ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)

「供給の問題から2022年モデルにはV8を搭載しない」としたメルセデス・ベンツ。同社からV8エンジンの供給を受けるアストンマーティンは「問題なくV8は供給される」とコメント。微妙な差異があるようだ

投稿日:2021/08/28 更新日:

アストンマーティン・ヴァンテージに昔ながらの「ベーン・グリル」が利用可能に

| さすがに今のアストンマーティンからV8エンジンを取り上げるとかなりキツい |

結局のところ、環境規制のためにメルセデス・ベンツはV8エンジンの使用を停止?

メルセデス・ベンツ/メルセデスAMGは「北米市場における2022年モデルイヤーの車両にはV8エンジンが(一部の例外を除いて)搭載されない」とコメントして世間を驚かせていますが、そうなると心配なのが、メルセデスAMGから供給されるV8エンジンを使用しているアストンマーティン。

同社はヴァンテージ、DB11、DBXにV8エンジンを搭載してており、もしメルセデスAMGからの供給がストップすれば大変なことになってしまうわけですが、今回正式に「メルセデスAMGからのV8エンジンの供給に問題はないことを確認している」と声明を出しています。

メルセデス・ベンツ
メルセデス・ベンツが「V8モデルを2022年に販売終了」とのウワサ。サプライチェーンが原因と言われるが、そうなれば中古相場の高騰に

| 現段階ではあくまでもウワサにすぎないが、こういった突拍子もないウワサほど真実だったりする |この記事のもくじ| 現段階ではあくまでもウワサにすぎないが、こういった突拍子もないウワサほど真実だったり ...

続きを見る

V8問題には不透明なところが多い

なお、メルセデス・ベンツが「V8エンジンを搭載しない」と発表した理由は”供給の問題”だとされ、しかしアストンマーティンによると「供給に問題はない」とのことなので、ここには若干の食い違いも。

そうなると裏には「何らかの事情」があるのではとも勘ぐってしまい、そしてその「事情」とはやはり排ガス規制の問題なのかもしれません。※アストンマーティンの分(のV8エンジン)を優先し、自社の分を犠牲にするとは思えない

参考までに、メルセデス・ベンツは今回のV8問題について「 様々なグローバルな、外部の、そして内部の要求を満たすために優先的に取り組んでいること、また、サプライチェーンにおける課題を含むがこれに限定されないいくつかの他の要因が、様々な市場における製品ポートフォリオの提供に影響を与えている」と難しい言い回しにてコメント。

メルセデス・ベンツ

同社はかねてより環境に対してかなり真剣に取り組んできたメーカーであり、そのイメージを向上させることを考慮するならば「環境のためにV8をやめることにした」と宣言したほうがよほどいいような気がするものの、こういった表現になってしまうということは、メルセデス・ベンツならではの事情があるのかもしれません。

ちなみに、モデルイヤー2022といえど、すでに注文を入れている顧客に対してはV8エンジンを搭載したクルマをお届けしてくれるそうですが、このV8問題が「一時的なもの」なのか、それとも「恒久的なもの」なのかは不明です。

アストンマーティンはメルセデスAMG製のV8はあまり好きではなかったようだが

なお、アストンマーティンが現在の経営体制となる前、つまりメルセデスAMGからCEOを迎える前だと、「メルセデスAMG製のV8エンジンは、過渡期における解決策として導入しているだけであり、じきにこれを自社製のV6エンジンへ入れ替える」とも。

アストンマーティン
アストンマーティンが既存モデルのV8を新開発のV6ハイブリッドへ入れ替えると明言。DBX、DB11、ヴァンテージが対象となり、旧エンジン搭載モデルは中古市場で価値下落も

| アストンマーティンはいつも大胆な選択を行う |この記事のもくじ| アストンマーティンはいつも大胆な選択を行う |やはり他社製エンジンを使用するには色々なしがらみが?どうなるメルセデスAMGとの関係 ...

続きを見る

さらにそのサウンドについては「イケてない」と語り、自社にてエンジンサウンドをチューニングしていることにも触れています。

アストンマーティンはAMGサウンドが好きではない?エンジン供給を受けながら「AMGサウンドをできるだけ消したい」

| アストンマーティンはメルセデスAMGの炸裂音、ドロドロという音が好きではない | アストンマーティンはメルセデスAMGと提携関係にあり、AMG製よりV8ツインターボエンジンの供給を受けることに。 ...

続きを見る

実際のところアストンマーティンは自社開発によるV6エンジン搭載計画を進めていたものの、メルセデスAMGと資本提携するにあたり「自社のV6エンジンを捨て、メルセデスAMG製のV8を搭載する」という道を選ぶことに。

かなりの段階まで開発が進んでいたV6エンジンを捨てるというのはかなり思い切った判断ではあるものの(それまでにかけてきたコストが全部無駄になる)、そこまでして生かしたV8エンジンを、今度はメルセデスAMGが(自社向けとして)あっさり捨ててしまうというのには驚きで、今後どうなるんだろうな、と「これからの方向性」が気になっています。

z4

アストンマーティンが”ヴァルハラ”に搭載するV6エンジン公開!実は「この60年ではじめての、自社設計によるエンジン」だった!

| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |この記事のもくじ| ヴァルキリーに積まれるエンジンはコスワース製 |アストンマーティンは今後「ミドシップにも注力」新型エンジンはハイブリッドシステム ...

続きを見る

アストンマーティンはメルセデスAMGとの資本提携によって、これまでの「ガソリン重視」戦略から「エレクトリック化」へと舵を切ることになりますが、V6エンジンを凍結した以上、現在のV8エンジンを核とした展開を行い以外に方法はなく(さすがに直6や4気筒は無いと思う)、よってこのV8エンジンとハイブリッドとを組みあせて電動化の波に乗り、来たるべきときに「フルエレクトリック」へとラインアップを入れ替えるつもりなのかもしれませんね。

アストンマーティン
アストンマーティンが電動化を加速。「次世代ヴァンテージ、DB11はピュアエレクトリック」。2030年の完全電動化に向けて大きく舵を切るようだ

| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシフト |この記事のもくじ| これまでは「ガソリン、MT」という要素にこだわっていたが、最近では急激に電動化へとシ ...

続きを見る

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

アストンマーティン
アストンマーティンが2022年にもMT廃止を決定!「MT導入は愚かな判断だった」「MTはもう不要」「MTでは環境規制に対応できない」

| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |この記事のもくじ| アストンマーティンはマニュアル・トランスミッションを作り続けると宣言していたが |実際のところ ...

続きを見る

その価格1580万円!アストンマーティンとジラール・ペルゴとのコラボ腕時計第一弾「スリー・フライング・ブリッジ・トゥールビヨン」登場
その価格1580万円!アストンマーティンとジラール・ペルゴとのコラボ腕時計第一弾「スリー・フライング・ブリッジ・トゥールビヨン」登場

| 1580万円もあれば、アストンマーティンの中古車が一台買えそうだ |この記事のもくじ| 1580万円もあれば、アストンマーティンの中古車が一台買えそうだ |付属のラバーストラップには「腕時計史上初 ...

続きを見る

アストンマーティン
アストンマーティンの販売が前年比2.2倍、赤字幅も1/3へ減少し急速に業績が好転。新しい経営者はリスクを恐れずに同社を買収した甲斐があったようだ

| やはり富を得られるのは「他人が二の足を踏んでいる時」に恐れずに踏み出した人であるようだ |この記事のもくじ| やはり富を得られるのは「他人が二の足を踏んでいる時」に恐れずに踏み出した人であるようだ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン, >メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz/AMG)
-, , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5