ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>BMW(ビー・エム・ダブリュー) ■新型車・スパイフォト・ウワサなど

BMWがM4ベースのスパルタンモデル「3.0CSL」のティーザー画像を公開!ウワサどおり独自の外観を持ち、560馬力、超軽量、MTのみ、8500万円とのウワサ

投稿日:

BMWがM4ベースのスパルタンモデル「3.0CSL」のティーザー画像を公開!ウワサどおり独自の外観を持ち、560馬力、超軽量、MTのみ、8500万円とのウワサ

| ネーミングはズバリ「3.0CSL」、ガソリン時代最後の記念碑となる予感 |

やはり気になるのはどの程度のパフォーマンスを発揮するのか

さて、BMWはM社の50周年記念を迎える今年に様々なニューモデルを発売していますが、ちょっと前から噂になっていたのが「M4ベースのハードコアなクルマ」。

これについては一年ほど前からウワサにのぼり、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてBMW M社CEO、フランク・ファン・ミール氏がチラっと「3.0CSLをオマージュしたモデルが発売される」とコメントしていて一気に現実味が増していたわけですね。

そこで今回、当のフランク・ファン・ミールCEOが自身のインスタグラムにてこの「新しいMモデル」のティーザー画像を公開しており、ここでその内容を見てみましょう。

BMW 3.0CSLオマージュ
BMW M社のボスが「今年後半に特別なMモデルが登場」とポロっと漏らす!やはり3.0CSLオマージュ、50台限定、8500万円のスーパーBMWは存在するようだ

| 性能に比較すると割高なように思えるが、現代のクルマの価値は性能ではなく”希少性”へとシフトしている |この記事のもくじ| 性能に比較すると割高なように思えるが、現代のクルマの価値は性能ではなく”希 ...

続きを見る

3.0CSLオマージュの「新型Mカー」はやはり独自のデザインを採用していた

この新型Mモデルについては「専用デザインを持つ」「M4ベース」「(1971年の)30.CSLへのオマージュ」ということがほぼ明らかになっています。

そして公開されたプロトタイプを見るに、3.0CSL含む様々なMモデルがプリントされたラッピングが施されており、ある意味ではこのクルマがMモデルの集大成なのだろうということもわかります。

なお、全体的にはM3やM4のような「エッジ」「直線」を使用した近代的なデザインというより、やや丸みを強調したレトロな意匠を持つように思いますが、これは「流行に左右されず、今後長きにわたり価値を維持できるよう」考えられた結果なのかもしれません。

ちなみにですが、驚くべきことに「ジャンボキドニーグリル(ビーバートゥース)」のサイズが小さくなっていて、これもやはり「流行のデザインを避けた」からだとも考えられます(グリルの中のメッシュは非常にシンプルなデザインに留められ、ダブルルーバーではない)。

リアから見ると、ルーフスポイラー、そしてリアフェンダーの拡大、それに繋がるウイングを確認でき、M4に比較すると結構大きな変化も。

この「新しいMカー」のスペックは謎に包まれたままではありますが、パワートレーンはM4と同じ、しかし560馬力へとアップされ、トランスミッションはM4CSLとは異なって「マニュアルのみ」、そしてパーキングセンサー、電動シート、キーレスエントリーなどが省略されて軽量化が追求されるという話もあるようですね。

価格については8500万円くらい、限定台数は50台とも期間限定生産だとも言われ、ただしアメリカ市場では(ホモロゲーションの関係か)販売がなされない、とも言われます。

過去の3.0CSL、3.0CSLオマージュとは?

そして今回発表される新しいMカーと関係性が深いのが3.0CSLと3.0CSLオマージュ。

まずは3.0CSLについて、このBMW 3.0CSLは欧州ツーリングカー選手権参加のためのホモロゲーション取得モデルとして1971年に登場したのち1,265台が生産されており、CSLとは「Coupe、Sport、Lightweight」をあらわしています。

ボンネットや左右のドアをアルミへと変更したほか、ルーフやノーズ部分のパネルの厚みを削ったり、サイドウインドウをアクリル製に、そして前後ウインドウは薄肉化するなどの手法を取り、車体重量を1,365キロから1,165キロへと削ったスパルタンなモデルでもありますね。

外観上だと大きなフロントバンパー、整流のためのフェンダー上のフィン、ルーフスポイラー、大きなリアウイングなどが特徴となっています(画像は”バットモービル”と呼ばれたシリーズ2)。

前所有者はジャミロクワイ!1,265台のみが生産されたBMW 3.0CSLが競売に
前所有者はジャミロクワイ!1,265台のみが生産されたBMW 3.0CSLが競売に。ぐんぐん相場を上げ、ついに2000万円オーバーとの予想

| まさかBMW 3.0CSLがここまで値上がりするとは誰にも想像できなかっただろう |この記事のもくじ| まさかBMW 3.0CSLがここまで値上がりするとは誰にも想像できなかっただろう |標準モデ ...

続きを見る

そしてこちらは2014年に発表された、オリジナルの3.0CSLの現代版「3.0CSLオマージュ」。

純粋なコンセプトカーであり市販には至ってないものの、非常に高い評価を得たモデルであり、フェンダー上のフィンやルーフスポイラー、リアウイングが”近代的な方法で”採用されているようですね。

BMW 3.0CSLオマージュ

なお、今回公開されたティーザー画像とこの3.0CSLオマージュとの共通点は多く、キドニーグリルとバンパーのロワーパートは両者で「かなり近い」デザインを持つもよう。

フェンダー上のフィンもおそらくは再現されると考えてよく(ボンネットとフェンダーとの境界に段差がある)、リアフェンダーそしてリアウイングにも共通性が感じられます。

合わせて読みたい、BMW関連投稿

【競売】生産わずか57台!BMW最初の「CSL」、3.0CSL"バットモービル"。しかも4台のみしか生産されなかったタイガ・グリーン

| BMWのハイパフォーマンスカーの歴史を語る上では絶対に外せない | 歴史に残る名車といえるBMW 3.0CSLシリーズ2、通称「3.0CSLバットモービル」が米中古車売買サイトBring A Tr ...

続きを見る

【動画】BMWでもっとも刺激的なサウンドを聞け!ワンオフコンセプト「BMW 3.0 CSL オマージュR」のレビューが登場

| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |この記事のもくじ| 画像で見るとちょっとキモかったが、動画で見るとカッコイイ |BMW 3.0CSLはBMWにとって「一つの資産」こんな ...

続きを見る

BMW ヴィジョンMネクスト・コンセプト
BMWはレトロ路線デザインに興味なし!「復刻も、オマージュシリーズの発売もない。レトロ路線は我々の未来を閉ざすことになる」

| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |この記事のもくじ| BMWはアイコニックなモデルを数多く持つだけにもったいない |BMWにとって「レトロ路線は無い」ただしBMWはいく ...

続きを見る

参照:franciscusvanmeel

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->BMW(ビー・エム・ダブリュー), ■新型車・スパイフォト・ウワサなど
-, , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5