ランボルギーニ/フェラーリ/ポルシェオーナーのブログ。クルマのほか、腕時計、トラベルなどライフスタイルに関わる情報をお届けします。

Life in the FAST LANE.

>フェラーリ

【動画】このフェラーリ、左右でボディの色が違う!キャプテン・アメリカが乗っていそうな812スーパーファスト登場

投稿日:

| 左右でカラーが違うのはけっこうインパクトが大きい |

北米のフェラーリ正規ディーラー、フェラーリ・セントラル・オブ・ニュージャージーより、フェラーリのカスタマイゼーションプログラム「テーラーメイド」にてカスタムされた812スーパーファストを紹介する動画が公開に。

今回登場する812スーパーファストは、フェラーリがニューヨークに開設した、マラネロと上海に次ぐ3拠点目となる「テーラーメイド・センター」オープン時に公開された車両で、ネイビー、ホワイト、レッドというアメリカンなボディカラーを持つ個体です。

左右で色違いのペイントもOK!フェラーリがNYに「テーラーメイド・センター」を開設し、顧客のいかなる要望にも対応

続きを見る

カラー違いは「ペイント」にて再現

今回、このフェラーリ812スーパーファストを紹介してくれるのはフェラーリ・セントラル・オブ・ニュージャージーの広報、テティアナ・ウーリョさん。

ちなみにフェラーリ・セントラル・オブ・ニュージャージーが公開している一連の動画の再生回数は、彼女を起用する前と後とで雲泥の差があり、やはりスーパーカーと美女との相性の良さを改めて認識させられるところ。

【動画】美人公報の紹介する”テーラーメイド”にてカスタムされたフェラーリ488GTBを見てみよう

続きを見る

上述のように、この812スーパーファストは左右で色が別れていて、左側はホワイト。

9

そして右側はネイビー。

10

相当に奇抜なはずのボディカラーですが、意外やしっくり馴染んでいるように思われ、このあたり「いかなるカラーよりも、そのデザインのほうがインパクトがある」ということなのかもしれません。

ちょっと前に、ピエール=エメリク・オーバメヤン選手がラ・フェラーリをクロームにラッピングしたことで「ラ・フェラーリが台無し」という批判を受けたものの、一部のコメントには「どんなカラーだろうと、フェラーリの美しさを損なうことはない」というものがあり、まさにそんな感じですね。

11

プレミアリーグ得点王が自身のラ・フェラーリをクロームにラッピング→激しく避難され、英国メディアが報じる事態に発展

続きを見る

ちなみにこのカラーは「ペイント」にて再現されていて、ステッカーやラッピングではないところがさすがフェラーリ(ポルシェ918スパイダーにオプション設定されたマルティニカラーはラッピング)。

ferrar-812sf

この塗り分けについては、境界線に段差が出ないように慎重にペイントされていますが、ちょっと前に公開されたワンオフモデル「SP3JC」の塗り分けもまた手作業にて行われており、こちらはフェラーリ初の「グロスとマットとの塗り分け」だそう。

フェラーリの最新ワンオフモデル「SP3JC」公開!透明ボンネット装備、デザインイメージは「ポップアート」

続きを見る

エンジンルームは通常の812スーパーファストと変わらないようですね。

7

特別なフェラーリはインテリアまで特別だった

そしてこのテーラーメイドによるフェラーリですが、一見するとインテリアは「ブラック」。

61

エクステリアほどの特別感が無いなと思っていると、なんとシートにはアメリカンなストライプ。

フェラーリの北米進出60周年記念として発売された「フェラーリF60A」のシートのアレンジ版といったところですね。

6

世界限定10台!フェラーリF60アメリカが中古市場に。購入者の身元が知られている限定車だけに売却後は肩身が狭くなりそう

続きを見る

そしてシートのステッチもブルー、レッド、ホワイトというアメリカンカラー。

5

ステアリングホイールのステッチもアメリカン。

3

ステアリングホイールのトップにはLEDインジケーター(いつの間にかカラーと発光形状が変わっているようだ)。

4

室内にはカーボンがふんだんに使用され、「Tailor made New York Grand Opening 2019」のバッジ。

8

その後はズドンとエンジンを始動し、V12自然吸気のサウンドを聞かせてくれます。

1

VIA:Ferrari of Central New Jersey

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

->フェラーリ
-, , , , , ,

© 2022 Life in the FAST LANE. Powered by AFFINGER5