ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>テスラ(TESLA) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

テスラが「もっとも安価な」2万5000ドルのモデル2(仮称)を2024年に投入との報道!テスラの主力車種の価格帯は下がっているが、逆に利益率は向上する?

投稿日:2023/01/05 更新日:

テスラ

| テスラはほかの自動車メーカーとは全く逆の動きを行っている |

自ら市場を創出し、先行者利益を最大化している

さて、少し前からウワサとなっている「2万5000ドルの」もっとも安価なテスラの発表が2024年になるだろう、との報道。

なお、この安価なテスラについてはイーロン・マスクCEOも直接言及しており、その発表時期がいつになるのかはともかく、「登場する」ことは間違いないものと思われます。

そして今回の報道によれば「テスラは2024年までモデル2の発表を待つだろう」「同社が低価格モデルをあまりにも早く発表した場合、テスラはより広い自動車不況となる可能性が高い中、生産能力を増強する一方でモデル3の販売を減速させる危険性がある」。

テスラ
テスラが新型EVについて言及!「生産コストはモデル3 / モデルYの半分となり、販売台数は現在の全テスラを凌ぐものとなるだろう」。これによって利益の大幅増・株価高も期待

| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |この記事のもくじ| テスラが新型EVについて触れるのはかなり久しぶりのことでもある |これまでにもテスラはひたすら生産効率を追求し ...

続きを見る

テスラは意図的に廉価版テスラの販売を遅らせる?

これらのコメントからは、テスラが意図的に「もっとも安価なテスラ(仮にモデル2と呼ばれている)の発売を遅らせる」ようにも読み取ることができますが、中長期的に見て利益を最大化するならば、テスラが意図的にモデル2の市場投入を行うことは十分にありうるかもしれません。

テスラは(少量生産の初代ロードスターを除くと)比較的高価なモデルS、モデルXを投入して富裕層を中心にその人気を獲得しているものの、その後にメルセデス・ベンツやポルシェなどの既存自動車メーカー、そしてルシードなどの新興EVメーカーが「モデルSのライバル」を開発し投入を行うのを尻目に、さっさともうひとつ下のセグメントに位置する「モデル3」「モデルY」へと移行してしまい、その量販モデルの価格帯をシフトさせています。

つまりは「妥当モデルS、モデルX」を掲げて追ってきたライバルたちに肩透かしを食らわせ、ライバルたちに勝手に争ってもらっている隙に新たなる市場を自ら創出して逃げ切ったということになりますね。

ただ、ここでテスラにとって「計算外」だった可能性は中国の自動車メーカーの台頭で、つまりはBYD、NIOやシャオペンが真っ向からモデル3やモデルYにぶつけるクルマを発売したことだったのかもしれません。

テスラ・モデルY

中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成
中国の新興EVメーカー、Xpeng(シャオペン)が驚異の成長を見せ、ついに20万台目を生産。10万台目から数えてわずか8ヶ月後に達成

| この1−2年で自動車業界の勢力図は大きく変わりそうだ |この記事のもくじ| この1−2年で自動車業界の勢力図は大きく変わりそうだ |中国メーカーが「ガソリン禁止推進国」での販売を行うようになると、 ...

続きを見る

これら中国メーカーは、欧米の自動車メーカーとは比較にならないほどの速さでニューモデルを開発し投入しているわけですが、これによってモデル3やモデルYが脅威にさらされることになり、そこで構想として持ち上がったのがモデル2なんじゃないかと考えています。

つまりテスラは常に「ライバルと戦う」よりも、自ら創出した新しい市場にて先行者利益を得ることで成長してきたわけですが、これはセミ(トラック)やサイバートラックという構想を見ても理解ができるかもしれません。

テスラ・モデル2は新たなる市場を創出できる?

そこで気になるのが、このモデル2と(仮で)呼ばれるニューモデルがテスラにとっての新しい市場を創出できるかどうかということで、今のところは(モデルS)、モデルXのときと同じように)他社が打倒モデル3 / モデルYを掲げており、よって現在の状況であれば、テスラは三度「新しい市場で」その利益を最大化できるのかも。

なお、一般的に見て、価格が安くなればなるほど1台あたりの利益は縮小するので、多くの自動車メーカーは「高価格帯」への移行を狙うのですが、テスラの場合はその逆の動きを行っていて、しかしそれでも利益を失わないようにコストダウンを継続して行っています。

テスラ・モデルY

そのためモデル3の製造原価は、製造開始時に比較すると半分以下にまで下がっているといいますが、このコストダウンについては「何かを省略したり、品質を落したり」するわけではなく、機能や品質を向上させつつも、生産効率を改善することで生産にかかる費用を引き下げていて、ここは他の自動車メーカーとは大きく異るところです。

そしてテスラは「なにかのためになにかを犠牲にできる」会社でもあり、モデル3とモデルYの生産効率を追求させるために「意図的に」サイバートラックやセミ、モデル2の開発や生産を後回しにしていて、よって今はまだ「モデル3とモデルYの生産効率を向上させ、サイバートラックの製造を行う」ことを優先し、そのためにモデル2を2024年まで待機させるということも十分に考えられます。

実際のところ、ここしばらく先においても、モデル3のフェイスリフト、廉価版モデルYの投入、4680バッテリーへの切り替え、サイバートラックの生産などのイベントが控えており、ここで焦ってモデル2を投入する必要はないのかもしれません(現時点で、高性能で安価なEVが市場に存在し、それにシェアを奪われているわけでもなく、ライバルたちにはこの価格帯のEVを作って利益を上げることは構造的に不可能であるように思われる)。

合わせて読みたい、テスラ関連投稿

テスラ・モデルY
テスラの1台あたり生産コストは2017年に比較して半分以下の43%にまで下がっていた!そのほとんどは製造工程と設計の最適化によってなされている

| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |この記事のもくじ| テスラはEV製造を第三の自動車の製造における革命だと考えている |そして、この革命の意味を理解できない自動車メ ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラがカナダにギガファクトリーを建設との報道。「2030年に2000万台」という計画を実現するためにはあと6〜8もの工場建設が必要

| これまでの報道を見る限りだと、テスラの「カナダにギガファクトリー」は間違いなさそう |この記事のもくじ| これまでの報道を見る限りだと、テスラの「カナダにギガファクトリー」は間違いなさそう |ここ ...

続きを見る

テスラ・モデルY
テスラが決算発表の場で「サイバートラックはじめ、将来のモデルには革新的な製造上の変化がもたらされる」。利益の伸長には大きく期待したい

| ベルリンとオースティンの新工場には新しい生産設備を導入 |この記事のもくじ| ベルリンとオースティンの新工場には新しい生産設備を導入 |これによってロボットは70%減少、生産コストは大きく削減テス ...

続きを見る

参照:Teslarati

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->テスラ(TESLA), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5