ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>アストンマーティン

【動画】こんな音が出るのかアストンマーティン・・・!現行モデルのサウンドを収録した公式動画が公開、あまりの刺激にびっくりした

投稿日:2022/04/04 更新日:

【動画】こんな音が出るのかアストンマーティン・・・!現行モデルのサウンドを収録した公式動画が公開、あまりの刺激にびっくりした

| アストンマーティンというと「ジェントル」なイメージがあるものの、その本質はやはり真のスポーツカーであるようだ |

その姿からはここまでのサウンドを発すると想像することは難しい

さて、アストンマーティンが「The Sound of Aston Martin」なる動画を公開。

これはアストンマーティン現行各モデルのエキゾーストノートを収録したもので、なかなか聴く機会のないそのサウンドを体感させてくれる内容となっています。

ちなみにアストンマーティンは英国のブランドということもあって「高級」「紳士的」という印象があるのですが、実際に運転した印象だとその性格は「かなり凶暴」であり(そういえば、英国車は過激なクルマばっかりだったな・・)、「アストンマーティンは実はこんなクルマだったのか・・・と(いい意味で)驚かされたりします。

(名前は失念しましたが)ある評論家が「アストンマーティンの外観に騙されてはいけない。あれは、スーパーセブンにラグジュアリーな衣服を着せただけの、じつは伝統的な英国のスポーツカーとしてスパルタンな性格を持ったクルマである」と述べていて、まさに”言い得て妙”かもしれません。

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ

そしてまず動画に登場するのはDBSスーパーレッジェーラ。

搭載されるのは5.2リッターV12ツインターボ、715馬力という(ヴァルキリーを除くと)もっともパワフルなクルマです。

ちなみにエンジン始動時にはとんでもない轟音(耳元でライオンが吠えているようなサウンドだと評される)を発生させ、しかしスタートボタンを長押しすれば音量を抑えた「サイレントモード」で起動します(ぜひランボルギーニにも導入してほしい)。

2022-04-03 7.35.17

アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラを見てきた!実物はとんでもなくカッコいいクルマだった

| 写真と肉眼とでここまで印象が変わるクルマも珍しい |この記事のもくじ| 写真と肉眼とでここまで印象が変わるクルマも珍しい |アストンマーティンDBSスーパーレッジェーラ(クーペ)はこんなクルマDB ...

続きを見る

アストンマーティンDB11

ぼくはDBSスーパーレッジェーラを運転したことはありませんが、同系列のV12エンジンを積むDB11に乗った時、アクセルを踏み込むととんでもなくテールが暴れだし(もちろん意図的にそういった味付けがなされている)、その内外装の美しさとのギャップに驚かされた記憶があります(もちろんそこにネガティブな印象はまったくなく、そのギャップに惚れ込むこととなったわけですが)。

なお、アストンマーティンのクルマはそのパワーに比較して0−100km/h加速タイムがあまり速くはなく、ただしそれは「意図的にテールスライドを誘発する」設定に起因するものと思われ、数字ではなく、実際にオーナーのみが体感しうる「楽しさ」を重視したからなのかもしれません。

2022-04-03 7.35.51

【試乗:アストンマーティンDB11】脱・スーパースポーツ。こういったクルマのある人生もいいかもしれない

| 趣向を変えてこういった選択もいいかもしれないな | さて、アストンマーティンDB11のオープンモデル、「DB11 ヴォランテ(V8)」に試乗。 一目見て「メチャクチャ格好良いなコレ」と声が出てしま ...

続きを見る

アストンマーティンDBX

次はアストンマーティン初のSUV、「DBX」。

SUVという性格、そしてそのラグジュアリーなルックスからは想像もできない暴力的なサウンドを放っていますが、これは搭載される(メルセデスAMG製の)4リッターV8ツインターボのひとつの特徴かも。

2022-04-03 7.35.38

アストンマーティンDBX
アストンマーティンDBXを見てきた!あまりに美しく、あまりに力強く、あまりにエレガントなSUV。相変わらずアストンは「写真映りの悪さ」で損をしているようだ

| 現時点で「最後発SUV」、そして富裕層相手の商売に慣れているアストンマーティンならではの差別化要素、魅力が詰まっている |この記事のもくじ| 現時点で「最後発SUV」、そして富裕層相手の商売に慣れ ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァンテージ

そして次も4リッターV8エンジンを積むヴァンテージ。

ただ、このエンジンはメルセデスAMG製といえど、アストンマーティンは独自のチューンを施している模様(メルセデスAMGのクルマに比較すると、音が揃い、やや高いサウンドを発生しているように思う)。

アストンマーティンはAMGサウンドが好きではない?エンジン供給を受けながら「AMGサウンドをできるだけ消したい」

| アストンマーティンはメルセデスAMGの炸裂音、ドロドロという音が好きではない | アストンマーティンはメルセデスAMGと提携関係にあり、AMG製よりV8ツインターボエンジンの供給を受けることに。 ...

続きを見る

2022-04-03 7.36.09

ちなみにドライブモードはGT(いわゆる”コンフォート”)、スポーツ、スポーツプラスの3つがあったと記憶していますが、エンジンスタート時には「スポーツ」がデフォルトとなるよう設定されており、「GT」ではないところがこのクルマの性質を表しているのかもしれません。

【試乗:アストンマーティン・ヴァンテージ】俊敏かつ軽快!アストンマーティン史上もっともピュアなスポーツカー

| 生まれながらのプレデター、アストンマーティン・ヴァンテージに乗る | さて、待望のアストンマーティン・ヴァンテージに試乗。 本国で発表された201711月以来、ぼくが非常に高い関心を寄せているクル ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリー

ヴァルキリーは「自然吸気エンジン史上、最高の出力である1140馬力を発するV12エンジン」を積んでおり、そのサウンドは完全に(V12エンジン搭載時代の)F1マシンそのもの。

レブリミットはなんと11,000回転であり、別次元のサウンドを奏でています(おそらくアストンマーティンは、このヴァルキリーのサウンドを紹介したかったがために今回の動画を作成したんじゃないかと思う)。

2022-04-03 7.36.41

アストンマーティンがヴァルキリーに使用される「1013馬力」エンジンを公開。自然吸気では自動車史上最高の出力を誇るユニットを見てみよう

コスワース製V12エンジンは質実剛健 アストンマーティンが公式にて、ヴァルキリーに採用されるV12エンジンを公開。これはウワサどおり6.5リッターV12、そして1013馬力を発生するという超高性能エン ...

続きを見る

アストンマーティンがそのエンジンサウンドを紹介する動画はこちら

参照:Aston Martin

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , , , ,

© 2023 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5