ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>その他イギリス車

英国最古、独立を貫く自動車メーカー「モーガン」は流行に敏感だった!大手メーカーに先駆け「サファリ仕様」のプラス4 CX-Tを発売

投稿日:2021/08/09 更新日:

英国最古、独立を貫く自動車メーカー「モーガン」は流行に敏感だった!大手メーカーに先駆け「サファリ仕様」のプラス4 CX-Tを発売

| しかもモーガンらしくクラシカル、そしてエレガント |

 選択されたパーツもとことん本格派、そして装備も本格派

「欲しいな」と思うクルマであっても、なぜかなかなか手が出せないクルマってありますよね。

ぼくにとっては「モーガン」がその一つですが、このモーガン・モーター・カンパニーは1913年に創業され、現在に至るまで他メーカーからの買収を受けずに創業者一族によって経営され続けるという珍しい自動車メーカーです(現在のCEOは創業者の孫)。

一時はEV専業メーカーになると発表したこともあるものの、その後には路線を撤回し、2019年には「19年ぶりの新車」、プラスシックスを発売しています。

え?これが2019年の新車?モーガンが19年ぶりに新型車「プラス6」を公開。木製フレームにスープラと同じ直6エンジン、8速ATを積み、加速はスープラ以上

モーガンは英国最古の自動車メーカー モーガンがなんと19年ぶりに新車「プラスシックス(Plus Six)」を発表。このルックスで2019年の新型車、そしてモーガンが19年も新車を出さずによく生き延びた ...

続きを見る

意外とモーガンは流行に敏感だった

なお、モーガンは昔から変わらぬ手法でクルマを手作りしたり、木製フレームを未だ(一部モデルで)使用したりしているものの、意外と流行には敏感なようで、「EV専業メーカーになる」と発表したのもそういった性質のあらわれなのかもしれません。

そして今回、他の自動車メーカーに先駆け(ポルシェが911サファリを発売するよりも早く)オフロード仕様のスポーツモデル「Morgan Plus Four CX-T」を投入することとなっています。

morgan-plus-four-cx-t-three-quarters-above

このMorgan Plus Four CX-Tについてはオフロードに特化した数々の装備が追加されており、キャビン上部を覆うアウターロールケージのほか、フロントフェンダーにはクラシカルなバッグが取り付けられ、ルーフにはアディショナルランプが追加済み。

morgan-plus-four-cx-t-side-rock-quarry

タイヤはもちろんオフロード仕様へ、そしてガソリンの携行缶やスペアタイヤとともにコンテナも積まれます。

さらにはマッドフラップなど実用的な装備も見られ、モーガンが「形だけではなく」真剣にオフローダーを作ったということもわかりますね。

morgan-plus-four-cx-t-back-on-rocks

ちなみに樹脂製コンテナはペリカンケース製(もちろん防水)、アルミ製ツールボックスはZarges製、ガソリン携行缶はRotopax製と本格派をセレクト。

morgan-plus-four-cx-t-rear-kicking-up-dirt

その中身までしっかり「オフロード仕様」

ただしこのプラスフォーCX-Tは「見た目だけ」をオフ車っぽく仕立てただけではなく、プラスシックス製ウィッシュボーンを改良してトラック幅を広げホイールトラベルを稼いだほか、バンプストップ付きのEXE-TC車高調を採用してグランドクリアランスは9.05インチ(230mm)を確保。

ロアサスアームには、耐久性を高めるための特注ブッシュを採用し、障害物からアンダーボディを保護するため5枚組のスキッドプレートを装着することに。

さらにエキゾーストシステムのレイアウトを見直し、リアサイドからテールパイプを出すことでデパーチャーアングルを改善し、リアエンドにはスチール製のヘビーデューティーなバンパーを装着しています。

morgan-plus-four-cx-t-kicking-up-dirt

搭載されるエンジンはBMW製の2.0リッター・ターボ4気筒、出力は255馬力(190キロワット)。

モーガン向けにカスタムされたソフトウェアを搭載した電子制御リアディファレンシャル「BMW X-Drive」も装備され、オープン・ディファレンシャルの「Road」、45%ロックの「All-Terrain」、100%ロックの「All-Terrain Extreme」といったドライブモードを持っています。

morgan-plus-four-cx-t-engine

CX-Tのキャビンには、ロールケージ内に収まる脱着式コンポジット製ハードトップが取り付けられ、ダッシュボードには、携帯電話やカメラなどを固定するためのマウントトラックを設置。

助手席フットスペースには取り外し可能なマップホルダーと保冷バッグを装備し、救急箱をシートの後ろに設置するなど「タフなアドベンチャー」にも対応できる仕様を持っています。

morgan-plus-four-cx-t-interior

なお、このモーガン・プラスフォーCX-Tは8台のみが限定生産され、その価格は1900万円だとアナウンスされています。

モーガン・プラスフォーCX-Tのプロモーション動画はこちら

合わせて読みたい、モーガン関連投稿

見かけで判断するな!加速はポルシェ911以上、モーガン「エアロGT」が限定販売

| モーガンの業態転換につき、コレクターズアイテムに | モーガンが2000年から製造している「エアロ8」の販売終了に伴い、8台のみのファイナル・エディション「エアロGT」を発売すると発表。 モーガン ...

続きを見る

モーガン3輪車最終モデル
【動画】見た目は「エンジンが走っている」かのようだ!モーガンが3輪車の製造終了前に最後の記念モデル、P101(620万円)を発売

| スリーホイーラーはいったいどういった走りをするんだろうな |この記事のもくじ| スリーホイーラーはいったいどういった走りをするんだろうな |モーガンの3ホイーラー初代へのオマージュ見た目はまるで「 ...

続きを見る

英国最古の自動車メーカー「モーガン」。やはり英国最古の自転車メーカー「パシュレイ」とのコラボでクラシック自転車を発売

| モーガンが最古の自転車メーカーと組んでレトロなバイクを発表 | 英国最古の自動車メーカーであるモーガンが、同じく英国最古となる自転車メーカー「パシュレイ(Pashley)」とタイアップしてコラボ自 ...

続きを見る

参照:Morgan Motor Company

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->その他イギリス車
-, , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5