>アストンマーティン

アストンマーティン・ヴァルキリーに「オープンコクピット」モデルが登場したら?どうせサーキット走行専用であればオープンのほうがサウンドを楽しめそう

2022/09/14

アストンマーティン・ヴァルキリーに「オープンコクピット」モデルが登場したら?どうせサーキット走行専用であればオープンのほうがサウンドを楽しめそう

| その名はアストンマーティン・ヴァルキリーAMR One |

11年前に発表されたアストンマーティンAMR Oneへのオマージュ

さて、アストンマーティンは1000馬力オーバーのハイパーカー「ヴァルキリー」の納車を開始し、さらにはそのオープンモデル「ヴァルキリー・スパイダー」の生産を控えているという状況ですが、今回3DデザイナーであるLMMデザインが”ヴァルキリー AMR One”なるレンダリングを作成。

なお、この「One」という名称については、アストンマーティンが2011年に発表したオープンコクピットレーシングカー”AMR One”に由来し(下の画像)、ル・マン24時間レースへの参戦を目的に開発され、合計6台を生産するという計画が発表されたものの、結局は製造されずに終わっています。

archive_18076_01

アストンマーティン・ヴァルキリー AMR Oneはこんなクルマ

そこでこのヴァルキリー AMR Oneについて、その名の通りヴァルキリーAMR ProとAMR Oneとを融合させたハイパーカーということになりますが、LMMデザインはこれをル・マン24時間レース含む競技用車ではなく、単に「サーキット走行専用車」として考案しており、つまりはヴァルキリーAMRやヴァルカンと同じようなポジションということになりそう。

AstonMartin-Valkyrie (6)

ボディカラーにはアストンマーティン・レーシング・グリーン、そこへリキッドシルバーのアクセントという雰囲気抜群のコンビネーションを持っています。

AstonMartin-Valkyrie (5)

デザイン的にはヴァルキリーAMR Pro同様のスタイルを持っていて、ただしもちろんオープン化され、それにあわせてシート後方のデザインも少し変更されています。

AstonMartin-Valkyrie (4)

アストンマーティン・ヴァルキリー AMR Oneではとびきりのサウンドを楽しめそう

ベースとなるヴァルキリーAMR Proはレブリミット11,000回転を誇る6.5リッターV12エンジンを搭載し、ロードゴーイングバージョンのヴァルキリーに積まれるハイブリッドシステムは「レス」。

そのサウンドたるやもはや既存のいかなるハイパーカーもかなわないほどの美しい音色を奏でることが様々な動画から明らかになっていますが、そのサウンドを楽しむにはクローズドボディよりも、このオープンコクピット版のほうが「うってつけ」かもしれませんね。

AstonMartin-Valkyrie (3)

アストンマーティン・ヴァルキリーAMR Proの「顧客向け第一号」が納車!オーダーしたのはレーシングチーム、ボディ色は「チームカラー」に
アストンマーティン・ヴァルキリーAMR Proの「顧客向け第一号」が納車!オーダーしたのはレーシングチーム、ボディ色は「チームカラー」に

| アストンマーティンはヴァルキリーのようなハイパーカープロジェクトを再び実現する気は無いようだ | ヴァルキリーは自動車史的に見ても”非常に稀有な”クルマとして今後語られることになるのかも さて、ア ...

続きを見る

走行に際してはヘルメットの着用が必要となるものの、どのみちクローズドボディであってもサーキット走行時にはヘルメットの着用が必須であり、それを考慮すればサウンド、そして乗降性の点において「オープン」のほうがいいのかも。

現在はランボルギーニ・エッセンツァSCV12、マクラーレン・セナGTR、ポルシェ935CSなど「サーキット走行専用車」が多数発売されているものの、意外とこういった「オープン」はほぼ見られないようで、であれば1台くらいはこういったクルマがあってもいいんじゃないか、と思います。

AstonMartin-Valkyrie (2)

合わせて読みたい、アストンマーティン関連投稿

英国第一号のアストンマーティン・ヴァルキリーが納車!シリアルは「70」、ボディカラーは珍しいサンバーストイエロー
英国第一号のアストンマーティン・ヴァルキリーが納車!シリアルは「70」、ボディカラーは珍しいサンバーストイエロー

| アストンマーティン・ヴァルキリーで公道を走るには相当に気を使うことになりそうだ | それにしてもこのボディカラーは珍しい さて、英国のアストンマーティン正規ディーラー、アストンマーティン・ノッティ ...

続きを見る

「ペヤング先生」デビッド・クルサードが自身のアストンマーティン・ヴァルキリーでモナコを走る!ニューウェイの設計したレッドブルF1、ヴァルキリーに乗った数少ない人物の一人に
「ペヤング先生」デビッド・クルサードが自身のアストンマーティン・ヴァルキリーでモナコを走る!ニューウェイの設計したレッドブルF1、ヴァルキリーに乗った数少ない人物の一人に

| デビッド・クルサードはF1引退後、コメンテーターや司会者として活躍中 | ほかのヴァルキリーに比べるとカラーリングは非常にシンプル さて、F1ドライバー、デビッド・クルサードがモナコにてアストンマ ...

続きを見る

アストンマーティン・ヴァルキリーの実車転売第一号が登場!なお販売者はこのヴァルキリーで「学校に自分の子供を迎えに行った動画」を公開
アストンマーティン・ヴァルキリーの実車転売第一号が登場!なお販売者はこのヴァルキリーで「学校に自分の子供を迎えに行った動画」を公開

| 転売した人はおそらく、今後アストンマーティンからは限定モデルを売ってもらえないだろう | それにしても、ここまで極端なクルマが公道を走る世の中になったとは さて、ハイパフォーマンスカーやクラシック ...

続きを見る

参照:Lmm23Design

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->アストンマーティン
-, , , , , ,