の自動車メーカー、とくにEVについては同じ状況にあり、リビアンに至っては「受注済み」の顧客に対しても値上げを行うと発表して猛烈に非難され、これによって大きく株価が下落したために「値上げ撤回」を行うという異例の事態へと発展することに(テスラの場合、価格を決定して受注した場合、基本的にそこからの値上げを行う例は少なく、値上げ自体が”納車時までのインフレ”を織り込んでいる価格だとされる)。

テスラ・サイバートラック

参考までに、2019年の発表当時だと、サイバートラックの航続距離は最大805km、積載量は1,588kg、牽引力は最大6,350kg、アプローチアングル35度、デパーチャーアングル28度、最低地上高は41cm、最大でトライ(3)モーターだと発表されています。

テスラ・サイバートラックの生産は2023年半ばから

ただ、変更後の価格やスペックについては今回示されなかったものの、今回の株主総会では「今後2〜3ヶ月で、サイバートラックの生産設備や工具を工場に設置しはじめる」とも明言しており、生産開始時期は2023年に半ばになるともコメントしており、これが「最終決定」だと信じたいところですね。

なお、テスラは物ごとの優先順位をはっきりさせる会社であり、ちょっと前までの最優先は「現在受注を受けている既存モデル、つまりモデルS、モデルX、モデルY、モデル3の生産を最大化して顧客へと届けること」であり、そのためにサイバートラック、そして2万5000ドルで販売すると言われていたコンパクトEVについて「後回しにする」とも。

話題性を重視し、また失望売りを避けようとなるとサイバートラックの生産を早めに行うべきではあるものの、それよりも(意外なことに)着実な方法を選んだと考えてよく、思わぬところでテスラの堅実性が明らかになっています。

テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・
テスラの「今年はサイバートラックも新車もない」発言に失望売り殺到、株価が12%下がる。ボクの資産は一晩でフェラーリ296GTB一台分が消し飛んだようだ・・・

| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているこの記事のもくじ| それでもボクは「テスラの株は下がったときが買い」だと考えているただし今年の前半はテスラにとってかなり苦しい戦いにな ...

続きを見る

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

【動画】テスラがテキサス工場稼働開始を祝い「サイバーロデオ」イベントを開催!サイバートラック市販型を公開しロードスターとともに2023年から生産開始と明言
【動画】テスラがテキサス工場稼働開始を祝い「サイバーロデオ」イベントを開催!サイバートラック市販型を公開しロードスターとともに2023年から生産開始と明言

| サイバートラック市販型はコンセプトに比較して最小限の変更にて登場してきた |この記事のもくじ| サイバートラック市販型はコンセプトに比較して最小限の変更にて登場してきた |2023年はテスラにとっ ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが決算発表の場で「サイバートラックはじめ、将来のモデルには革新的な製造上の変化がもたらされる」。利益の伸長には大きく期待したい

| ベルリンとオースティンの新工場には新しい生産設備を導入 |この記事のもくじ| ベルリンとオースティンの新工場には新しい生産設備を導入 |これによってロボットは70%減少、生産コストは大きく削減テス ...

続きを見る

テスラ・モデルY
欧州の2022年上半期ではEV販売が31%増加!ただしテスラはシェアを失い、かわりにヒョンデとステランティスが伸びる。テスラはモデルYがモデル3の販売を食ったようだ

| 加えて、ほかメーカーの既存EVがシェアを失い、販売は新発売のEVへと集中 |この記事のもくじ| 加えて、ほかメーカーの既存EVがシェアを失い、販売は新発売のEVへと集中 |この傾向を見るに、まだま ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5